日本版国家ファンドなんて

中央銀行トップすら空席にしてしまう国の政治が、国家ファンドを設定するなんてちゃんちゃらおかしい。内外のプロの意見を集約して経営するというなら、その結果が、新銀行東京では、なかったか。改めて思う。この程度の日本の政治家に、国家ファンドなんて、関わらせてはいけない。あほうに刃物を与えるようなものだ。

日銀総裁の空席が続いている。首相が悪いのか、与党なのか野党なのか、僕たち一般人には、誰がどう悪いのか区別もつかないけれど、日本の政治家が、絶対に決めるべきことを期日内に決められないのは、明白になった。また、政治的党派性を極力排除し、中立的にもっぱら専門的能力を基準に選ぶべき日銀総裁ですら、これだけ政治的駆け引きの道具にしてもてあそぶのがこの国の政治家である。こんな輩達に、国家ファンドなんて、関わらせてはいけない。

僕は、日本の政府系ファンド構想について、昨年12月に次のように書いている。
そもそも、政治家や役人が投資に関わってもろくなことは、ない。政治家や役人が、専門家に委託するというのだろうが、大きな投資方針や巨額の案件に影響力を持つことになる。結局は、それが、昔の田中派が牛耳ったような利権の温床になる。日本の政府系ファンド構想

人選と統制の仕組みの現実的な方法について、日本の政治家と役人がいくら考えても、外部有識者の意見をどれだけとりいれても、10年、20年の長期でみれば、将来必ず大きな事故を生むような代物しかつくれまい。日本版国家ファンド構想

日本の政治がいくらダメだといっても、日銀総裁を空席にするまでとは、僕も含めてほとんどの人が想像できなかった。それをあっさり実行してしまう人達なのだ。今後、何十年の長期でみれば、日本の政治は、国家ファンドについて、我々の想像を超える変なことを起こす確率の方がよほど高い。

ところで、ビジネスでの失敗事故がおこったときに、「これは、人災だ。」として、内外の環境変化のせいではなく、担当者の不誠実と無能力のせいにする意見をよくきく。そして、上司や組織の問題ではなく、担当者の問題として整理しがちだ。

しかし、僕は、失敗事件の後処理をしてことの経緯を調べていると、いつも「人災は、人事災害」と思う。「この人にこういう環境でこんなことをさせれば、そりゃこうなるわなあ」と思うことが殆んどだ。経営者も、「人災だ」なんて、頭に湯気を立てて怒ったりせずに、たとえ人災であったとしても、それは、自分の人事のミスだと思うべきなのだ。(人災は、人事災害 2002年4月)

将来、国家ファンドが事故を起こしたとき、その事故を起こした奴が悪人だったと言ってもせんなきことだ。「人災は、人事災害」という言葉をかみしめれば、日本の政治家という札付きの能力の無い不誠実な輩に、国家ファンドという巨額の金に関わらせるという人事を行ったのが悪いのである。言い換えると、失敗が起こったとき、その悪事や失敗を成した者達を批判すればすむ話ではなく、2008年にそういう決断をした僕たち国民の責任ではないだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

らくちん
2008年04月05日 22:15
snowbeesさん、コメントありがとうございます。企業活力でパイを増やす・・・本当に、僕のような民間企業の従業員もしっかりせなあかんのでしょうね。やれやれ
れいこ
2008年04月05日 02:37
日本銀行総裁には新井泉さんがふさわしい。新井泉さんは日本一の進学校である開成高等学校からなんと東京大学文科一類の前期入試に合格して東京大学法学部に進んだ。そして、東京大学法学部在学中から日本政府による拘束を受けて、強制的に移動するオリに閉じ込められることになった。日本の邪悪な公務員はむりやり、何の罪もない新井泉さんを移動する監獄に押し込めて、昼も夜も二十四時間中毎日虐待し続けたのである。こうして国民に内緒で公務員は強制的に新井泉さんを殺害しようとしたが、新井泉さんは劣悪な環境の中で勉学にはげんだのである。新井泉さんは東京大学法学部を卒業した後も、国家による拘束を受け続けている。食事もとらせずに夜も眠らせないで新井泉さんを虐殺しようとする日本の公務員はてめえだけ栄耀栄華を楽しんでいるのである。強制的にオリの中に閉じ込められても、新井泉さんの名前は世界に鳴り響いているのだ。こんな邪悪すぎる日本という暴力団国家においては、新井泉さんこそ日本銀行総裁にふさわしいのである。
snowbees
2008年03月31日 07:10
日本では先ず企業活力とイノベーションで、パイを増やすのが先決と思う:
<右は世界のGDP成長の⊿(デルタ)部分、つまり各国の成長への貢献度を示したグラフです。これで見ると半分以上が実はBRICsをはじめとした新興国なんです。(これはドル・ベースです。従ってPPPベースではもっと新興国の貢献は大きいと思います。)僕も20年来外国株を見てきていますけど、昔はこうでは無かったと思うんです。昔ならこの新興国の成長部分が先ず最初に吹っ飛ばされていた、、、。>
http://www.doblog.com/weblog/myblog/31550/2620653#2620653
snowbees
2008年03月31日 06:30
日本型SWFの話題よりも先ず、「石原銀行」の増資決定について、私は憤慨しています。自民・公明両党が、石原知事と談合し、強行採決した。2009年の都議会選挙で、腐敗議員を全員落選させたい。

この記事へのトラックバック