テーマ:お笑い

関西サバイバル講座

BJの連載「ビジネスのホント」で、関西サバイバル講座について掲載されました。(ココ)本ブログの読者には、おなじみのネタですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子高生のスマホ生活

これは、遠い星から来た異星人の生活様式ですね。東洋経済の「女子高生の恋愛のゴールが「LINE通話」なワケ」という記事がすごい。ココ  この連載は、毎度、目を丸くして驚くことばかりです。映画「メッセージ」の異星人との会話を見ているようです。(映画みてないけど) いや、こちらが時代に取り残された異星人なのでしょうね。「この星の人達は…」とつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家内と主人

「家内」と「主人」、言い方かえませんか。妻は、ずっと家の中にいなくても「家内」。夫は、家庭内で一番優先度低くても「主人」。今では、耳にするたびに違和を覚える言葉です。誰かいい言葉を、考えてほしいものです。関西でいう「つれ」は、そこそこいい線いっていると思いますが、どうも品がない。 夫婦が、第三者に対して、パートナーを指すとき、いい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エラの理由

転職した先の会社の近くの歯医者に行った。前の歯医者さんでどうも不安だったところを、ことごとく言い当ててくれたので、かえって安心した。その説明の途中で、先生が「噛みしめる力がすごく強いです。」と言う。「え?それなら、それがエラの原因ですか。」「そ、そ、そうです。そうです。だから、こんなに筋肉がついています。」「なるほど!!」長年のわが身の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イケメンGO!

女子が、街ゆくイケメンを、スワイプしてゲット!なんて、アプリができれば流行るのでは。と、妄想していたら、既に、ネット上ではつぶやかれてました。(ココなど) 最初は、「肉食系女子」がターゲットユーザーと考えていました。しかし、考え直してみると、自分からイケメンに声をかけるほど肉食ではないが、イケメンは好きという、乙女がターゲットユー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震に文春砲

関東で震度4の地震が3回続いたと思いきや、今度は、都知事候補者のスキャンダルで文春砲。内容は震度4くらいかなと思えど、地盤も担ぐ人も担がれる人もなんだか弱そう。大丈夫かいな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギターがヴォーカルやってんだよ

最寄駅から自宅への帰り道に、ショットバーに立ち寄った。カウンターには、一人で来ている客が三人。ラムのロックを頼む。「お水もたくさんね」と。情けないけど、おじさんだから。 セミプロのミュージシャンのマスターが、お客の一人に話しているのが聞こえる。 「うちは、ギターが仕方なしにヴォーカルやってんだよ。ヴォーカルがギターやってんじゃな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプを歓迎するイタリア人

イタリア人が、トランプ氏の勝利を祈っているという。だって、これまでイタリア人は、世界中どこに行っても、「よくもまあ、あんな変なリーダーを選ぶよね。」とベルルスコーニをねたにバカにされていた。これからは、アメリカ人が真っ先にバカにされてくれるだろうと。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつむき族

うつむき族は、いつも猫背でうつむいている。座っていても、立っていても、歩いていても。虚ろな目で、小さい字を読むのに寄せた目で、ゲームに勝つために苛立った目で、うつむいている。上を向いて歩こうよ。ずっとスマホを見ていると飽きないかい。 エレベーターの中で、サラリーマンがスマホしている。あのお、あなたのスマホが首筋に当たって気持ち悪い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間の月齢センサー

前回、睡眠時間が月の満ち欠けと相関があるという研究を紹介した。その話について、あれこれ自分の頭の中で妄想が広がってしまって、収拾がつかなくなっている。例えば、月齢をもとに、ある商品の販売予測ができるとすると、経済的なインパクトも大きいのではないだろうか。 まず、情報源の実験について調べると、2013年にスイスの研究者が行った実験結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新国立競技場と森元首相

