がん治療先進国の日本

〇「世界最高のがん治療」(文藝春秋12月のp.94~)が、日本の画期的な手術法と新薬を紹介。私が2015年頃から尊敬していたウイルス製剤「G47Δ(デルタ)」を開発した藤堂具紀教授が、先頭記事をだす。続いて、「粒子線治療施設」「アルカリ化食でがんを防ぐ」「部位別最先端治療ガイド」の説明。 〇がんのウイルス製剤G47Δ 「世界がうら…
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ大統領

〇2024年の米国大統領選。トランプが出馬すると、バイデンが勝ち、トランプ以外の人が共和党から出馬すると、バイデンが負ける。と、私は、思う。民主党の多くの人、共和党の一部の人が、同じく思っているかも。中国も、そう思ってバイデンと対話した方がよい。 〇現時点での、データでない、上記に基づく、らくちんヤマ勘での次期大統領確率。 バイ…
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内芸術祭 大島・豊島・男木島

〇瀬戸内国際芸術祭2022(~11月6日)の香川県大島・豊島・男木島を、2泊3日、楽しみました。高松街中で2泊し、全国旅行支援クーポン香川県16,000円の減額!ありがたい。 参考:瀬戸内国際芸術祭見どころ 〇大島 ・大島で13のアートを見てきました。感動。数十人の芸術観光客で船は満杯。 ・1909年~1996年ハンセン…
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナと台湾が同じ

〇中国にとっての台湾は、ロシアにとってのウクライナと、同じ。 2022年2月、ロシアがウクライナを傀儡政権にし、実質的に併合しようと、侵攻が始まった。 10月16日、中国共産党大会で、習国家主席は、台湾統一のためには武力行使も辞さないと報告した。 参考:図解ウクライナ 〇ウクライナ人口4.1千万人のうち、ウクライナ人78%、…
コメント:0

続きを読むread more

ピカソ・クレー・マティス

〇上野の国立西洋美術館「ピカソとその時代」を見てきた。クレーとマティスもたくさん出ていて嬉しかった。私が大好きな絵は、ピカソ、北斎、クレー、マティス、モンドリアン。この5つのうちの3つをゆっくり見て楽しみました。(金・土は午後8時まで。私の勤務先から徒歩15分) 〇ドイツ生まれでベルリンの美術館を構成した、美術商ベルクグリューン(…
コメント:0

続きを読むread more

世界中を豊作にするプラズマ農業

〇ノーベル賞⁈ 2005年、九州大学理工学の林信哉教授が発見・開発。農薬や遺伝子組み換えを用いず、残留性がなく環境に無害なプラズマを用い、植物細胞の発芽、成長を促進する。農地の植物へのプラズマ照射で、世界中の農業を豊作、収益向上にできる。(参考:NHKニュース10月9日放映。NHKサイカル10月8日) 〇プラズマは、個体、液体、気…
コメント:0

続きを読むread more

安倍点数:外交98点、教育・医療20点

〇27日安倍元首相の国葬に、賛成の人も反対の人もいる。私は、大賛成もしないし、大反対もしない。2020年8月に、「辞任する安倍首相の科目点数」で、外交:98点 経済:60点 財政:40点 社会(教育・医療):20点、とこのブログに書いた。今の気持ちも、変わらない。だから、国葬に賛成の人にも、反対の人にも、批判しない。多数の日本人がそうか…
コメント:0

続きを読むread more

怖い為替変化

〇私は、1995年に、アメリカでCATVケーブルを数億円買い、香港で在庫し、中国に売っていく、在庫持ち三国貿易を始めました。ケーブルを船に積み、買い入れドル額を払い、太平洋を渡る途中に、どんどん円高になり、79円/ドル(1995年4/19)になり慌てました。ドルで買い、ドルで売るので円/ドルレートの影響は受けないはずですが、私の属する日…
コメント:0

続きを読むread more

東大安田講堂事件

〇1969年の安田講堂事件。1962年生れの私は、学生にも学長にも、発言・行動すべてにおいて、批判的だった。しかし、9月8日にNHKで放映された、アナザーストーリー「あのとき学生は何と戦ったのか」をみると、当時の学生にも学長にも、不思議に共感した。 〇私が法学生だったとき、憲法、刑法、国際法、政治学は、好きだったけれど、民法は、な…
コメント:0

