マンガ「ジャイアントキリング」

サッカーマンガです。監督が主人公というのが変わっています。物理法則を超えたありえない必殺プレーがでるわけではなく、弱小チームを率いて大物食いをする監督です。守備的ミッドフィールダーを前線に3枚並べて、ボールを奪取して点をとるとか、わざとワンタッチプレーを制限するとか、確かに面白いです。

居酒屋で、監督の采配をとやかく言っている僕のようなおじさんサッカーファンに、面白いマンガです。

僕は、日本代表の岡田監督を好きですけれども、彼にないのは、こうした監督としての独創性でしょうね。独創性は、選手にあればよくて、監督に必要ない。というのも、一つの見識ですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック