ネット囲碁

思い立って囲碁を始めました。三日坊主に終わるかもしれませんが、老後のボケ防止対策を今から準備しようという壮大な計画です。実力は、小学生の頃に親戚や家族と少し打ったことがありルールを知っている程度で、この30年で5局も打っていないと思います。それでも、まずは形からと、パンダネットというネット囲碁に入会して、一年分の会費を払ってしまいました。パンダネットには、自分の実力を6級として自己申告しました。

パンダネットというのは、海外からの人も含めアクセス会員20万人、登録会員5万人を誇る巨大ネット囲碁サイトです。常に300局から600局の対局がされています。パンダネット内の段級位があり、それに基づいて、対戦相手を決定し対局が始まります。3回対局しましたが、3回ともすぐ対局相手が見つかりました。そのうち一回の対戦相手は、カナダの人でした。楽しいです。ただ、持ち時間制があるので、対局に必死で対戦相手とチャットで会話がはずむということは、ないですね。

また、観戦するだけなら無料というのもいいです。プロの人もエクシビジョン的に対局しています。僕のような初心者には、プロの囲碁は、意味がよく分からないですが、同じレベルの人の囲碁を見ていると、とても面白いです。大きな石がゴロっと死んで、どうして投げないのかなあと思ってみていると、今度は、大きな石をゴロっと殺して逆転したりして、ハラハラドキドキが続きます。

今は、自己申告に基づいており「6級仮」という仮の級位です。今後の20局の結果によって、パンダネット内の級位を確定してもらいます。実戦を、見て打つだけでは、なかなか実力は、伸びないでしょうから、定石とかを覚えなければならないでしょうね。ものぐさで記憶力の悪い僕にできる、よい方法があれば教えてください。そうそう、今後、囲碁の話がこのブログででてこないようなら、3日坊主で続けていないと思ってくださいね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

らくちん
2009年09月15日 22:10
へっぽこさん、コメントありがとうございます。今は、ネット囲碁もしていません。石倉さんの本を読んで、パソコンソフト相手に少しやっている程度です。そろそろネット囲碁に再参入をしようかと思い始めています。
へっぽこ
2009年09月15日 18:33
囲碁ブログ健作から辿り着きました。
その後が記されているならよいのですが。

今も打たれていると嬉しいな。

この記事へのトラックバック

  • ネット碁

    Excerpt: だいぶ以前、というかインターネットが家庭で接続できるようになったときからですが、ネット碁を続けています。 このとき、これで好きな時に家で、碁や将棋・麻雀の対局ができると思った人は多かったと思いま.. Weblog: 3度目の会社設立blog racked: 2006-09-20 07:38