テーマ:

730年~1874年の世界のGDP

〇日経経済図書文化賞を得た、高島正憲著「経済成長の日本史」を買ってきて、p.274の14各国の1人あたりGDPの表を、何時間もみて楽しんだ。(参考:世界経済の歴史) 〇各国の1人あたりGDP 1990年 国際ドル (上記本の一部)  年 英国 オランダ 中国  日本 1020         1,006 1090  754 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スマホ脳」アンデシュ・ハンセン著

〇「スマホ脳」(新潮新書)は、スウェーデンの精神科医の著作で、世界でも日本でも人気。 いわく… ・スマホがうつになる危険性を高めるのは、明白だ。 ・2歳児は、半数以上がインターネットを毎日使っている。 …ひょえー。 〇デジタル時代のアドバイス (終わりの文) ・仕事や勉強以外でスマホ他のスクリーンに費やしていいのは、最長…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

人新世の「資本論」:斎藤 幸平 著

〇20世紀の共産主義と資本主義とを否定し、エコ社会主義からも脱すべきとする。カール・マルクスが「資本論」刊行後の晩年に「脱成長コミュニズム」を考えた(第四章)。今、世界中の人々が、立ち向かっている人新世の社会と経済。『人新世の「資本論」』斎藤 幸平 著(集英社新書)。 〇脱成長コミュニズムの5つの柱 (第七章) マルクスが「資本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工知能(AI)のバイブル

〇AI先駆者23人との対話「人口知能のアーキテクトたち」マーティン・フォード著、松尾豊 監訳。キリスト教でパウロなどの14人の使徒の言動を示す聖書のよう。面白くて、役に立つ、約30ページ/人×23人で677ページの本。 〇2019年に、コンピューターサイエンス分野のノーベル賞「チューリング賞」を受賞した、AIのカナダ3偉人ジェフリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「明治維新の意味」北岡伸一著

〇1868年からの明治の維新を、大久保利通と伊藤博文を中心に説明している「明治維新の意味」北岡伸一著。昨日の日経の「2020年のオススメ本」記事でも、中沢孝夫経営学者が、No.1に選んでいる。 〇映画やドラマなどでは、江戸幕府を終結させた西郷隆盛、坂本龍馬、高杉晋作が、よく取り上げられる。とはいえ、日本を1920年に国際連盟 常任…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワイズカンパニー」野中郁次郎・竹内弘高著

〇実践知でイノベーションを持続する。リアルの行動に役立つ、知恵の経営モデルに共感しました。(ココ) 〇今の経済では、大は小に勝てず、強さは機敏さに勝てない。理想と現実、変化と安定、形式知と暗黙知、アナログとデジタル、ヒエラルキーとネットワークの隔たりを埋めて二重構造を両立する。柔軟性、安定性、スピード、俊敏の向上が大切。形式知のみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「両利きの経営」探索と深化

スタンフォード大学経営大学院のオライリー教授とタッシュマン教授著作の、「両利きの経営」(東洋経済)。入山章栄氏と富山和彦氏の解説付き。イノベーションでは、探索と深化という、一見正反対の行動を同時にするのがよく、多様化、選択、維持を実行すべきだと。日本の会社では、富士フィルムを賞賛する。私の「一貫と多様」との共通を感じる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉崎達彦さんと出口治明さんのTV番組

〇今日10月18日21時TV番組 BS-TBS BIZスクェアで、ゲスト:吉崎達彦とコメンテーター:出口治明の、お二人が出られます。私は、お二人それぞれと、会話しネットに載せたりしました。楽しみです。 〇吉崎さんは、「米大統領選 最新情勢と危惧される混乱とは?」の説明をされます。参考:溜池通信 〇4年前に、吉崎さんは、渡部恒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

APU出口治明学長の対談

〇元ライフネット生命保険社長、今のAPU大学の出口学長の対談が、ネットで掲載されています。(ココ) 〇出口氏は、世界中を旅し、2500年前からの歴史を知り、参考にした上で、手もとにある現実の身近な仕事を判断していく。すごいですね。 ==9月26日に追加です== 〇本日の朝日新聞の読書面「売れてる本」記事に、「還暦からの底力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ムハンマド」カレン・アームストロング著

〇イスラム教は、合理的で、平等的だ。元カトリック修道女の英国宗教学者が、イスラム教創始者ムハンマドを、客観的に、そして、肯定的に描いている。欧米日の一部の人々が、イスラム教に批判的だ。でも、この本では、「複合的なムハンマドは、剣に基づかず、平和と調和の宗教と文化伝統を創った」としている。TED賞などの複数の世界賞を得た著者の本「ムハンマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「還暦からの底力」出口治明著

〇出口治明著「還暦からの底力」(講談社現代新書)は、楽しく、元気をつけてくれるベストセラー本(三省堂などの多書店でNo.1新書)。出口氏は、立命館アジア太平洋大学(APU)の学長です。 〇出口氏は、日生の引退後、2006年頃、投資家の谷家衛氏から、生命保険会社創設と社長の要請を受けた。そのときの出口氏と谷家氏の会話経緯が、同じ講談…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新コロナに打ち勝つ企業

〇新型コロナウイルスで、多くの企業が収益の激減に苦しむ。私が働いていた商社は、1990年代に損失を出し、どの社も倒産しうる業界だった。しかし、2000年代に、日本で最高の収益産業に成長した。あの商社の成長の経緯をよく見据え、商社も含めてどの企業も、新コロナに打ち勝ってほしい。 〇5年ごとの総合商社5社平均連結・単体税後利益の変化を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経営が論理からアートに

〇「世界のエリートはなぜ「美意識」鍛えるのか?」山口周著(2017年発行)を読んだ。経済は、アート・サイエンス・クラフトのバランスの時代になると。 〇「美意識」になるとは、 ・情報処理スキルが、論理・理性から直感・感性に変わる。 ・世界中の市場が「自己実現的消費」に向かう。 ・「真・善・美」を判断するための「美意識」が求めら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新規事業の話

新規事業の話です。お台場の大観覧車、リクルートへの出資、ライフネット生命保険の設立、著作、スウェーデンの遺跡、瀬戸内芸術祭のフォトなど。ココ なにくれと、ありがとうございました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウイルスの時代

〇新型コロナウイルスに激高して、すべてのウイルスを撲滅しようしても無理。ヒトは、ウイルスと仲良くしないと、生きていけない。 〇「生物と無生物のあいだ」著の福岡伸一氏は、ウイルスが生物と無生物のあいだに漂う奇妙な存在と次の通り話す。(朝日新聞デジタル4月6日 ) ・私たちはこれまでも、これからもウイルスを受け入れ、共に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「点・線・面」隈研吾著

〇オリンピックの新国立競技場を設計した建築家・隈研吾氏が、20世紀のコンクリートと鉄鋼の建築を乗り越えて、「建築の未来、人間の未来」を語る本(2月発行 岩波書店)。「人と人、人と物、人と自然をつなぐ思想と実践」の主張は、建築だけでなく、21世紀の個人、企業、経済、国際政治すべてが、必死で目指している方向だ。 〇いくつか感動した文を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「資本主義の新しい形」諸富徹著

〇京大の経済教授が、21世紀の「経済の非物質化」を説明する。資本、労働、消費で非物質化が進んでいる。先進国の経済は、製造業の比率が下がり、工場ラインで働く中流労働者層が減っている。2000年からのこの世界の経済変化で、日本は苦しんでいるが、北欧国は成長している。解決策は、人的資本を行う社会的投資国家だと。この本(岩波書店、電子書籍なし)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「座右の書『貞観政要』」出口治明著

〇中国・唐の皇帝・太宗の『貞観政要』を世界中で最高の本だと、出口治明さんが解説する本(角川新書)。この素晴らしい太宗の言葉を、出口さんが超えていると、私は感じています。出口さんが創業したライフネット生命保険の準備企画会社(社員数名)で、私は役員として働きました。あの新会社での議論は、この本の言葉通り「元気で、明るく、楽し」かったです。私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「シン・ニホン」AI×データ時代 安宅和人著

〇慶大の環境情報学部教授の安宅氏のAI×データ時代の書が面白かった。本書の要約資料(財務省WEB)をご参考ください。ほとんど自分のために、心に響いた言葉を書きうつした。 〇心に響いた言葉 (本の前からの場所) ・今のインターネットを無料のツールたらしめているデジタルマーケティングは、予測技術の塊だ。(5%) ・データとAI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「未完の資本主義」クルーグマン、コーエン等著

〇「テクノロジーが変える経済の形と未来」について、世界中の7人が説明する本(PHP新書 2019年9月発行)。 私は、ポール・クルーグマンと、タイラー・コーエンの話が面白かった。世界では、今の経済をこう見ていると知ります。 〇ポール・クルーグマン (ノーベル賞経済学者) 「トランプの頭の中は、壊れた家具がごちゃまぜに詰まった屋根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「哲学と宗教 全史」出口治明著

〇面白い本です。哲学と宗教において、欧米に加え中国と中東が、なにが同じで、どう違っているのか。どう世界を変えてきて、これから進化するのか。AIが先頭を走り、産業革命を踏み超えつつある現在の社会の視点から、数千年の歴史を見渡しています。分かりやすい説明で、頭の固い、サラリーマン社会人の私も、引き込まれます。 〇紀元前中国の諸氏百家の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰治の生死のゆかりを巡る

〇太宰治のお墓に立ち寄ると、中国から旅できた母娘がいた。大学生の娘さんは、太宰治の小説が大好きで、私がご案内すると、お墓にお花を供えて手を合わせていた。太宰治が、暮らし、多くの小説を書き、自殺し、墓もある三鷹に、最近、若い人や海外の人、特に中国の人が多く来ている。「太宰治文学サロン」①でそう聞いた。(参考:太宰ゆかりの場所マップ お墓⑯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政党と働き方の変革

〇日本では、冷戦の終焉とバブルの崩壊の機会に、50代以上と40代以下の人の間に、政党や働き方の認識に断層がではじめた。今日の朝日新聞・読書欄で、東大政治思想史の宇野教授は、「イデオロギーと日本政治」遠藤晶久著、「朝日ぎらい」橘玲著で、次のように説明する。 〇政党への認識          保守       革…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「WTF経済」ティム・オライリー著

〇Linux、ユニコーン、“ウェブ2.0”を広めたオライリー氏が、最新の技術とビジネスを説明する、553ページの分厚い本「WTF経済」(2019年2月25日発行)を読みました。 GAFA:グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル、及び、マイクロソフト、ウーバー(自動車配車ウェブサイト・アプリ)などの、今活躍する会社もみっちり説明して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「奇想の系譜」の美術展と本で思う、戦争と芸術

〇「奇想の系譜」(辻惟雄著ちくま学芸文庫 ココ)の美術展(4月7日まで上野東京都美術館 ココ)で江戸の絵を見てきた。30日放映のNHKドラマ「浮世の画家」とともに、戦争と芸術の不思議なかかわりを思い浮かべた。 〇「奇想の系譜」本の最初に出てくる画家の岩佐又兵衛は、父が織田信長との闘いで死んだ後、武士をやめ画家として江戸時代に名をな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ファクトフルネスFACTFULNESS」ハンス・ロスリング著

〇世界で100万部、日本語版で25万部売れているベストセラー本。(発行した日経BPの説明) 世界と人類を、前向き且つリアリズムでみて、行動するべきだと、楽しく教えてくれます。 私も読みながら、感心し、笑い、そして、最後には、涙もでました。次のことも含めて様々な興味を持ちました。 〇心配するべき5つのグローバルなリスク 本の最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国の、中国・中東・中米へのびっくり外交政治

〇トランプ大統領の外交政治に、世界中が動揺している。今、話題になっているのは、中国との経済戦争、中東のシリア・アフガニスタンからの米軍の撤退、メキシコからの移民への厳しい阻止だ。これらは、2016年にトランプ選挙対策本部長のスティーブン・バノン氏が主張したのとぴったり同じ政策だ。 〇世界中でベストセラーになっているトランプ大統領に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「対立の世紀」と「amazon」の本

〇「対立の世紀」イアン・ブレマー 日経出版社 前の本「Gゼロ」が世界中で話題になった政治学者の最新本です。「対立の世紀」でも、国際社会の現状を、明確に説明しています。最後には、トランプ大統領について「彼は不快で嘘つきで無能だ。」とはっきり書くとともに、「彼の支持者をないがしろにする者はアメリカに害をなしているのだ。」とも示しています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「安倍晋三の真実」谷口智彦著 

・内閣官房参与の谷口さんが、今月、本「安倍晋三の真実」(悟空出版)を出されました。首相官邸内の4F部屋で活動し、首相が海外でスピーチする原稿も書いておられます。アメリカ、インド、オーストラリアが、その議会での安倍首相のスピーチに感銘して、以後、日本に対して好意的に行動しています。 ・どのスピーチも、その国の議員も一般庶民も聞いて心を震…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生100年の時代

日本は、WHOの平均寿命ランキングで世界一位の国だ。その日本は、もうすぐ人生100年の時代になる。世界中で人気の本「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略」リンダ・グラットン著を実現できる国だろう。 今前後150年程での日本の平均寿命を見てみよう。(下記4行は、日経7月26日「現実味増す人生100年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more