続きを読むread more

お台場の大観覧車

〇あと一週間8月末終了。 1999年、ギネスにのった世界一の大観覧車を創った。自作、自費でこのホームページもつくる。 あれから23年。 〇企画したイベントが懐かしい。モエ・エ・シャンドン!真珠のプレゼント!5時間待ちのクリスマス! 〇エッセイ 大観覧車大好き 〇カップルは、二人だけで乗っていただきました。会社の売上…
コメント:1

続きを読むread more

「総合商社の本質」垰本一雄著

〇垰本一雄博士著「総合商社の本質」(白桃書房)。総合商社は、多様な組織の水平協力でビジネス創造する。と、私は、理解した。対称的に、製造業、銀行、小売業は、リーダー大企業による垂直統制のビジネス。 〇商社は、同時に多様に行うハイブリッドな組織、仕組み、関係だ。資本投資と物流売買、サービスとモノ、短期売買と長期運営、上流と下流、金融と…
コメント:0

続きを読むread more

日本の超小型人工衛星

〇超小型衛星アクセルスペースの中村友哉社長が、茨城FMで、ソニーで人工衛星を立ち上げる本村謙介さんを紹介しました。 〇私は、三井物産にいるときに、アクセルスペースに出資。 ソニーに転職した後、本村さんとアクセルスペースに訪問し、中村社長から、打ち上げ直前の人工衛星現物4つを見させていただきました。 組織の大小、技術の経験、官民…
コメント:0

続きを読むread more

芸術祭 越後妻有 2022

〇芸術祭 越後妻有に行ってきました。 〇田中泯「場踊り」 ・衝撃。絵も言葉もないのに感動。中谷芙二子の霧を舞台に、田中泯が踊る。飛び抜けたパーファーマンスだから、私は、言葉で表現できない。 ・始まりは、観客達から50mほど先で、ぼろ服を着た田中泯がゆっくりと動き始める。1980年代の太田省吾の沈黙劇「水の駅」(転形劇場)を思い…
コメント:0

続きを読むread more

三四郎

漱石が書いた「三四郎」池の近くの建物で、8月から東大・医のエクスパート・プロデューサーとして働いています。 https://u-tokyo-ohrs.jp/ 新しい仕事・事業が好きです。
コメント:0

続きを読むread more

総合商社の変革

〇ダイヤモンド・オンライン7月28日記事「総合商社のビジネスモデル変化」野地秩嘉記載が、小林敬幸著「ふしぎな総合商社」(講談社+α新書)を、引用している。 〇最近の日本経済の不調と、GAFAMの好調の中で、2000年代に総合商社が起こした産業変革の重い意味を、他の業界の人が気づき始めた。ウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・…
コメント:0

続きを読むread more

中国と資本・民主

〇中島隆博氏×宇野重規氏×梶谷懐氏の鼎談「中国から資本主義と民主主義を考える」(集英社新書プラス)。 デモクラシー、テクノロジー、資本主義、新しい人間観の四点を広く深く論考する。 欧日は、中間集団を組み込みながら近代化を遂げ、資本主義と民主主義を発展。 対称的に、中国は、中抜き資本主義。 米国は、新自由主義的な社会的モデル。 …
コメント:0

続きを読むread more

「復活への底力」出口治明著

〇健康な出口治明APU(立命館大)学長が、2021年1月9日、突然、脳卒中で倒れ、右半身麻痺と失語症の重い後遺症障害になった。ブローカ失語で、且つ、構音障害があり、右半身麻痺ゆえに、舌や唇の右半分にも麻痺が残った。が、2022年4月に別府APUの学長職に復職し、学生の入学式で祝辞を述べた。それこそ、「復活の底力」(講談社現代新書)だ。 …
コメント:0

続きを読むread more

がん対応に市民と医師が協力

〇東大病院と大同生命保険が、共同研究「がんの意識と就労状況」の一環として、養老孟司名誉教授を招き、安田講堂での医療三者会談がされた。(日経7月20日) 働く人、患者、医師が上手いコミュニケーションをとり、協力して、心地よくがんに対応したい。 〇日本で、年間84万人の子供が出生(2021年)する一方で、年間100万人が新たにがんと…
コメント:0

続きを読むread more

かんべい「日本政治の行方」

7月20日の朝の、テレ東・モーサテでの吉崎達彦かんべいの「日本の政治の行方」(ココ)が、素晴らしかった。岸田政権と安倍元首相の2中心による「楕円の理論」に基づく、今後の自民党政府の想定。及び、黒田日銀総裁の来年4月任期後の行方を分かりやすく説明。このかんべい見通しも、首相と日銀総裁の2中心に基づく楕円の日本に見えました。
コメント:0

続きを読むread more