「日本らしいサッカー」の限界

サッカーW杯のギリシア戦は、「自分たちのやりたい日本らしいサッカー」を存分に見せてくれた。しかし、結果がでなかった。コートジボアール戦は、「自分たちのやりたい日本らしいサッカー」が出せなかった。そして、結果が悪かった。この二試合で、目指している日本らしいサッカーの限界がよく見えてきたように思う。

「自分たちのやりたい日本らしいサッカー」とは、短いパスをつないで相手を疲れさせ、ゴール前に迫る。コーナーキックのときでさえ、ほとんどは、ショートコーナーを行い、短いパスに持ち込む。そういう意味で、ギリシア戦は、ボール保持率は約7割、これぞ、「自分たちの目指していたサッカー」だった。

しかし、昨日のように敵がべた引きの状況になると、高さのあるアタッカーがいないのがつらい。ああいう時は、サイドから攻撃してサイドに敵の人数を引っ張り出し、少しでもゴール前の敵の数を減らして攻めたい。しかし、ギリシアは、日本に高さがないのがわかっているので、長友がサイドから攻めてくるときは、ペナリティーエリアへの侵入だけを防ぎ、ゴール前に高いセンターリングをするのは自由にやらせていた。そしてゴール前の高さ勝負は、全部ギリシアが勝った。ああなるといくらサイド攻撃をしても、そんなに効果が出ない。

「自分たちのやりたいサッカー」も大事だけれども、状況によって少し変化をつけるオプションを持っていないとつらいものだとよく分かった。最後はDFの吉田を前に上げたが、それも全盛期の中澤や闘利王ほどの攻撃力はなく、効果がなかった。例えば、あの場面でハーフナーくらい大きな選手を一人いれ、五回に一回くらいハーフナー目がけたセンターリングをあげるだけで、ギリシアは、そのセンターリングを止めにいかねばならず、守り方を代えなければならなくなっただろう。

コートジボアール戦は、「自分たちのやりたい日本らしいサッカー」を全くさせてもらえなかった。ボール保持率50%以下で、日本の誇る香川、長友による左サイドの攻撃を完全に封じられ、むしろそこの守備の弱点をつかれて、二失点した。

「前に行く勇気がなかった」とのコメントをみかける。しかし、僕は、そういう気構えの問題ではなく、「日本のサッカー」が敵の戦術にはまっていて、前に行こうとしても行けなかったと見ている。

コートジボワールは、右サイド(日本の左サイド)の奥深くにまでウィングの選手をだし、サイドバックの選手も高くかまえる。そうすると、長友は、一番後ろまで引き、香川は、サイドバックの選手をみてかなり引かざるを得ない。結局、この香川の守備の地点からの攻撃で二点をとられた。そして、香川、長友が相手ゴール前まで遠いところにいるので、効果的な攻撃をできなかった。

もうひとつ、コートジボワールは、DFでボールを回してビルドアップするときにも、日本対策をしてきた。敵のビルドアップのとき、日本は、ワントップのFW(この試合では大迫)と本田でボールを追いかけまわし、ボールが相手のサイドバックの選手に来たときに、守備力のある岡崎や長友がボランチと連携してボールをからめ捕るのを得意にしていた。日本らしさとして誇るFWまでが参加する「前からの積極的な守備」だ。

しかし、コートジボワールは、先に書いたように、両サイドのサイドバックを高く上げておいて、代わりにボランチを一枚最終ラインの位置まで下げてボール回しに参加させた。結局、最後尾の三人とやや前に残った一人のボランチとの四人のボール回しを大迫と本田のたった二人で追いかけまわし、ボールも取れず疲れ果ててしまった。

日本対策としてボランチが下がるこのやり方は、実は、コンフェデレーションカップでブラジルがやっている。ブラジル戦の最初の数分は、日本の「前からの守備」が効いていた。それをみたブラジルのボランチが一枚、たぶん本人のその場の機転だろうが、最後尾まで下がってくると、日本の「前からの守備」が機能しなくなった。そしてすぐ後に例のネイマールの豪快なゴールが決まる。あの試合も、前からいけずに自分たちのサッカーが全くできなかったという、コードジボワール戦と同じコメントを選手たちは残している。

ゆっくり攻めるときに、ボランチがDFラインまで下がって、最後尾が三人になるやりかたは、世界的には珍しいが、日本のJリーグでは広島、浦和などのチームでよく行われている。日本がW杯に出るようになった頃から、FWがまじめに守備に走り回るのが通例となり、それがJリーグにも持ち込まれた。その世界的には珍しい、日本らしい「前からの守備」への対策として、ボランチが下がってボール回しに参加するようになったのだと思われる。

相手がこうした戦術をとってきたときは、通常、FWの前からのチェーシングを控え、敵がもう一段前に来てから、追いかけるようにする。今では、浦和や広島が後ろで誘うように最後尾でゆっくり回していても、挑発にのらず待機するJリーグのチームも多い。

その待機が「自分達らしくない」として嫌うならば、ボランチが勇気をもって二列目くらいの位置まで前にでて、その相手DFのボール回しをとりに行くしかない。コートジボワール戦では、長谷部、山口のボランチが敵の大エースのヤヤ・トゥーレをみていたので、さすがにそのマークを外して一人が前にいく勇気がでなかったのだろう。そして結果的に、日本は前に出られず日本らしいサッカーを全くみせることができなかった。

振り返ってみると、「日本らしいサッカー」を特徴づけるこの「前からの守備」にしろ、「高いボールポジション」にしろ、「ショートパスによる攻撃」にしろ、日本の選手が「1対1で負ける」「背が高くフィジカルの強い選手が少ない」といった短所を克服するためにとられている。

しかし、この二試合で、日本のサッカーの長所が出せなくなるとき、長所を出せたとしても結果がでないときとの両方を見せつけられると考え込んでしまう。全体的には、今の方向でいいとしても、将来的には状況によりいくつかのオプションを用意した方がいいのではないだろうか。途中から出る背の高いフォワード、敵の二列目のすごい選手を一人でつぶせる守備力があってフィジカルの強いボランチ、そして何よりももうちょっとレベルの高いセンターバックが欲しいところだ。

いやいや、次の試合にむけては、せんなきことであった。次の試合はとにかく、日本の左サイドの守備を手当てせざるを得ないだろう。今野を左サイドバックにいれて長友を前にあげるか、いっそ香川をFWの位置にするか。そして、勝たなければ終わりなので、青山を先発させて攻撃的にいってもいい。

いずれにしても、「自分らしさ」というのは、なんて難しいものだと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

らくちん
2014年06月24日 20:32
fishさん、コメントありがとうございます。そうですね。何かと不首尾でした。明日、頑張りましょう!
fish
2014年06月22日 19:31
いつも、blogを楽しみに拝見いたしております。 
ヨーロッパ遠征でのベルギー、オランダ戦で「このままで大丈夫!」と勘違いしちゃったのが痛かったですね。 W杯レベルでは基本的に弱者である(1対1では難しいのでコレクティブに戦うことで補う)という認識の元、戦略面・戦術面で相手以上に工夫しないといけないのに、無防備に臨んだ印象が強いです。 あと、"日本らしい"サッカーをやるためには、基本的には「走り勝つ」ことが前提となりますが(前線からのプレッシング、3人目・4人目のフリーランニング、etc.)、今回は3会場とも高温多湿で、さらに降雨付きと、条件的に厳しいことも大きいように思われます。 特にコートジボワール戦では前半の終わり頃から足が止まって、明らかにフィジカルコンディションの調整に失敗してるようにも見受けられました。

この記事へのトラックバック