「岐路に立つ中国」津上俊哉

役に立ち、且つ、真実の情報は、まれだ。特に中国に関してはなおさら。この本は、中国でビジネスをする日本人にとって役立ち、且つ、中国の役人も真実と認めるだろう。また、明日にも役立つし、5年後に読んでも真実だろう。とても、貴重な本だと思う。

本屋にたくさん並んでいる中国本の、善玉悪玉二分論とは、遠い距離にある。事実を積み重ねて分析している。かといって、中国ビジネスのハウツー本よりも、歴史や文化に対する深い洞察が込められている。

一つだけ、細かい話を。日本人が、中国でビジネスをするときは、当局の裁量行政に振り回されて、右往左往してしまう。確かに、振れ幅は大きいが、その政策決定にいたる背景や、経緯、意図を見抜いていれば、「どんなにぶれてもここまではめったにこない。」ということや、「いずれ、スイングして戻ってくる。」と分かるものである。この本は、そこまで、とても分かりやすく分析されているので、素晴らしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック