円はまだまだ、株はそろそろ?

日本の株はそろそろ下げ止まり、円高は、まだまだ先にいくような気がしてなりません。円高と株安が同時に進行したものの、この数日、株も円も少し戻した今日この頃です。どういう気分で「円はまだまだ、株はそろそろ」と感じているのか、自分が後から振り返って参考にするために記録しておこうと思いました。

相場の経験も知識もない素人が直感で言っていますので、意思決定の参考になんかしないでくださいね。ちなみに僕は、FXもオンライン株式売買もしていません。

円高は、史上最高値の1ドル79円にチャレンジするような気がしてなりません。1995年の79円のときは、為替レートが影響する仕事をしていたのでよく覚えています。90円を越えたあたりから、関係者がみんなオーバーシュート(円高すぎる)と言っていたのに、するするするっとまだ円高になって、すごく少ない取引額ながら79円がついちゃった。その後、短期間に90円台にもどりました。

今回も、半年後に90円台で安定するにしても、それよりも10円くらいは高い値が、一時的についてもおかしくないと思います。また、他の通貨との比較の上での円の相対的なファンダメンタルは、95年のときより今の方がいいように見えます。輸出企業が苦しいといっても、95年のときより円高対応力がついているでしょう。

海外から日本に投資していたファンドなどが、お家の大事とばかりに解約換金して本国に送金する分、円が売られているようですが、それもそろそろ下火になるのではないでしょうか。一度、金融の混乱による狼狽の売買が落ち着いた後、冷静なお金が残っている、あるいは、戻ってくるのではないでしょうか。と、まあ、この程度のあやふやな勘で言っているので、くれぐれも投資判断の材料にしないでくださいね。

日本の株は、明らかに下げすぎだと思います。投資利回りもいいし、PBRも優良企業がのきなみ1倍以下だし、これはもう下げすぎです。トヨタ自動車の株価が10月31日の終値で、投資利回り3.75%、純資産倍率0.99倍なんて、目を疑います。

中間決算の発表も終えて、自社の株価対策や、他社への大型投資などができるようになると、企業による投資活動で相場を持ち上げるのではないでしょうか。経営者が、自らよく知っている自分の会社の経営状態からみても、株価があまりに下がりすぎていると感じているなら、いろいろな動きがでてくるでしょう。まあ、自社の株価に対して、たいしたことができるわけではありませんが。

さわかみ投信のさわかみさんなどは、「お金があるなら、買って買って買いまくれ」と言っているようです。まあ、そこまでいう元気は、僕には、ありません。多くはないのでしょうが、中小企業で、銀行に短期借り入れの借り換えを断られ、つぶれる例も聞きました。

不動産とか消費者金融系は、一種の日本の行政リスクが消えていないようで、元気がでません。これは、海外の投資家からの目には、明らかに日本のカントリーリスクにうつっています。GEは、少なくともアメリカでそう言って回るでしょう。そうした評判は、日本株への投資意欲を落とすでしょう。

このように、株については、円よりもさらに一層、何の経験も知識もなく言っています。5年後にでも振り返って、素人には、そうみえていたというのが分かればいいと思って記録させていただきました。

最後の話題は、円と株の連動です。今の相場では、円高と株安が連動しています。円高だからといって、輸出企業の業績を心配して株価が下がります。しかし、少し前の中国では、元高への期待もあって海外からの資金が大量に流れ、株価の上昇を支えました。円高には、株高が連動しても不思議ではありません。それに、いまや貿易収支は、おおよそトントンのレベルです。どうして円高が、日経平均全体の下げに直線的に結びつくのか不思議です。

これだけ、円の相対的ファンダメンタルがいいのに日本の株が上がらないのは、この数年の日本の行政と裁判所の法規制とその運用も一因かとも思います。問題は、規制の強弱ではなく、予測不可能性にあると僕は思っています。民間は、どんなルールであれ、等しく公正に継続的に運用されるなら、対応します。しかし、以前はいいとされていたのに経済的ポピュリズムにのって遡及して罰せられたりすると、全くやる気がなくなります。恐ろしくて新規投資なんてできません。

ボラティリティの高い規制行政という日本のカントリーリスクをもろにかぶるのは、国内市場に基盤をおく企業です。だから、主たる投資対象になる輸出企業が円高に打たれると、日本株への投資意欲がでないのかもしれませんね。

輸出ではなく、国内需要で経済を伸ばすのに、一倍手っ取り早いのが住宅投資です。その分、バブルにもなりやすいですが。その不動産における、規制の不確実性が、日本の経済の足を引っ張り続けている面は、あると思います。ご時勢ですから、規制を強める必要もあるでしょう。しかし、「後出しじゃんけん」的規制は、ご勘弁願いたいですね。

あらあら、最後は、愚痴になってしまいました。まあ、どちらにしても、明るくやりましょうよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

らくちん
2008年11月06日 23:12
kさん、コメントありがとうございます。いやいや、くれぐれも投資の参考になんてしないでください。株をやっていない人間の言うことですから。
k@神奈川
2008年11月04日 22:38
ふむふむ、株はそろそろですか?まあ、トヨタ株の利回りが4%近いというのは、落ちてる金を拾うようなものかも知れません。
しかし、皆が買い、と思っているときは、すでに買い時を逃しているということかもしれません。私はもうひとつ、米国の爆弾が破裂すると思えてなりません…いずれにしても株を買うお金も無いので、取り越し苦労ではありますが。

この記事へのトラックバック