観覧車の写真

画像
ロンドンに出張した隙をついて、ロンドンアイ(観覧車)に乗ってきました。観覧車通ぶっているのに、実は初めてです。スマホで夜景がすごくきれいに撮れて、カメラ性能の良さにびっくりです。18年程前に「お台場の観覧車」の非公式サイト(ココ)を始めるときは、夜景を撮るのに苦労したのを思い出しました。

画像


画像



臨海副都心のパレットタウンの大観覧車が営業開始したのが1999年。その時に、営業PR用に会社でホームページを立ち上げようとすると、会社の方もほぼ初めてのケースだったようで、今思えばなんとも妙なことを言われました。

・担当の商売の販促PR用のホームページを本社でつくると言ってきた人は、珍しい。
・社内手続き規定はないので、情報システム投資としての社内手続き規定をあてはめる。
・従って、事業本部長決済でなく全社稟議だ
・経理などの社内業務システムを構築している情報システム部署が仕様をまとめ、システムインテグレーターに委託することになる。
(いかにも社内業務システムのような無味乾燥なホームページができそうで、ぞっとした。)
・コンテンツについても、レピューテーションリスク(社会的評判を悪化させるリスク)がないか、すべて広報部がチェックする。
・社内許可手続きで数か月、それから仕様決め、発注・制作をすると、半年はかかる。
・費用は数百万円から千万円

びっくりしたり、あきれたりで、もはや怒る気もなくなって、その場で、「わかりました。失礼しました~」と言って引き下がりました。

そして、その足で、速攻で現場に行って写真をぱちぱちとって、自分個人のプロバイダー契約で作れる容量で、「非公式ホームページ」を作りました。ホームページ制作ソフトの購入など個人で負担してかかった費用は数万円ほど、期間は一週間ほど。今でも残している「非公式サイト」は、本ブログと同じプロバイダー契約だとわかるURLです。

その後担当から離れて数年してから、そのときの担当の方が訪ねてこられ、「公式サイトを立ち上げるのでご了承ください。よければ、コンテンツも譲ってください。」と丁寧に言ってこられた。もちろん、「どうぞ、どうぞ。どれでも使ってください。わざわざ説明に来ていただいてありがとうございました。」と話しました。

正直、ほっとしたのをよく覚えています。

最後の写真は、着陸直前の飛行機からとったロンドンの夜景です、まんなかあたりの川の横にロンドンアイがみえます。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック