テーマ:医学

新型コロナウイルスの変異株614G

○新型コロナウイルス、昨年末、中国武漢で、614D型:武官型が発生。2月下旬に、ヨーロッパで、614G型:ヨーロッパ型に変異した。感染力では、614Gの方が強い。 ○世界レベルで見て,614Gは、3月1日では10%のみだが,3月末には67%,5月末には78%にまで増加。日本でも、2月はすべて614 D型だったが,3月以降は614G…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「攻撃」から「癒し」への変化

〇医学において、これまで、ウイルスと戦う「攻撃型」の免疫が研究・活用されてきた。今、組織や筋肉を再生する「癒し型」の免疫が、注目されている(日経・挑戦者たち 7月1日)。経済においても、これまで、GE、GMなどの消費者への売上の攻撃型事業が賞賛された。今、FANGなどの「癒し型」の企業が注目されている。 〇FANG(フェイスブック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナでの医療系の情報

〇新型コロナに必死で対応している医療の人たちに感謝です。医療系の有益な情報を次にあげてみました。(テレビやネットで、一部の人が、医療や行政に批判ばかりするのは、社会にとって無益だと思います。) 〇BCGと新型コロナ 「コロナウイルスへの効果は?BCGは国ごとに接種率、種類の違い。」 日本株の前期分与株(ハンコタイプ)は、重症化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ対応に「リモート」!医療・教育・仕事・売買

〇新型コロナウイルス対応で、不要不急の外出自粛要請がでて、夫婦、老人、子供の家族みんなが、医療・教育・仕事・購買で困っている。この生活すべてを回復するため、リモート:遠隔サービスを、家族、企業、政府が協力して拡大してほしい!これらは、コロナ解決後も、経済成長・社会改善に役立つだろう。 〇医療:リモート診察 病院、クリニックの診察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本が新型コロナから世界を救う

〇30年前に日本で、急性膵(すい)炎の治療で開発された既存薬剤「ナファモスタット」(商品名「フサン」)が、新型コロナウイルス感染阻止する可能性があると、3月18日、東大医科学研・井上教授が発表した。(東大新聞:ココ)フサンが有効なら、日本が、世界中を新型コロナウイルスから救い出す! 〇3月初旬に、ドイツの研究者は、この既存薬剤フサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大経済学者の新型コロナ対策提言

〇伊藤元重、岩井克人などの大経済学者が、新型コロナウイルス対策の提言を、昨日、東京財団でだした。(ココ) 〇基本的な原則 1.感染拡大の抑止 2.短期的な経済的インパクト(所得の減少と流動性の不足)の軽減 3.長期的な産業構造変化の促進である。 そして、消費や投資を無差別に刺激する景気対策を目的としない。 〇提言 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルス感染症

友人のKさんが、レポートの追加をしてくれました。新型コロナの特徴の簡潔な説明は、ありがたいですね。日本の医療関係者って、ひそかに世界一だと思いました。 -Kさん- 前の記事でも少し(そしてやんわり)触れたのですが、イギリス首相がはっきり言ってしまいましたので、不安に思っている方もいらっしゃるでしょう。 感染症を完全に封じ込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルスと喫煙

〇喫煙が危険因子として最も高いという発表がでました。友人(高校の同級生)の医師たちのレポートをそのままコピーしました。 -Kさん- 〇治療のターゲットを示唆する重要な論文です。また、喫煙や高血圧がリスクファクターとなる根拠ともなります。これ読むと、人が密集する喫煙所の閉鎖も必要だと思えてきます。 https://www.s…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more