リクルートと三井物産

〇三井物産は、リクルート株について、2007年に270億円購入・投資し、上場後部分的に売却し、今月、残りの全てを売却した。結局、この12年間リクルート株で累計1500億円利益を得た。三井物産にとっても、リクルートにとっても幸せなこと。 〇8月29日日経で、報道された。リクルート株を13社が28日に売却した。売り出す企業のうち、三井…
コメント:0

続きを読むread more

平成世代がつくる新日本

〇バブルが終わった1991年後に育った平成世代(1989年~2019年生)が、新しい日本を創り出す。国際的な経済、文化、スポーツにおいて、「和風」に頑張ってきた昭和世代と変わって、今20歳代の人は、「世界風」で堂々と元気に活躍する。昭和の私には、お神様です。 〇平成世代は、2020年東京オリンピックにおいて、世界が注目する競技でメ…
コメント:0

続きを読むread more

G7の分裂、1930年の「世界の五大国」のごとく

〇24日に、フランスでG7サミットが開幕した。多くの紛争が各国間にあり、首脳宣言も出せない。1930年代、「世界の五大国」:アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、日本が国際平和を上手く進められなかったのと同じになってきた。 〇WW1(第一次世界大戦)後、国際連盟発足時の常任理事国の英、仏、伊、日の四カ国と米との上記五大国が、世界…
コメント:0

続きを読むread more

「恐怖の夏」の過ごしかた

〇米中は、貿易摩擦から、「トゥキディデスの罠」(紀元前5C ギリシア)のような戦争になる。と、今日の日経FT欄で、ラナ・フォルーハー氏が述べる。8月10日に、私は、「アテネ・スパルタの戦争=米国・中国の対立?」で同じことを書いた。世界中の多くの人が、今の米中を、同じく心配している。世界景気に収縮の予兆がある「恐怖の夏」だ。 〇20…
コメント:0

続きを読むread more

アテネ・スパルタの戦争=米国・中国の対立?

〇紀元前5世紀に、ギリシアで、民主主義のアテネ(アテナイ)と非民主主義のスパルタの二大国がペロポンネソス戦争をした。二大国以外のテーベ(テーバイ)などのギリシアポリス小国は、どちらに協力するかを、時により変更したりした。 〇21世紀、世界の二大国、米国・中国が、長期に激しく対立し始めた。日本もEUもアジア国も、民主主義の米国と非民…
コメント:0

続きを読むread more

定めのない時代:定職、定年、定時、定休なし

〇令和では、個人が働き方を定めず、時を変える。昭和、平成で普及した、定職、定年、定時、定休がなくなっていく。会社自体の寿命が短くなり、個人も会社の転職を望み、終身雇用もなくなっていく。すでに今、多くの若い会社員は、定年以前に転職すると思っている。 〇定職がなくなる ・個人の寿命が長くなり、70歳代まで50年間、半世紀!以上働く。…
コメント:0

続きを読むread more