テーマ:囲碁

機能的実用品がヒット

●これまでは、見栄えのよいデザインのファッションがヒットした。しかし、最近は、日常で使われる機能性の高い実用品が売れる。このブログで書いた“ユニクロ超えの「ワークマン」”(11月8日)が、日経トレンディの2019年ヒット商品の1位!になった。 ○ワークマンの実用的な服に加えて、ユニークで面白い「陶器コーヒーフィルター」と「囲碁ソフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の囲碁

〇囲碁で活躍する若い棋士、井山、芝野、一力(敬称略)が魅力的。サラリーマンが、一力、井山のような人と仕事の打ち合わせすると、「優れた人だ」と思うだろう。一方で、芝野名人と会えば、「この人大丈夫?中学校卒業できた?」と思っちゃう。でも(だからか?!)、芝野お姉さんは、東大生だ! 〇3人のデータです。      年齢  生まれ 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井山6冠

囲碁の棋聖戦七番勝負で井山本因坊が張棋聖に4勝2敗で勝ち、棋聖タイトルを獲得。これで、7大タイトルのうち、棋聖、本因坊、天元、王座、碁聖、十段と合わせて前人未到の6冠。あとは、山下が持つ名人だけ。NHKの早碁でも決勝進出している。23歳!すげえ。とにかく強い。トップ中のトップを相手にゆうゆうと勝ってる感じ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁ソフト「天頂の囲碁」

強いです。メーカーの自称の通り、本当に二段の実力はあるそうです。将棋に比べて囲碁は、コンピューターソフトの実力がとても弱く、使い物になりませんでした。せいぜい、二級、三級レベルでしょうか。それが、いきなり二段程度になっています。モンテカルロ法を使った技術革新ですね。 打つ手も、とても人間らしい手を打ちます。従来の囲碁ソフトだと、序…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

女流棋士三連勝

今日放映された囲碁のNHK杯トーナメントで、「ヒカルの碁」の監修で有名な梅沢由香里女流棋聖が石田篤司九段に勝ちました。おめでとうございます!これで、一回戦は、女流棋士三人が次々と男性棋士に勝って、三連勝。NHK杯史上初だそうです。 どういう訳か、将棋の世界では、男女の力の差は大きいけれど、囲碁は、かなり接近しています。女流棋士が男…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

高段者の「厚み」

初級者が、しったかぶりして、囲碁の「厚み」について書いていたら(ココ) 、知り合いの高段者(パンダネットで確か8段)からコメントをもらっちゃいました。「構築しても直接的に誇示しない、触らない」なんて、名人の至言ですね。以下は、いただいた電子メールのそのままの引用です。 1/31の「厚み」戦略、興味深く読ませて戴きました。厚みに対す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョブスと「厚み」戦略

前回、囲碁の「厚み」は、実利を生み出す経路が不確定であるにもかかわらず、投資するというのが、難しく、且つ、大切なポイントだと前回書きました。また、「厚み」は、築くことと同じくらい活かし方が重要だとしました。ここでは、アップルのスティーブ・ジョブスのスピーチやジャイアンツの打線などの囲碁以外の分野から「厚み」を考えてみます。 スティ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「厚み」戦略

囲碁の戦略に「厚み」という概念があります。これが、僕のような初心者には、とても分かりにくく、にもかかわらず、理解しないと上達できない重要な考え方です。しかも、この「厚み」戦略は、一般の社会・世間においても我々が忘れがちな重要な発想だと思えます。 囲碁は、自分の石で囲い込んだ「地」の面積の大きさを競うゲームです。「地」を増やすには、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

定石を覚えて二目弱くなり

8月にこのblogで宣言した後、週一局弱のペースで囲碁を打っていますが、率直に言って、定石の本を読み始めてから、負けがこんできたように思えます。囲碁の川柳で「定石を覚えて二目弱くなり」というのがあります。定石を覚えて、勝負にのぞんだところ、実戦では、弱くなったという意味です。これは、実社会でもあてはまる川柳かもしれませんね。 定石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3級仮

土日に2局くらい打つ感じで、ネット囲碁をぼちぼちやっています。パンダネット内では、自己申告の6級仮でスタートして、5勝0敗のところで、3級仮に昇級しました!! でも、3級は、ちょっと荷が重く感じています。囲碁の本を買い込んできて、6級程度の問題というのをやってみても、なかなか正答できません。また、3級の人同士が対戦しているのをみる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット囲碁

思い立って囲碁を始めました。三日坊主に終わるかもしれませんが、老後のボケ防止対策を今から準備しようという壮大な計画です。実力は、小学生の頃に親戚や家族と少し打ったことがありルールを知っている程度で、この30年で5局も打っていないと思います。それでも、まずは形からと、パンダネットというネット囲碁に入会して、一年分の会費を払ってしまいました…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more