ネクタイとハイヒールの時代

〇21世紀半ばには、世界のどこでも、ネクタイもハイヒールも使わなくなる。その頃、20世紀の社会を語る時代劇、歴史ドラマでは、俳優が身につけるネクタイとハイヒールを、面白おかしく、見せるのだろう。

〇日本の江戸時代劇では、男性のちょんまげと女性の草履がでてくるが、これも20世紀には、ほとんどいなくなった。アメリカの西部劇では、カウボーイハット、ピストル、ブーツをもつガンマンがでてくるが、これも、ビジネスパーソンでは減っている。

〇ネクタイとハイヒールについては、今、すでに、日本の工業やサービス業で減っている。アメリカでも、シリコンバレーなどの西部では、使われない。ヨーロッパも減ってきた。ネクタイもハイヒールも、呼吸や足の障害を受けるので、健康維持のために、速くやめたほうがいいだろう。

〇21世紀の人にとっては、ネクタイとハイヒールも、ちょんまげと草履と同じ、歴史遺物にみえるのだろうね。

"ネクタイとハイヒールの時代" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント