らくちんのつれづれ暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS クールタイム

<<   作成日時 : 2009/04/29 21:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

僕が6年前から主張していた高速道路料金の値下げは、実施された。(ココ)調子にのって言うと、次の選挙では、フレックスタイムの導入を政策の目玉にできないだろうか。自民党なら、「クールタイム」、民主党なら、「フレックスビズ」の名前だろうか。


小泉政権の高い人気の理由は、「構造改革路線」でもなんでもなくて、「クールビズ」だったのではないかと、ネクタイ嫌いのサラリーマンは、思ってしまう。自民党も民主党も、世襲制限とか政治資金の規制とかを政治の争点にしようとしている。こんな、永田町目線の暗い話ではなく、サラリーマン目線で、しかも、明るい話をしてもらいたいものだ。

昨年、僕は、「クールビズの次は、フレックスビズ」と題して、フレックスタイムの導入を主張している。そこでは、この政策の意義として、子育て支援策、ダイバーシティの実践、通勤地獄の解消を挙げている。

これらに加え、不況の今では、一種のワークシェアリングのスムースな導入にもつながると思う。

実施方法については、ワークシェアリングの意味も加えたので、前回の主張から若干修正したい。勤務開始時刻を、毎日、仕事の状況により変えてもいいと思う。一週間単位で、帳尻があうようにすればよしとする。というのは、不況になってきて、ルーティンの仕事は減ったけれども、急な対応が必要になったりして、サラリーマンの現場では、日によって繁閑の差が大きくなっているのではないだろうか。それを、フレックスタイムで吸収し、残業を減らすことになる。労働者としては、残業代が減るのがややつらいが、会社の業績も苦しいのだから、雇用維持を最優先に、そのあたりで、妥協してもいいように思う。

それに、最近では、ネットワークやパソコンも普及しているので、勤怠管理もそれほど難しくないだろう。

普及については、前回に書いたように、クールビスでの成功を倣い、役所、金融機関から徹底するのがいいだろう。

世襲制限とか政治資金の規制とかの話、いかにも永田町目線で、サラリーマンには、しらけた話だ。もちろん政治とカネの話は、ちゃんと正しい方向にして欲しいけれども、政治家が、申し訳なさそうにするならともかく、威張って恩着せがましくすることではない。なにより、話が出てくるだけで、腹黒いおじさんの思惑とかけひきがみえかくれするようだ。じめじめしていて、暗い。「クールタイム」以外でもいいから、もう少し明るい議論をしてもらいたいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
フレックスタイムの全面的導入による通勤混雑の平準化は、生活の質の問題ではなく、国民と国家の安全保障の観点からもこの秋までに実施されるべきかと。
高温多湿の夏が過ぎたあたりで、新型インフルエンザが牙を剥くかもしれません。すし詰め電車は、ウイルスの散布機です。
ku
2009/04/30 05:46
大賛成です。満員電車に伴う「痴漢クレーム」を全廃できるのが大きい。先進国で、満員電車を放置しているのは、日本だけである。これは、人権問題であり、鉄道会社や、政治家、役人による共同責任である。
snowbees
2009/05/02 07:48
次のテーマは、日本に特有の「連休」*と、それによる国民の「不自由」と経済的損失について、取上げてください。*は、そもそも石川県ー旅館組合ー自民党最大派閥(旧森派・町村派)が推進したと聞く。
snowbees
2009/05/02 11:22
kuさん、snowbeesさん、コメントありがとうございます。そうそう、インフルエンザ対策にもなると書こうと思っていてすっぽり抜けてしまっていました。ありがとうございます。インフルエンザ対策、痴漢対策、痴漢冤罪対策にもきっと大きな効果がありますよね。
らくちん
2009/05/02 17:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
クールタイム らくちんのつれづれ暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる