国際アーティスト・ライブ

〇ネットの「瀬戸内アジアフォーラム2021 Artists' Breath Live」は、27カ国32人の個々アーティストが、ライブ動画で、創ったアートを見せながら話してくれます。この方々が、瀬戸内芸術祭、越後妻有などの日本の芸術祭に、アートを出しています。感動しました。 https://setouchi-artfest.jp/new…
コメント:0

続きを読むread more

「国家財政の破綻」財務省事務次官

〇日本は、財政収支の大赤字で、大きな政府債務残高があり、「このままでは国家財政は破綻する。バラマキ政策の徹底批判」と、財務省事務次官の矢野康治氏が、文藝春秋11月に寄稿した。私のような会社勤めの一般人は、矢野氏の記事に“?”がでる。住宅ローンを払っている人も含め多くの日本人が、賛成しがたい意見だろう。 〇私は、矢野氏の次の文で“?…
コメント:0

続きを読むread more

岸田首相「両立」の再失敗?

〇菅前首相は、コロナ対策と経済の「両立」を目指したが失敗して、退任した。岸田首相は、「成長と分配」の両立を所信表明した。「両立」目標を、「再失敗」するのかな。 〇「コロナ対策と経済の両立」を目指した菅前首相は、経済的な「Go Toトラベル」を実行したが、主たるトラベル先の北海道と沖縄でコロナが拡大。さらに、コロナ対策のワクチン接種…
コメント:0

続きを読むread more

ぼくはブルーでレッドで、ちょっとグリーン?

ブレイディみかこ著「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」が、人気(日経10/9 文芸書ランキング6位)。 日米欧の民衆は、「ぼくは、ブルー(米民主党)でレッド(米共和党)で、ちょっとグリーン(欧緑の党)」か? (追加 朝日 10/9 読書 ひもとく) 東大憲法学石川教授が、説明する。諸富徹著「資本主義の新しい形」が提…
コメント:0

続きを読むread more

日本:個人幸福世界一に!

〇日本の首相は、「日本、個人幸福世界一」を目標にしてほしい。国連の「世界幸福度ランキング2020」で、日本は、62位。今、「2025年20位、2030年1位に!フィンランド (2020年1位)を目指す。」と。 (追加情報 10/10) 国連の「世界幸福度ランキング2021」で、日本は、56位。1位フィンランド、13位ドイツ、14位カ…
コメント:0

続きを読むread more

経済安全保障相:小林たかゆき

私は、小林鷹之ではありません♡ 経済安全保障相含め政府が、人材移動(医療人材、リクルート事業等)、ネット金融(投資、年金、生命保険等)、地域開発(大観覧車等娯楽施設含む)、環境(超小型人工衛星による地球観測含む)、教育(AI教育含む)を、構想と計画のプレゼンテーションのみならず、5年で実行による金銭的現実結果を出すべしですね。
コメント:0

続きを読むread more

労働移動の加速

〇10月1日、戸倉・経団連会長が提言(ココ)をした。デジタルが遅れている日本では、労働移動の加速によって、DX、カーボンニュートラルを進めるべきだと。 〇私も労働移動が必要だと思います。 ・「柔らかい労働革命」 女性・高齢・障害・在宅・兼業・転職の労働を拡大。終身雇用、定年退職、年功序列を縮小。 〇低成長になっている日本…
コメント:0

続きを読むread more

デジタルを超え、量子、AI、データで

〇20世紀では、0と1のデジタル技術を、PC、携帯電話で活用した。21世紀では、2つ以上の状態0, 1, 2, 3…を同時に処理する量子、AI、データを、ネット、スマホ、クラウドで活用する。日本が強い技術、パワー半導体、CMOSセンサー、量子コンピューター、小型人工衛星、光学で、デジタルとアナログの技術を重ね合わせ、米国、中国に競合・協…
コメント:0

続きを読むread more

自民党総裁選、らくちんの勝利♡

〇9月29日の自民党総裁選で、岸田文雄氏が選出され、10月4日に首相になる。らくちんが9月18日に「岸田首相⁉」(ココ)と予想したどおり。この10日間、プロ記者が「河野が選出される可能性が高い。高市が二回目投票になる可能性もある。」と予想するのが、むしろ、不思議だった。こういう記者がプロなら、減給にすれば… 〇同日(9/18)、世…
コメント:0

続きを読むread more

世界からの対中国認識と対米国認識

・世界での対中国認識と対米認識は、国によっても、年によっても、さまざまに異なる。 ・先進国での対中認識は、2007年まで肯定的だが、2020年、2021年ともに強く否定的。 ・対米認識は、2015年頃肯定的だが、トランプ大統領だった2020年に否定的、バイデン大統領の2021年に肯定的に反転。 ・さらに、発展途上国での対中認識は、…
コメント:0

続きを読むread more

大切な「気持ち」をデジタルに?

〇今は、突然、あいまい、多様に変化する「気持ち」が大切な時代。パラリンピック視覚障害者女子マラソン一位の道下さんが感謝の気持ちで金メダルをガイドにかける(ココ)、日本から台湾へのコロナ・ウイルスの提供、FBの「いいね!」。 その「気持ち」含めて、デジタルすべしと、首相やデジタル大臣が繰り返し強調するのは、めっちゃ変。 〇今の日本…
コメント:0

続きを読むread more

美術館:メキシコ、北斎

〇メキシコに関する「メヒコの衝撃」(9月26日まで)を展示する市原湖畔美術館と、すみだ北斎美術館とに、今月行った。人の間に1.5m距離がある美術館は、会社、スーパー、電車よりも安全ですよね。 〇メヒコの衝撃(9月26日まで) 市原湖畔美術館  ・メキシコが、日本の美術への根底的影響を与えていると知る。大阪万博の《太陽の塔》を制作…
コメント:0

続きを読むread more

長寿社会の年代層分類

〇マーケティングでは、消費者を、20~34歳、35~49歳、50歳~、3つの年齢層に分け、F・Mの性別を加え、F1層、F2層、F3層、M1層、M2層、M3層とターゲットを分類してきた。80歳の長寿の今、50歳以上の女性が全て含まれるF3層を二つに分けて、「新F3層」と「F4層」とに分け、男性もM3層を「新M3層」と「M4層」とに分けるべ…
コメント:0

続きを読むread more

岸田首相⁉

〇四人が立候補した29日の自民党総裁選では、1回目の投票で、1位河野、2位岸田、3・4位に高市と野田。1位河野の得票が過半数に至らず、河野と岸田の二人候補の2回目の決選投票が行われる。その結果、岸田が逆転して、総裁・首相になる。と、らくちんは想像する。このシナリオに基づき、2A安倍・麻生は、2F二階に対決した。 〇自民党総裁選の投…
コメント:0

続きを読むread more

「ソニー再生 異端のリーダーシップ」平井一夫著

〇2012年~2018年社長の平井氏は、倒産も噂されたソニーを奇跡的に回復・成長させた。ソニーの時価総額は、2012年0.7兆円、2018年6.5兆円、2021年14.6兆円。本「ソニー再生」を読むと、現実を見抜き難しい実行をやりのける力がある一方で、それを、一般人にも分かりやすく表現する力の両方をもっている。この両方を持っている人は、…
コメント:0

続きを読むread more

「DXの思考法 日本経済復活」西山圭太著

〇「見えざる手」型の市場と、集権型の政府(国家)との二分論を超えるべき。市場と政府とに挟まれる中間領域に、協調型のインターネットと、認証型のECモール・アプリストアとをもち、サンドイッチのように組み合わせる。(「DXの思考法」) 〇本末で、冨山和彦が解説する。プラットフォーマーに代表されるデジタル型、ネットワーク型、知識産業型のG…
コメント:0

続きを読むread more

首相の入れ替え

〇小泉純一郎首相の後、2006年~2012年の6年で与野党6人の首相が入れ替わった。2020年の菅首相からも、今年も含めて数回の短期入れ替えがおこるかもしれない。政治的状況が同じ。新コロナが、リーマンショックと東北大震災のごとく。落ち着かない。 〇小泉首相の内閣官房長官だった安倍晋三が、2006年9月に首相になり、2007年9月に…
コメント:0

続きを読むread more

「計算する生命」森田真生 著

〇言語と生命と計算を語る「計算する生命」。ギリシアの演繹、インドのゼロ記号、ヨーロッパの数式と進んできた数学は、今、計算と生命の雑種(ハイブリッド)になっている。19世紀のリーマンが、「多様体」による「空間」を構成した、と。私のような文系の一般人にも、分かりやすくて面白い本。 〇印象的な言葉 ・数学的認識の生産性と拡張性。 ・…
コメント:0

続きを読むread more