カーリングの好感度

日本人にとって、今回のトリノオリンピックで好感度No.1は、結局、カーリングの選手ではないでしょうか。カーリングの選手の好感度が高い理由を考えてみました。

1) 素人っぽい
なんといっても、マスコミずれしていない、素人っぽさが新鮮でした。素朴な人柄が画面から伝わるさわやかさは、こういっちゃあなんですが、ハーフパイプと対照的だったように思えます。

2) テレビでの露出が多い
日本のチームが競技をしている時間が、とても長い。一回の試合で何時間もかけて、それを何日もやるので、とても長い時間テレビに映っています。これだけ騒いだフィギィアスケートでも数分の競技時間が2回あるだけですし、他の競技も殆どが、一瞬のうちに終わってしまいます。おまけに、他の競技では、ゴーグルをしていたりして、顔がよく見えないのですが、カーリングは、競技中の真剣な顔が正面から映ります。勝った負けたといいながら、毎日何時間も真剣な顔を正面から見ると、お茶の間の視聴者も自然に顔と名前を覚えて共感します。この一週間でルールを覚えた人も多いのではないでしょうか。きっとカーリングのテレビゲームがでるでしょうね。

3) 日本人が好きそうなゲーム
飛んだりはねたり瞬発力を競う競技は、どうも日本人に分が悪いようですが、カーリングは、忍耐と努力と作戦で頑張れそうで、いかにも日本人好みです。実際、体力はあまり必要ないようで、対戦相手の選手をみていると、おばさん(失礼!)が多く、若い日本の選手なら、あと3,4回オリンピックに出られるんじゃないかと期待してしまいます。

蛇足するなら、僕のようなサラリーマンには、あの氷の上をほうきで掃く姿がなんとも心にしみいります。さして方角が変わるわけでもないのですが、せっせせっせと箒ではいて、少しでもよい方向に進ませようとするけなげな姿に、せつなさが少し混じった共感を覚えます。

さて、明日も元気に電車に乗って、ほうき掃きに行きますか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 晒されてない真実!?

    Excerpt: 堀○モンの再逮捕裏側!晒しまくれ!成功の影に隠れる裏の顔…こんな事もやっていたハズだ!今や安定期を迎え始めたIT業界。しかし業界を震撼させる闇の部分が晒されていない。成功者と呼ばれるID革命男児達の知.. Weblog: IT業界を震撼させる号外NEWS racked: 2006-02-23 23:15
  • カーリング:札幌や首都圏の協会に問い合わせが殺到

    Excerpt:  また東京都カーリング協会のホームページにもアクセスが殺到。01年の開設から5年間で約10万件だったアクセス数は、2月だけで約15万件に達した。スケートリンクを借り、月1~2回開く初心者向け教室には、.. Weblog: 関東佐藤組 racked: 2006-02-23 23:41