東アジア杯優勝

サッカー日本代表の優勝おめでとうございます。Jリーグ選手だけのメンバーで、意地を見せてくれましたね。来年のW杯メンバー選考にむけて分かったことが二つあります。一つは、FWの柿谷と豊田は、代表チームに呼ぶべきです。もうひとつは、闘利王を入れるしかないと。結局、センターバックで、吉田、今野、栗原よりもいいといえる選手はみつかりませんでした。

これからは、今の日本代表に付け加えなければならない能力をもった選手が貴重です。逆に実力があっても、日本代表で選手層が十分厚いタレントの選手は、呼ばれにくいです。

今一番必要なタレントの筆頭は、背の高いセンターフォワードです。前田の調子が悪いので、今時点の力では、前田、ハーフナーよりも豊田の方が上でしょう。豊田は、連係プレーもできるし、守備も頑張ります。

それから、アジア仕様からW杯本戦仕様に変えて、ボールを支配できないときに必要なのは、カウンターアタック要員です。永井、宮市が伸びてこないので人材不足でしたが、柿谷は、その面でも戦力になりそうです。

酒井宏樹が伸びてこないので高さのあるサイドバックも必要で、徳永がいいですね。駒野も衰えましたし。また、サイドバックとセンターバックの両方できる伊野波の調子もでてきません。酒井、伊野波、駒野よりも徳永を優先してもいいかもしれません。

今回の東アジア杯でも見つからなかったのがセンターバックです。鈴木と千葉がそこそこよかったように思えますが、今のままでW杯に出すには、かわいそう。槙野の守備力も通用しそうもない。もう闘利王を呼ぶしかない。

ボランチは、遠藤、長谷部のどちらかがでられない時、もっと守備力が必要な時、遠藤が来年がくっと衰えた時、どうするかが課題です。山口がこれから試されるでしょうが、相当の成長が必要です。守備的にいくときは、いつも控えだった高橋が、かなりいいと分かりました。

ハイボールで攻めてくる強い相手に守備的にいかざるを得ないとき、日本がリードしていて相手が終盤にパワープレイにでてきたときは、ボランチを高橋・遠藤、右サイドバックに長谷部、センターバックに闘利王、栗原としてもいいかもしれません。

とてもいいのだけど、そのタイプは日本代表にたくさんいる、という筆頭が山田ですね。すごく上手くて大好きな選手ですが、香川、清武、乾、中村憲とかぶりがち。この4人の誰かが怪我でもしないと、控えにも入りにくそう。

あと、原口も厳しいのではないでしょうか。ドリブルでかき回すジョーカーとしては、乾、斉藤の次でしょうから。

大迫、高萩、青山、工藤も悪くなかったと思いますが、それぞれ同じポジションの現代表が、怪我か不調にならないと難しいでしょうね。

このほか、今回の東アジア杯にも呼ばれなかった新星候補は、マンU相手にゴールを決めたセレッソのFW南野。それから、兄のマイク・ハーフナーより背が高い、197cmのセンターバック、ハーフナー・ニッキです。日本代表は、セットプレーからの失点があまりに多いので、Jリーグでレギュラーをとれていなくても、一芸選出で呼んでもいいのでは。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック