「騎士団長殺し」村上春樹

僕と同じカローラワゴンに乗る主人公が、僕と同じ54歳のビジネスマンと会話する。この小説では、とても個性的な登場人物が持つ、とても平凡な側面としてカローラワゴンと54歳が使われている。たぶん。そのどちらも持っている僕は、「世界でもっともありきたりの男」として、自分がギネスブックに登録されているのを見つけた気分だ。やれやれ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック