100歳人生と0%経済成長

〇21世紀に、日米欧の先進国は、そろって、「100歳人生」と「0%経済成長」に進んでいる。日本は、100と0のどちらでも先頭を走っている! 〇20世紀後半、日本は、平均寿命70歳、GDP成長率10%、1つ会社の終身雇用で働いていた。だからこそ、21世紀のこの大変化に、うまく対応したい。       20世紀後半 21世紀前半  …
コメント:0

続きを読むread more

ユニクロ超えの「ワークマン」

〇作業服販売チェーン「ワークマン」の服が、女子にもブームになっている。ジャスダック株式市場でも、10月に、時価総額で日本マクドナルドホールディングスを抜き首位になった。私も、ワークマンのベスト(HV001 D 1900円)を着て、このブログを書いている。えへん。 〇ワークマンの店舗数(843店)は、ユニクロ(国内817店)よりも多…
コメント:0

続きを読むread more

すべての世代・性別・業界で流動的な労働市場

〇日本の繁栄には、「有意な転職支える流動的な労働市場がカギ」(日経11月1日経済教室 松本崇氏)。西村康稔大臣は、「すべての世代が安心できる社会保障制度へと改革を進めたい」と語る。(西村大臣は、11月5日21時、BS11「インサイドアウト」出演予定) 〇松本崇氏は、こう説明している。 ・全世代型社会保障改革に向けて、若者の働き方…
コメント:0

続きを読むread more

日本の囲碁

〇囲碁で活躍する若い棋士、井山、芝野、一力(敬称略)が魅力的。サラリーマンが、一力、井山のような人と仕事の打ち合わせすると、「優れた人だ」と思うだろう。一方で、芝野名人と会えば、「この人大丈夫?中学校卒業できた?」と思っちゃう。でも(だからか?!)、芝野お姉さんは、東大生だ! 〇3人のデータです。      年齢  生まれ 20…
コメント:0

続きを読むread more

21世紀の軍事力

〇軍事力の3つの主軸は、20世紀の陸・海・空軍から、21世紀にドローン・人工衛星・サイバー空間へと大きく変わる。また、今の世界の軍事力ランキング上位7位内に、極東の日本・中国・韓国の3カ国が入っている。日本は、この状況を冷静かつ真剣にみながら、平和に暮らしていきたいですね。 〇20世紀前半、第二次世界大戦などでは、空母、爆撃機(B…
コメント:0

続きを読むread more

国全体で大雨対応

〇台風19号で大被害だ。これから、日本全体で大雨への対応をしよう。首都東京近辺の避難所、高級タワマン、国会議事堂の状況ですら、国連が支援しているアフリカ難民キャンプであげている「スフィア基準」よりも、悪かった。断水、停電もまだ解決できていないし、寝床が寒く、便所が足りない。先進国の日本なのに… 〇スフィア基準では、避難所は、1人あ…
コメント:0

続きを読むread more

「未完の資本主義」クルーグマン、コーエン等著

〇「テクノロジーが変える経済の形と未来」について、世界中の7人が説明する本(PHP新書 2019年9月発行)。 私は、ポール・クルーグマンと、タイラー・コーエンの話が面白かった。世界では、今の経済をこう見ていると知ります。 〇ポール・クルーグマン (ノーベル賞経済学者) 「トランプの頭の中は、壊れた家具がごちゃまぜに詰まった屋根…
コメント:0

続きを読むread more

国連で15歳の女性が地球温暖化対策を主張

〇9月23日、ニューヨークの国連本部で、スウェーデンの15歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリさんが、地球温暖化対策を主張した。昨年8月、たった一人でスウェーデンの国会前で訴え始め、社会の人が静かにサポートし、世界中の若者が賛成してきた。ノーベル平和賞の候補になっている。私は、北欧の素晴らしさだと思う。 〇「ふつうな女の子」活動家 …
コメント:0

続きを読むread more

「チャイナ・エコノミー」クローバー著

〇北京在住20年の米国著者が、中国に対する感情的な批判を重ねず、冷静に詳細を分析した上で、中国の経済を分かりやすく説明している。(本書ココ)ありがたい。私は、この本をもって、次のように中国を理解した。 ・政治:人口が世界最大の非民主主義国 中央の共産党に権威が集中  ・経済:世界でGNP2位の資本主義経済の国 分権化された力強い市場…
コメント:0

続きを読むread more

産業革命⇒「無形革命」

〇21世紀に、モノを製造する「産業革命」は終わって、無形資産に投資して利用する、「無形革命」が始まった。無形資産が生んだ価値は、大企業500社(米S&P500)の時価総額の84%を占めている。米国のGAFAも、製造業というよりも、無形の情報・サービス業が主軸だ。先進国で、就業者数での製造業の比率は、今や、約10%しかない。(日本16.7…
コメント:0

続きを読むread more

「哲学と宗教 全史」出口治明著

〇面白い本です。哲学と宗教において、欧米に加え中国と中東が、なにが同じで、どう違っているのか。どう世界を変えてきて、これから進化するのか。AIが先頭を走り、産業革命を踏み超えつつある現在の社会の視点から、数千年の歴史を見渡しています。分かりやすい説明で、頭の固い、サラリーマン社会人の私も、引き込まれます。 〇紀元前中国の諸氏百家の…
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピックに台風直撃?! 

〇今年の台風15号規模の台風が、来年、東京オリンピックにも来て、多くの被害がでかねない。オリンピックを楽しみに東京に来た世界中の人たちは、多くの国で毎年来ている普通の台風で大きな被害がでるのをみて、「日本の政府のクズ」、「国民のバカ」と、批判するかもしれない。 〇今年の台風15号  ・台風15号は、9月9日に、千葉県に上陸し、鉄…
コメント:0

続きを読むread more

日韓対立

☆日韓対立の解消をのぞむ 〇日韓が次の対立をしている。 ・歴史:元徴用工問題 ・経済:輸出管理適正化措置(7.1措置) 日本から韓国への輸出規制 ・軍事:GSOMIA(軍事情報包括保護協定) 〇この数十年、韓国は、日本への経済依存度を下げてきた。しかし、日本が、7.1措置で規制する電子素材・部品「3品目」では、今でも、韓国…
コメント:0

続きを読むread more

リクルートと三井物産

〇三井物産は、リクルート株について、2007年に270億円購入・投資し、上場後部分的に売却し、今月、残りの全てを売却した。結局、この12年間リクルート株で累計1500億円利益を得た。三井物産にとっても、リクルートにとっても幸せなこと。 〇8月29日日経で、報道された。リクルート株を13社が28日に売却した。売り出す企業のうち、三井…
コメント:0

続きを読むread more

平成世代がつくる新日本

〇バブルが終わった1991年後に育った平成世代(1989年~2019年生)が、新しい日本を創り出す。国際的な経済、文化、スポーツにおいて、「和風」に頑張ってきた昭和世代と変わって、今20歳代の人は、「世界風」で堂々と元気に活躍する。昭和の私には、お神様です。 〇平成世代は、2020年東京オリンピックにおいて、世界が注目する競技でメ…
コメント:0

続きを読むread more

G7の分裂、1930年の「世界の五大国」のごとく

〇24日に、フランスでG7サミットが開幕した。多くの紛争が各国間にあり、首脳宣言も出せない。1930年代、「世界の五大国」:アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、日本が国際平和を上手く進められなかったのと同じになってきた。 〇WW1(第一次世界大戦)後、国際連盟発足時の常任理事国の英、仏、伊、日の四カ国と米との上記五大国が、世界…
コメント:0

続きを読むread more

「恐怖の夏」の過ごしかた

〇米中は、貿易摩擦から、「トゥキディデスの罠」(紀元前5C ギリシア)のような戦争になる。と、今日の日経FT欄で、ラナ・フォルーハー氏が述べる。8月10日に、私は、「アテネ・スパルタの戦争=米国・中国の対立?」で同じことを書いた。世界中の多くの人が、今の米中を、同じく心配している。世界景気に収縮の予兆がある「恐怖の夏」だ。 〇20…
コメント:0

続きを読むread more

アテネ・スパルタの戦争=米国・中国の対立?

〇紀元前5世紀に、ギリシアで、民主主義のアテネ(アテナイ)と非民主主義のスパルタの二大国がペロポンネソス戦争をした。二大国以外のテーベ(テーバイ)などのギリシアポリス小国は、どちらに協力するかを、時により変更したりした。 〇21世紀、世界の二大国、米国・中国が、長期に激しく対立し始めた。日本もEUもアジア国も、民主主義の米国と非民…
コメント:0

続きを読むread more

定めのない時代:定職、定年、定時、定休なし

〇令和では、個人が働き方を定めず、時を変える。昭和、平成で普及した、定職、定年、定時、定休がなくなっていく。会社自体の寿命が短くなり、個人も会社の転職を望み、終身雇用もなくなっていく。すでに今、多くの若い会社員は、定年以前に転職すると思っている。 〇定職がなくなる ・個人の寿命が長くなり、70歳代まで50年間、半世紀!以上働く。…
コメント:0

続きを読むread more

「宇宙と宇宙をつなぐ数学、IUT理論の衝撃」加藤文元著

〇望月京大教授は、世界中の数学者で超難問になっていたABC予想を解決するIUT理論を6年前に発表した。それを、望月教授の協力者だった加藤教授が、一般人に分かるように解説した。面白かった!(ココ) 〇読んでいるときは、感動した。でも、まだ読んでいない方に、書かれている内容を自分の言葉でうまく説明できません。とほほ。 〇私がびく…
コメント:0

続きを読むread more