バラバラ恐怖症

民主党は、どうして、あんなにテレビうつりの悪い小沢さんを無投票で党首に選ぼうとしているのか、不思議で仕方なかった。一つ有力説を聞いて笑ってしまった。民主党が今一番恐れているのは、分裂すること。分裂の引き金を引く可能性が一番高いのが小沢さん。だから、小沢さんを党首にして、また分裂して行くのをつなぎとめようとしている。民主党幹部のバラバラ恐怖症故だという。

自民党の総裁候補が乱立気味なので、民主党は、党首選の寂しさが際立ってきた。先日、どこかの世論調査で、小沢さんよりも、自民党の麻生さんの方が首相としての支持率が高かった。二代続けて総理大臣が突然の辞任をしている自民党の候補に、その辞任直後の調査で負けているのだから、相当国民に人気のない政治家といえる。にもかかわらず、民主党が、どうして、小沢さんを無投票で党首にするのか、理由が分からない。最近、永田町の方と飲む機会が少し続いたので、色々聞いてみた。

その中で、一番面白くて、しかし、冷静になると一番もっともらしいのが、冒頭で述べた「バラバラ恐怖症説」である。確かに、民主党は、今、政権交代まであと一歩のところまできている。ここで一番恐ろしいのは、小沢さんの政党破壊癖だ。それを、今の民主党幹部は、骨身にしみて知っていて、恐ろしくて夜も眠れない。小沢さんがまた何人か引き連れて出て行くのを防ぐ最強の手は、小沢さんを党首にしておくしかない。いやいや、これは、なかなか究極の作戦である。

小沢さんの方も、対立候補に近しい人の寝返りを仕組んだり、相当手の込んだ寝技をしかけて、対立候補の擁立を防いでいるようだ。そういうところは、やはりベテランの政治家としての技術をもっているのだろう。国政はともかく、党首選とか、党内派閥抗争に長けた政治家であることは間違いない。

いったい日本の政治は、国政よりも、党内政治の方が見ていて面白い。よしあしは、ともかく、歴史の事実ではある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

らくちん
2008年09月15日 22:43
snowbeesさん、コメントありがとうございます。麻生さんにしても、小沢さんにしても、またまた、不効率な道路を作り出しそうでいやですねえ。
snowbees
2008年09月12日 19:04
<経済政策は、麻生も小沢もペケ>
私は反与党なので。(笑)小沢氏は、角栄譲りで地方区の選挙運動が上手い。自民党の弱点をピンポイントに攻め続ける。これはこれで効果的と思う。都市部は、役者を変えて、管直人や長島・年金男などがパンチ力がある。経済政策については、小沢も麻生もペケであるが、所詮「選挙用の表紙」であり、それ以外ではない。アメリカの大統領候補も同様である。それぞれ経済顧問は、ルービン元財務長官など「タヌキ」が付いている。なお、小沢は「過渡期のリーダー」であり、岡田などが本命である。とにかく、政権交代=CHANGEをお願いしたい。
らくちん
2008年09月10日 22:22
派閥抗争さん、コメントありがとうございます。そうですね。幕末の抗争をくぐり抜けた人達が、明治の日本の外交を上手くリードしましたからね。野田さんもこういう経験を肥やしにして育って欲しいですね。
派閥抗争
2008年09月08日 19:23
党首選とか、党内派閥抗争に強いのは重要だとおもいます
たとえば国連外交。こちらも民主の党内抗争に負けず劣らずの世界ではないでしょうか。党内抗争、派閥抗争に強い政治家はそのまま外交に強い下地があると思います

この記事へのトラックバック

  • 政権執着党とバラバラ恐怖症党の大連立

    Excerpt: 民主党の小沢党首は、総選挙後、自民党との大連立を狙うのではないだろうか。政権執着党の自民党と、バラバラ恐怖症党の民主党を、数の論理の政治家である小沢さんがまとめる。そのとき、民主党の幹部達は、反対する.. Weblog: らくちんのつれづれ暮らし racked: 2008-09-23 22:11