新国立競技場の二つのデザインが公開された。五輪組織員会会長の森元首相は、「B案がいい」と相変わらず失言モード。ここまでくると、森さんがB案というと、国民はA案と言って、A案に決まるだろうという、森さんの自虐的深慮遠謀に思えてくる。 2005年の小泉首相の「郵政解散」の直前に、森元首相が小泉首相と会談した後、「干からびたチーズを出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワロタ

ネットで、「・・・ワロタ」といタイトルや書き込みをよくみかけます。慣れないけれども、僕が今日体験したことを「ワロタ」を使って書いてみます。 今日、電車で横に座った初老の西洋人紳士が、スマホで熱心にLINEをやっていた。のぞいちゃったら、もちろん英語だが、スタンプ使いまくっていてワロタ。 くだけた文の中に、硬い「だが」なんかを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地方アイドルと地方創生

新潟発アイドルねぎっこ(Negicco)について、地方創生の視点を加えて、BJにも載せています。(ココ)タイトルは、よくないと思いますが...
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しみぬき

先日、クリーニング屋さんで受け取りをしていると、おじいさんが入って来て、「こちらは、しみぬきできますか。」と。スタッフは、「はい、やっています。お預かりして、できなかった場合はお返しします。料金は、大きさによります。」すると、おじいさんは、自分が今はいているズボンの太ももあたりをさして、「これなんですが」。「それだと、1000円くらいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完璧なトースターの実現

バルミューダから最高の香りと食感を実現する「究極のトースター」が発売される。(ココ)僕は、2009年12月にこのブログで「完璧なトースター」と題して、この商品アイデアをだしていた。(ココ)実現してくれて本当にうれしい。(この記事もご参照)でも、ちょっと高くて買えない... ブログの同じ記事で、「家庭用コーヒー焙煎機」の提案もしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥獣戯画展

鳥獣戯画展に行ってきました。(ココ)大変な人気で、平日の朝から行っても見るまで2時間くらいかかります。お客のほとんどのシニアの方は、大変疲れたと思います。元気というか熱心というか。絵巻物に書かれたうさぎやかえるが、飛んだり跳ねたりしながら横に横にストーリーが進むのは、スパーマリオの横スクロールに共通する躍動感がありました。 そうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュースZAP

超マイナーなニュース番組が面白い。BSスカパーで17:55~20:00にやっているニュースZAPだ。(ココ)BBC、CNN、日経の情報量の多いニュースを流しつつ、軽快に笑い飛ばしながら、濃いキャラクターの人が深く掘り下げてコメントする。因みに無料だ。 今日の冒頭は、キャスターが「速報です」と切り出し、自宅のマンションの上の階から水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理容師と美容師

散髪に行って美容師と理容師の違いについて話しました。これがほんとの床屋談義です。お客さんにとっては、髭剃りができるかどうか以外はほとんど違いがないそうです。ただ、何十年の美容師キャリアで一度だけ、角刈りをリクエストされたことがあり、大変苦労して角刈りを完遂したとのことです。「知っていますか。角刈りって、頭のてっぺんが平らなんです。」と話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内容のない、素晴らしいプレゼンテーション

TEDで、内容がないことをテーマにしたプレゼンテーションがされました。センスいいですよねえ。ココ 有名な言い争いを思い出しました。 脚本家と役者さんがレストランで食事していたときに言い争いになりました。 役者さんは、お客さんに感動を与えているのは脚本家でなくて役者だといいます。 脚本家は、脚本が無ければ役者なんて何もできない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

たけのこ族

原宿ファッションの高校生と僕と同年代の男性の会話。「私たち、80年代ってあこがれがあるんですよ。」「ほんとう?うれしいな。」「そのころから原宿は国際的だったんですよね。」「え?たとえば?」「たけのこ民族っていうのがいたと聞いています。」「・・・・」 「いやいや、たけのこ族のことだよね。たけのこ族は、カラフルな服を着て輪になって踊る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吊革スマホ

王様のアイデアならぬ、小市民のアイデアです。電車の吊革につかまっている手の親指か腕時計にひっかけて、スマホをぶら下げる道具はないかしらん。吊革を持った左手にひっかけて手首の下あたりにスマホ押し付け、右手で操作するんです。 電車の中で立ってスマホを操作しようとすると、どうしても吊革から手が離れて、しっかりと立てません。ガタンと揺れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のオフィスはエコじゃない?

最近、中国勤務から帰ってきた友人が、日本のお手洗いは、臭わないのがすごいと感心していた。 北京では、国営企業に出向して立派なオフィスにいたのだけれど、やはり当然のように、お手洗いは、匂っていた。 日本に戻ってきて、新しいオフィスでの勝手がわからず、お手洗いの場所も廊下で人に聞いてようやくたどりついた。近くまで来ていたのに、臭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘンなウィルスとくすり

頭が悪くなるウィルス、まつげが伸びるくすり、背が伸びるくすり。ちょっとほんまかいなという小ネタを三つ紹介します。 ○ 頭が悪くなるウィルス  人間の脳に感染して、認知能力を10%低下させるウィルスがみつかりました。ココご参照。しかも、調べたグループでは、44%の人がすでに感染していました。でもそれ以外の害は、見つかっていないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬と猫とどちらが強いか

立ち飲みバーで、初老の客がマスターに話している。犬と猫を一緒にかっているのですよ。ほお、何万年も一緒に人の近くにいたのだから、意外と仲がいいのでは。それがねえ。相性悪くて、けんかになるんです。へええ、そうか室内犬ならサイズもそう違わないし、けんかになるんですね。で、犬と猫とどちらが強いんですか?カウンターの飲み客がみんな耳をそばだてる。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

渋谷のハロウィン

10月31日(木)に渋谷で飲んだ後、店からでてびっくり。仮装の若者がセンター街にあふれています。(たとえばココ参照)朝の通勤時の電車のホームのように混雑して、そのほとんどが仮装している若者です。サラリーマンルックのおじさんなんて僕以外に見かけず、まちがいなく魔女の方が多い。超レアなサラリーマンコスプレしてしまいました。不思議なお祭りが流…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

胸ポケ

ニューヨークのいけてる男たちは、胸ポケットのないシャツを着る。 ネットの記事によると(たとえばココ)、昨年10月30日にマジソン街に出店した「鎌倉シャツNY」は、胸にポケットがあることを理由にシャツを買わないで店を出て行くアメリカ人の客が3割から4割もいた。そこで、ニューヨーク向けシャツのスペックを大幅に方向転換して胸からポケット…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ナスレッディン・ホジャ(ナスルディン)の小話

以前にこのブログでトルコの小話について書いたところ(ココ)、もう絶版になっているその邦訳本「ナスレッディン・ホジャ202小話集」を知り合いが貸して下さった。Wikipediaでは、「ナスレッディン・ホジャ」と表記されている。 僕が面白いと思ったものを幾つか紹介してみよう。 ○ 他人の口 ホジャは、息子と旅に出ていた。息子を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

七條のエビフライ

名店として有名な神保町の洋食屋さん七條が、神田・小川町の方に移転した。(ココ)早速、行ってみました。ああ、このエビフライ。ほっぺたがえらと一緒に落ちそう。 ふと隣をみると、まじめそうなサラリーマンが一人で定番のミックスフライを食べている。お仲間ですねと親近感もわく。 食べ進んでちらとお隣をみると、エビフライには、全く手つかず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

左手マウス

健康のために左手でマウスを操作するといいと聞きました。なるほどね。僕が最近右肩だけがこるのは、マウスの操作のせいだと思います。スパイダーソリティアが特にいけない。左手で使えばいいんですね。左手だとなかなか自分の思うようにならないので、「なにぐずぐずしてるんだ」と人に言う気になれず、やさしくなれるとのことでした。お互いにとってよいことです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more