アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
らくちんのつれづれ暮らし
ブログ紹介
講談社現代新書「ビジネスをつくる仕事」ご参照ください。広告は、ブロバイダーのもので、らくちんの収入にはなっていません。コメントは、らくちんの独断にて削除する可能性があります。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ユニーク家電のアイデア
2009年にこのブログで(ココ)、「完璧なトースター」と「家庭用コーヒー豆焙煎機」というアイデアをだしました。すると、このブログを見ていないでしょうけれど、バルミューダ―が2015年6月に「究極のトースター」を発売し、大ヒットとなりました。(ココ)そして、今度は、パナソニックが、家庭用コーヒー豆焙煎機を発売します。(ココ)調子にのって、今回、「局所加湿器」というアイデアださせてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/22 15:36
北欧の無電柱化
コペンハーゲンに住んでいる日本人の友人の家を訪ねたとき(ココ)、デンマークでは無電柱化が進んでいるせいで、やたらと道路工事が多いと嘆いていた。ちょっとした電気工事でも、道路を通行止めにして掘り起こして工事する。デメリットもあるよと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/18 21:58
デュッセルドルフの穴場
デュッセルドルフの穴場 仕事などで立ち寄り、デュセルドルフを数時間で見て回るためのご案内です。もっと時間がない場合は、下の「お土産」のところだけでも見てください。この町は、観光では目立ちませんが、日系企業の拠点が多い中核都市ですので出張で行かれる方も多いと思います。そういう意味では、「ドイツ観光の穴場」ともいえます。現地駐在している友人に教えてもらいました。このブログの「屋久島の穴場」「金沢の穴場」に続くものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/14 12:40
良い年を
2017年は、日本の人には、良い年になるのではないだろうか。何事も肯定的語るとバカっぽく見えるし、否定的に語ると賢そうにみえる。だから、メディアでは、みんな今年の情勢について否定的に語る。やれ、米、欧、中の政治と政策の不安定が心配だと。でも、それは、日本が安定しているということだ。そうであれば、その幸せを味わいながら、対応を考えればいい。楽観的過ぎるだろうか。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/03 21:03
「気づいたら先頭に立っていた日本経済」吉崎達彦
経済の中心は、パンよりサーカスとする「遊民経済学」を軽妙洒脱な名調子で明るく語る。カジノ、ツーリズム、ゲーム、ラーメン、果ては、水木しげるにお葬式。(ココ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/28 15:13
デンマーク市民にとっての移民
デンマーク人と結婚して25年、コペンハーゲン近郊に住む旧友のお宅にお邪魔し、移民の話、北欧の積極的労働政策の実際などおしゃべりしてきました。今回は、移民・難民編。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/25 12:53
頑張らなくていいよう
人との関係がややこしくなって、悩む友人がいました。日ごろからその人のしなやかな強さに感心したり、うらやましかったりしていました。そんな友人なのに、いつになくへこんでいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/15 22:21
スウェーデン人は、めめしい?
日本の居酒屋で、がたいのでかいスウェーデン男5人と飲んでいたら、「スウェーデン人って女々しいんだよ」と声を揃えて言われてめんくらった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/11 10:43
21世紀の二極化
20世紀に「二極化」というと、国際政治における、米ソを頂点とする西側と東側の分離と対立を意味した。21世紀の今、「二極化」というと、国内経済における、豊かな層と貧しい層の分離と対立を意味している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/04 16:08
ヤンテの掟(Jantelagen)
北欧版「十戒」ともいえる「ヤンテの掟」というのがあります。スェーデン人と会ったとき、”Law of Jante”と一言いうだけで、みんな満面の笑みになって「あれは、ほんと、ほんと」、「お前よく知っているな」と言って場が和む鉄板ネタです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/27 21:31
安定した公共事業量
11月22日の「エコノミスト」に、「企業の生産性向上にも公共事業量の乱高下は禁物」との記事がでています。国交省の役人のグループが私的な意見として、公共事業は、増やせばいいというものではなく、なによりも明示した計画通りに増減を少なく安定的に行うのが大事と言っています。役人こそが、大局小局ともに現実を最もよく知っているのだから、こういう、組織と離れた私的な意見をどんどん出していって欲しいですね。尚、このグループの一部は、らくちんの知人ですので、今日は、ちょっと身内の宣伝がはいっています。(次の更新は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/19 23:30
トランプ支持層
BJの連載が掲載されました。(ココ) この記事に出てくる郡ごとに、共和党と民主党が勝ったところを、赤と青に塗り分けた地図は、面白いですよ。ミシガン大学のHPにあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/17 22:22
ビジネスマン故か
トランプ報道で気になるのは、メディアの論客が、「トランプさんは、ビジネスマンだから、選挙戦で言っていたことを、大統領になれば変えるに違いない」という論調です。ビジネスマンがバカにされているようで、どうもひっかかります。それは、トランプさんが、メディアの人だからで、ビジネスマン故ではないでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/13 11:35
トランプ氏の勝利
僕はテキサスに9か月住んだことがある。今回の大統領選前後に日本のメディアにでてくる評論家で、アメリカ中西部・南部の共和党支持基盤「レッド州」に住んだことのある人は、どれだけいるのだろうか。トランプが攻撃しているシリコンバレー、ニューヨーク、ワシントンのアメリカ人しか知らない人は、トランプを支持する人々のイメージを、実感をもって伝えられなかったように感じる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/10 23:29
日銀の敗戦処理
日銀は、11月1日に、インフレ目標2%の達成時期を黒田総裁の任期後の「2018年度頃」として、事実上の「敗北宣言」を行った。そもそも、「期待」に訴えるはずのインフレターゲット政策が「敗北宣言」と受け止められてしまったなら、既に効果は期待できない。いっそ、目標をインフレから雇用の質と量に変更すればいいのにと思う。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/06 19:38
民主主義のリーダーが嫌米になるわけ
BJの連載が掲載されました。(ココ)かなり前に入稿していたのですが、事態の進行がそれほどはずれてなくてよかったです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/03 21:25
「住友銀行秘史」國重惇史
最初は、結構驚きながら読みましたが、後半は流して斜め読みしてしまいました。(ココ)それは、この本が、イトマン事件について、あんなひどい事件が起こった経緯と理由ではなく、あの事件が世間に明るみになった経緯を説明しているからです。ジャーナリスト以外の一般の人にとっては、どのように明るみになったかよりもなぜ起こったかの方が大事です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/30 21:28
ドゥテルテ大統領
フィリピンのドゥテルテ大統領が「米国とは別れた」と中国で発言しました。民主化が進んだ国で民衆の人気の高いリーダーは、どうも反米・嫌米になるようです。このブログで5年前に書いた記事を思い出しました。(ココ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/26 23:09
「乱流」秋田浩之
面白いです。(ココ)副題通り、「米中日安全保障三国志」です。最近僕が思っているところでは、国際的なビジネスをするときには、安全保障を見る目を持っておいた方がいいです。国内のビジネスで成功体験がある人が、海外のビジネスに乗り出して5年程すると、失敗することがあります。それは、安全保障を見る目がないからではないかと。海外のビジネスでは、地政学的リスクとか、カントリーリスクとかを遠因として、思わぬ大きな損失や、ブランドを毀損する事件が起こったりします。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/23 23:05
講談社BOOK倶楽部
今日の講談社BOOKクラブ(ココ)に、「ビジネスをつくる仕事」の書評がでました。 発効後3年も経っているのに書いていただいて、ありがたいことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/18 21:59

続きを見る

トップへ

月別リンク

らくちんのつれづれ暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる