らくちんのつれづれ暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 「光の館」の管理人の南雲さん

<<   作成日時 : 2016/06/06 14:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

光の館」(ジェームズ・タレル作)に行ったときに(ココご参照)、管理人の南雲さんから聞いたお話をご紹介します。

「光の館」を10年以上ずっと管理をしています。アートなんて何にも知らなくて、最初は、屋根が移動して部屋から空が見えるんだ程度に思っていました。でも、今では、この施設が大好きです。今でも、毎日のように新しい発見があります。

例えば、アウトサイドインの部屋の真ん中にあるお茶の釜に青空と雲が映っていたんです。下手ですけれど私の撮った写真をみてください。本当にきれいでした。作品の力が本当に強いんだと思います。

瀬戸内の直島にある、タレルの「南寺」にも行きました。さすがタレルさん、素晴らしい作品だと思いました。でもね、見終わった後、「私の「光の館」に今すぐ帰りたーい。」と思っちゃったんです。お休みいただいて直島まで来ているのにね。本当に好きなんです。

床、壁、柱、さんについている傷も全て覚えています。傷に気をつけて掃除しなければ、もっと傷んでしまいますからね。そうしないとちゃんとメンテナンスもできないですから。

中越地震の時も、まっさきに光の館に駆けつけました。自宅は半壊したんですけれどね。幸いお客さんに怪我がなくてよかったです。そのときのお客さんが、修復してから、また、来てくださったんですよ。こりごりだって、嫌がらずに。やっぱり作品の力が強いのだと思います。

いやな思いをしたお客さんも一人もいません。一回だけ、同泊のグループと合わないから帰りますという人がいましたけれど。それも、クレイムするでもなく、静かに帰られました。他に、お客さん同士でもめたこともありません。
[それは、南雲さんのご人徳では?]
いえいえ、作品の力が強いからだと思います。ここまで来て、タレルさんの作品をみようという人達は、みんな心がきれいなのでしょうね。

冬もきれいですよ。雪が2m以上も積もって、木々を押しふさいでいるので、とても見晴らしがいいです。雪原に、葉っぱのない木がぽつぽつ頭を出しているようにみえます。のきについたつららに日の光がキラキラあたるととてもきれいです。

夕立がまた、素晴らしいですよ。西の方に黒い雲がでてくると、私なんかわくわくしてしまいます。最初は、音が変わるんです。遠くの方から、雨が木の葉に当たる音がしてきます。その後、遠くに雨が落ちているのが線となって見えます。自分のところは、まだ、日が差しているんですけれどね。そして、黒い雲がやってきて、ものすごい雨音がして、この施設を覆いつくす。その光と音がほんとに素晴らしい。そして夕立が通り過ぎると、ほこりを流した木の葉の緑がまた美しい。

私ですか、あと2年程で引退するかもしれません。ぜひまた、お越しください。

畳の上に正座した姿が、とても端正で品がよかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「光の館」の管理人の南雲さん らくちんのつれづれ暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる