テーマ:新型コロナ

東京ひとり散歩

〇東京は、ひとりで散歩を楽しめる。今、在宅勤務の私は、毎日自宅から2時間7㎞散歩している。いつもの往復2時間の電車通勤より、体に良くて楽しい。私には、ランニングよりも、好奇心を満たしながら、ふらふらと歩く運動がむいている。東京都内のどこでも、同じくらい楽しめるでしょう。 〇玉川上水緑道 お気に入りの玉川上水緑道に、3日に一度くら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本へのリーマン不景気の再来?

〇2008年のリーマンショックで、米国は、「百年の一度の危機」になるが、2012年に株価が回復した。日本は、ショックの日に、影響は軽微とみられたが、その後、経済が落ち込み、米国より長い不景気となった。 〇2021年、新コロナで、米国は、日本より大きい災害がでている。とはいえ、リーマン不景気のように、日本は、米国より大きな長期間の不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在宅族

私は、平日も会社に行かない「在宅族」だ。ネットで会議にでて話し合い、メール連絡していて、それなりに働いている。とはいえ、暇になって、ネットニュースを見ていたりする。前世紀に現れた「窓際族」のよう。 昨日、久しぶりに会社に行くと、駅でも、会社でも、一カ月前よりも人が減っていた。この数週間のコロナ拡大が社会に影響をだしているのが、目に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JALとANAの合併

合併するべきだろう。両社ともに、赤字。今の利用客数も、必要な従業者数も、半分以下になった。新型コロナによるこれらの影響から、数年間回復しない。ならば、合併し、2社合計の従業員数を半分にして、会社の活力を維持する。それが、社会、消費者、他企業の全てに役立つ。その時反対した従業員も、数年後に思い返すと、早目に転職してよかったと思うだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交通社会→透明社会

〇産業革命で交通社会が始まり、新型コロナで在宅社会に変革する。産業社会を支えた、飛行機、自動車の交通が、人工衛星、ドローン、EV(電気自動車)の無人・自動移動に変革する。食事も、レストランでなく、自宅でとる。仕事の会議も、自宅でネット会議に参加する。地球の裏側の遠くでも、そこにめったに移動しないのに、手もとのように見られる。透明社会、無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本:コロナ経済危機 ゆっくりと大きく

〇新型コロナによる日本の経済危機が来る。アメリカに比べ、ゆっくりあとから、そして、より大きく。2008年リーマン・ショックでも、アメリカがすぐに大被害を受けながらも回復する一方、日本は即時の被害が限定ながら、数カ月後から経済の長期停滞に落ち込んだ。 〇アメリカの新型コロナ患者数は、5.8百万人で、世界で最も多い。米企業の大量の人員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辞任する安倍首相の科目点数

〇外交:98点 経済:60点 財政:40点 社会(教育・医療):20点  〇外交は、韓国関係以外は、100点満点。米・中・露・英・豪・イラン・ドイツで、改善してきた。TPP11の実現も、外交の成果だろう。海外からの評価は、日本国内からよりも、高い。日本の歴代首相の誰よりも高いだろう。 〇経済政策は、2009年~2012年の民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ 経済構造の変動

〇新型コロナの影響を受ける業界:飲食店、タクシー、鉄道、航空が、合計500万人の今の従業者を、半年ほどで7割に減らさざるを得ない。その150万人の転職しか、経済全体を解決できない。それは、特定の関係業界だけでなく、経済全体の構造を大きく変動する。 〇ニュースでは、「緊急」と称し、一時の大きな災害と説明しがちだ。しかし、新型コロナの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定年・定時・定期の「定」なし時代に

〇産業革命が終わり、新コロナによって、製造業に依存しない「在宅革命」がおこる。産業革命で使われた、定年退職、定時勤務、通勤定期の「定」の制度は、非効率だからと廃止になる。そうなる世界の「定」なし時代に、日本も対応すべきだろう。(新コロナ在宅革命:飲食・娯楽。輸送が半減) 〇製造業への依存度がさがった ・GDPに占める製造業の割合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新コロナ在宅革命:飲食・娯楽・輸送が半減

〇新コロナの継続により、飲食店、娯楽施設、旅客輸送などの外出向け事業の、利用客数、売上、労働者数が半減する。すべての国のGDP成長率が減になる。経済全体の制度(法制含め)、店・会社、働き方、移動、食事、交遊の全てが変革される。産業革命→在宅革命! 〇対照的に、新コロナの時に成長したのは、外出せず在宅にてネットで使う、FANG(フェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国大統領選挙

〇共和党トランプと民主党バイデンの選挙、現時点では、どちらの勝率も概ね五分五分。世論調査では、「経済」でトランプがリードしているが、それ以外の「新型コロナ対策」、「人種問題」、「ヘルスケア」などで、バイデンが勝る(JETRO短信)。カギになる投票者は、白人労働者、ヒスパニック、中西部(さび付いた工業地)、南部(フロリダ)。この人たちと遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルスの変異株614G

○新型コロナウイルス、昨年末、中国武漢で、614D型:武官型が発生。2月下旬に、ヨーロッパで、614G型:ヨーロッパ型に変異した。感染力では、614Gの方が強い。 ○世界レベルで見て,614Gは、3月1日では10%のみだが,3月末には67%,5月末には78%にまで増加。日本でも、2月はすべて614 D型だったが,3月以降は614G…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家庭革命

〇従来は、男性が会社で働き、子供が学校・塾に行き、女性が家事の家庭だった。今、家族のみんなが長時間在宅するので、勤務・教育・家事の革命がおこる。保守的ともいえた、家庭の風習が、全般的に、戸惑いながら、急速に、変化する「家庭革命」。数百年の「産業革命」に入れ替わる革命かもしれない。 〇在宅勤務 ・9時と18時に満員の電車で、通勤す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アタマ+」AIで個別学習

〇中高生の個別勉強をサポートするAI「アタマ+」を、1800の塾の教室に提供する急成長のatama plus社。ソニーのサイトでも掲載されました。(ココ) 〇稲田社長は、ブラジルでベネッセとのJVを設立・運営した後、三井物産を退職して、2017年ヴァンチャー企業atama plus社を設立。高成長している中、新コロナが広がる4月、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新コロナに打ち勝つ企業

〇新型コロナウイルスで、多くの企業が収益の激減に苦しむ。私が働いていた商社は、1990年代に損失を出し、どの社も倒産しうる業界だった。しかし、2000年代に、日本で最高の収益産業に成長した。あの商社の成長の経緯をよく見据え、商社も含めてどの企業も、新コロナに打ち勝ってほしい。 〇5年ごとの総合商社5社平均連結・単体税後利益の変化を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ第二次ステージ

ニコニコ生放送「激論!!コロナ第二ステージにどう立ち向かうか?」面白い!司会:吉崎達彦(溜池通信不規則発言6月2日で紹介)、村上世彰、石破茂、三浦瑠璃、岡本三成が参加(私の興味持ち順☀)。数名が、西村新コロナ大臣(私の友人)の批判。村上さん、同じ高校ですよ!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新コロナ恐慌後のWWIII

〇1929年大恐慌で世界経済が悪化し、1939年第2次世界大戦(WWII)が起こった。2020年、新型コロナウイルスで世界経済が悪化し、2030年頃第3次世界大戦(WWIII)が起こらないでほしい。1929年の日本と同じ位置にいるのが、2020年の中国だ。 〇日本は、明治からドイツ技術の導入もあり欧米以外国で最先進国となった。19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新コロナ社会:身遠心近!

〇人と人は、身体で遠く離れても、心で近く寄りあいましょう。身遠心近!新コロナは、減ったとしても、人と共生し続けます。よって、世界中で、疾病の感染拡大を防ぐため、人と人との物理的距離を2m以上に保とうとしています。それに従いながら、個人同士がネットで動画・言葉・音楽を交流して、心を近寄せたい。  〇世界中で、人と人との物理的距離「ソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多様時代に

〇世界が多様時代に向かっている。普遍的価値として、自由・平等・民主に多様を加える。老若男女、勤労日時、123産業(第1次資源・農業、2工業、3情報・サービス)、海・空・森運動(資源・温暖化・CO2対応)で。 〇台湾の蔡総裁は、WHOテドロス事務局長からの愚弄に対して、「台湾の持つ価値観は自由、民主、多様性、寛容である。」と立派に正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の「おじぎ」:脱コロナあいさつ

〇日本の「おじぎ」あいさつは、新型コロナの感染を防ぎながら、親切なマナー! 欧米の「握手」「ハグ」あいさつは、親密だけど、接触で新型コロナを感染しやすい。日本・東アジアの「おじぎ」を世界に広めてほしい。人類の死亡者を減らすために。 〇日本の「おじぎ」では、人と人が1.5m以上の距離を維持しながら、失礼でなく、丁寧に好関係をつくれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「益と罰」に直面・対立

〇近代の欧州人は、産業革命の中、「罪と罰」(ドストエフスキー)に直面・対立した。現代の世界人は、縮退経済の中、「益と罰」に直面・対立している。ウイルス害とCO2増加を解決するために、既存の益と罰に直面・対立しなければいけない。 〇近代においては、医薬の研究と開発が、欧州人の病気を治した。研究した人と組織は、賞賛され、特許料と製薬業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウイルスの時代

〇新型コロナウイルスに激高して、すべてのウイルスを撲滅しようしても無理。ヒトは、ウイルスと仲良くしないと、生きていけない。 〇「生物と無生物のあいだ」著の福岡伸一氏は、ウイルスが生物と無生物のあいだに漂う奇妙な存在と次の通り話す。(朝日新聞デジタル4月6日 ) ・私たちはこれまでも、これからもウイルスを受け入れ、共に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVの出演者がヴァイキングの墓のように立つ

TV番組の出演者は、新型コロナ感染防止のために、2m間隔をあけて立っています。「どこかでみたよ、この不思議な風景」と思い出しました。2017年にスウェーデンで見た、ヴァンキングの墓の遺跡。このAles Stenerは、「恋人と行って絶壁から海に向かって愛を叫ぶ所」です。 (14日に追加) この2m距離をおいて並ぶ数墓は、新型コロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2003年台湾で感染のSARS 2/2

〇(2003年台湾で感染の1/2の次です) 「台湾つれづれ」サイトの「SAR関連(2003年4月―7月+12月24日)」項目のいくつかを以下にコピー引用の二つ目。長文ですみません。 〇SARS対応(2013年5月19日の2) ・とにかく、医師の認識、対応力を高めるのが最優先です。台湾での感染は、8割が医療機関でおこりました。台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2003年台湾で感染のSARS 1/2

〇中国武漢の新型コロナウイルスは、広東省起源のSARS(重症急性呼吸器症候群)に類似している。(Chaolin Huang, ランセット誌2020.)2003年、私が駐在していた台湾の人に感染してきたSARSについて、「台湾つれづれ」サイトで報告した。 〇2003年の辛い経験をした台湾の政府、政治家、医療関係者のすべてが、私と同じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIの有限多数対応で脱工業革命

〇AIは、無限の万能ではなく、有限の多数に対応する。そして、世界は、工業以外の分野にも依存し始め、工業革命から脱する。(「脱産業革命」らくちん2020年1月)それを、今日の新聞で、再確認。 〇有限多数の対応 AIは、万能ではなく、依存しすぎれば危険。だが、人間の判断の助言役として、ピンチを打開する鍵を見つける。(投資の帝王 レイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナでの医療系の情報

〇新型コロナに必死で対応している医療の人たちに感謝です。医療系の有益な情報を次にあげてみました。(テレビやネットで、一部の人が、医療や行政に批判ばかりするのは、社会にとって無益だと思います。) 〇BCGと新型コロナ 「コロナウイルスへの効果は?BCGは国ごとに接種率、種類の違い。」 日本株の前期分与株(ハンコタイプ)は、重症化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ対応に「リモート」!医療・教育・仕事・売買

〇新型コロナウイルス対応で、不要不急の外出自粛要請がでて、夫婦、老人、子供の家族みんなが、医療・教育・仕事・購買で困っている。この生活すべてを回復するため、リモート:遠隔サービスを、家族、企業、政府が協力して拡大してほしい!これらは、コロナ解決後も、経済成長・社会改善に役立つだろう。 〇医療:リモート診察 病院、クリニックの診察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本が新型コロナから世界を救う

〇30年前に日本で、急性膵(すい)炎の治療で開発された既存薬剤「ナファモスタット」(商品名「フサン」)が、新型コロナウイルス感染阻止する可能性があると、3月18日、東大医科学研・井上教授が発表した。(東大新聞:ココ)フサンが有効なら、日本が、世界中を新型コロナウイルスから救い出す! 〇3月初旬に、ドイツの研究者は、この既存薬剤フサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大経済学者の新型コロナ対策提言

〇伊藤元重、岩井克人などの大経済学者が、新型コロナウイルス対策の提言を、昨日、東京財団でだした。(ココ) 〇基本的な原則 1.感染拡大の抑止 2.短期的な経済的インパクト(所得の減少と流動性の不足)の軽減 3.長期的な産業構造変化の促進である。 そして、消費や投資を無差別に刺激する景気対策を目的としない。 〇提言 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more