アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
らくちんのつれづれ暮らし
ブログ紹介
講談社現代新書「ビジネスをつくる仕事」ご参照ください。広告は、ブロバイダーのもので、らくちんの収入にはなっていません。コメントは、らくちんの独断にて削除する可能性があります。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
働き方の改革への一提案
働き方の改革の一つとして、シニアの転職促進をあげてみました。(ココ)なんだか自虐ネタっぽいですが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/24 23:01
台風の行列
台風の行列 次から次への台風が来ます。朝の通勤時に駅のプラットフォームに並ぶ僕たちサラリーマンみたい。9月も暑いと予報していたのに、むしろ寒いくらい。なんて言っていたら、こらから暑くなるとのこと。写真は、今月初めに飛行機からとった入道雲です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/22 22:06
承認欲求と成長欲求
人に認めてもらいたいという承認欲求(他者承認)。自分が成長している実感を得たいという成長欲求。どちらも、過剰になると本人に不幸をもたらすけれど、決してなくならないし、なくなると困る。なくなると、モチベーションをもって積極的に生きることができなくなってしまう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/18 23:50
創造性至上主義
「私はクリテーティブではない」と書き出す、日経にのった「「創造至上主義」の病はもういらない」という記事がおもしろい。(9月14日、FTの記事翻訳、ココ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/14 22:12
真田丸の関ケ原
今日の真田丸は、関ヶ原の合戦がでてきた。といっても、簡単な説明だけで、2シーン合計50秒ほど。チャンバラのシーンもほとんどない。大河ドラマ史上、最短の関ケ原の描写ではないかしらん。確かに、参加していなかった人にとっては、「あれ、もう終わったの」といった感覚だったのだろうなあと思わせた。脚本の三谷幸喜氏の引き出しの多さに舌を巻きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/11 23:40
吉田茂とトランプ
ふと気づいたんですが、トランプの政策は、吉田茂の政策と奇妙な一致がありますね。同盟国の負担により、安全保障の自国の負担を軽減する。それで浮いた資金と人材を経済に投入して、経済成長を目指す。それにより、国の威信を回復する。もちろん、置かれている環境が違うので、この政策に対する外からの評価は、正反対です。超大国のアメリカが、敗戦直後の日本と同じ政策をとろうとするのは、間違いでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/05 22:46
「スウェーデン・モデル」岡澤 憲芙 斉藤 弥生著
日本と同様に、数度の経済危機、人口減少、高齢化の課題をもち、それを日本とは異なる方法で解決し、豊かで高福祉の工業国家を成立させたスウェーデンの社会・制度の紹介。大変参考になる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/31 00:26
「かわいい」ロボットの本質
消費者向けロボットの開発がブームだ。そのロボットの購入のブームは、未だのようだけれど。だれもかれも、AIやインターネット空間の大量のデータを活用する最新技術のロボットを競って開発している。しかし、消費者が望んでいる「かわいい」ロボットは、その技術開発の延長先にあるのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/28 22:08
エラの理由
転職した先の会社の近くの歯医者に行った。前の歯医者さんでどうも不安だったところを、ことごとく言い当ててくれたので、かえって安心した。その説明の途中で、先生が「噛みしめる力がすごく強いです。」と言う。「え?それなら、それがエラの原因ですか。」「そ、そ、そうです。そうです。だから、こんなに筋肉がついています。」「なるほど!!」長年のわが身の謎が解けてとても嬉しい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/24 22:40
「コンビニ人間」村田沙耶香
名作だと感じました。現代のグリム童話。そう、角のとれた子供むけの優しいグリム童話ではなく、肉をえぐるような怖ろしい原典のグリム童話。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/20 17:15
「財務省はなぜ負け続けるのか」文芸春秋9月号
財務省がこの30年進めてきた経済政策の失敗とその背景を書いた文が、BJに掲載された。(ココ)この記事掲載とほぼ同時に発売された文藝春秋9月号に、グループMOF研の著者名で、「財務省はなぜ負け続けるのか」という文章が掲載されているので少し驚いた。もちろん、僕は、文芸春秋の記事の著者もその背景も知らない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/12 22:09
イケメンGO!
女子が、街ゆくイケメンを、スワイプしてゲット!なんて、アプリができれば流行るのでは。と、妄想していたら、既に、ネット上ではつぶやかれてました。(ココなど) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/07 10:42
シニアの転職と小池都知事
小池さんの思い切りのよい姿勢をみてふと思ったのですが、レベルは天と地ほどもちがうものの、シニアの転職という点では、共感できるものがあるなあと。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/02 23:40
都知事選とメディアの多様性
選挙の前、飲み屋では、都民はなんだか肩身が狭かったです。千葉や神奈川の人から、「誰にするの?どれもぱっとしないから、難しいでしょ?」なんて顔を覗き込まれても、困るのでありまする。こうなっちゃった原因の一つは、八つ当たり気味ですが、メディアの非難のスタイルがあまりに画一的だからではないでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/31 20:39
「長考力1000手先を読む技術」佐藤康光
将棋を全く知らない人でも、面白く読めます。(ココ)ほとんど芸術的ともいえる独創的な新手を、次々と生み出す天才棋士の発想法が、実に平易に語られています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/27 00:11
トランプ候補
トランプ候補が決まった共和党大会。面白いコメントを二つ。一つは、かんべいさんこと吉崎さん(ココ)の共和党綱領についてのコメント「まあ、賭けてもいいですが、トランプさんご本人は読んでいないでしょう。」これには、笑いました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/23 22:28
地震に文春砲
関東で震度4の地震が3回続いたと思いきや、今度は、都知事候補者のスキャンダルで文春砲。内容は震度4くらいかなと思えど、地盤も担ぐ人も担がれる人もなんだか弱そう。大丈夫かいな。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/20 23:15
ザイムショノミクスの蹉跌
結果からみれば、1985年のプラザ合意以来、大蔵省・財務省が主導してきたこの30年の経済政策が失敗だった。ザイムショノミクスの蹉跌だ。これだけ悪い実績が積みあがると、これから財務省の主導する政策に乗るのは、政治家も国民も蛮勇がいる。アベノミクスは、つまるところ、反ザイムショノミクスだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/18 00:04
海は空をうつす
能登の海をみていて思いました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/13 21:40
出口調査
今日、参議院選の投票所にいったら、某新聞社が出口調査をしていました。かねがね「ほんまにやっとるんかいな。みたことないぞ。」と、思っていたのですが、本当にやってました。ちょっとびっくりですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/10 20:53

続きを見る

トップへ

月別リンク

らくちんのつれづれ暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる