らくちんのつれづれ暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 家内と主人

<<   作成日時 : 2017/02/04 22:44   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「家内」と「主人」、言い方かえませんか。妻は、ずっと家の中にいなくても「家内」。夫は、家庭内で一番優先度低くても「主人」。今では、耳にするたびに違和を覚える言葉です。誰かいい言葉を、考えてほしいものです。関西でいう「つれ」は、そこそこいい線いっていると思いますが、どうも品がない。

夫婦が、第三者に対して、パートナーを指すとき、いいまわしとして一番無難なのは、「家内」と「主人」です。法律上は、「妻」と「夫」でしょうが、口語において、「わたしの妻」というのは、珍しい。

しかし、今どき、仕事を持っていて家の内にそんなにいない「家内」もたくさんいます。専業主婦でも、様々なコミュニティに属し、忙しく外出している「家内」もたくさんいます。定年退職していつも家の内にいる「主人」よりも家の外に出歩いている「家内」も多いのではないでしょうか。

また、「主人」という言葉は、それだけで奇異に聞こえます。メイド喫茶じゃないんだから... 

男の身としても、「主人」と言われるほど自分の意見が家庭内で通ったりしないじゃないと、いいたくもなります。

それでは、何と言えばいいかが難しい。第三者に対して「うちの奥さんが…」と話す人もいますが、これは身内に対して尊敬した言葉をつけて、第三者に話しているようで、どうもおかしい。

「うちのかみさん」と「うちのだんな」というのは、けっこう使われていると思います。しかし、これは、相当くだけた、ざっくばらんな席でないと使いにくいでしょう。

関西では、「つれ(連れ)」とよくいいます。これは、「妻」にも「夫」にも使えて便利です。LGBTの方にも、すんなり受け入れてもらえそうです。ただし、関西では、いつもつるんでいる同性の親友にも使うので、ちょっとややこしい。そしてなにより、関西弁特有の「品のなさ」があからさまにでていて、関西以外の人が使うには、抵抗感あるでしょう。

誰か、いい言葉を考えてほしいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
家内と主人 らくちんのつれづれ暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる