テーマ:ビジネス

人工知能(AI)のバイブル

〇AI先駆者23人との対話「人口知能のアーキテクトたち」マーティン・フォード著、松尾豊 監訳。キリスト教でパウロなどの14人の使徒の言動を示す聖書のよう。面白くて、役に立つ、約30ページ/人×23人で677ページの本。 〇2019年に、コンピューターサイエンス分野のノーベル賞「チューリング賞」を受賞した、AIのカナダ3偉人ジェフリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超小型人工衛星とデジタル教育

〇このブログの1月13日「小さな衛星で大きな宇宙を革新 2」で紹介した、キャノン、アクセルスペースの、衛星打ち上げを、今日1月18日の日経が報道した。このブログで数回紹介した趙孟佑教授は、この記事のキャノンをサポートしている。同じ日の日経の@EDGEで、AI学習を提供するアマプラスの稲田社長を報道していた。これも、このブログで数回紹介し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日中:軍事で対抗、経済で協調

〇米中衝突が、日々激しくなっていく。前5世紀ギリシャで、軍事的覇権を握るスパルタと、経済大国として台頭したアテネとのペロポネソス戦争を、世界中の知識人が思い出す。アテネとスパルタの間にいて、右往左往したコリンタスやテーバが、今の日本だと、FTなどのメディアがひっそり示す。ちなみに、前429年、アテネ城内に伝染病が蔓延した。 〇ハー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな衛星で大きな宇宙を革新

〇超小型人工衛星のリーダー3人による、「一貫性」と「多様性」の会談がありました。(ココ)九州工大の趙孟佑教授、アクセルスペース社の中村社長、ウミトロン社の藤原社長。「多様性」の後編は1月上旬でしょう。 〇約40年前、同級生の(青木)孟佑さんは、高校の文化祭を一緒にしながら、「将来、人工衛星を打ち上げる」と言っていました。趙孟佑教授…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワイズカンパニー」野中郁次郎・竹内弘高著

〇実践知でイノベーションを持続する。リアルの行動に役立つ、知恵の経営モデルに共感しました。(ココ) 〇今の経済では、大は小に勝てず、強さは機敏さに勝てない。理想と現実、変化と安定、形式知と暗黙知、アナログとデジタル、ヒエラルキーとネットワークの隔たりを埋めて二重構造を両立する。柔軟性、安定性、スピード、俊敏の向上が大切。形式知のみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在宅族

私は、平日も会社に行かない「在宅族」だ。ネットで会議にでて話し合い、メール連絡していて、それなりに働いている。とはいえ、暇になって、ネットニュースを見ていたりする。前世紀に現れた「窓際族」のよう。 昨日、久しぶりに会社に行くと、駅でも、会社でも、一カ月前よりも人が減っていた。この数週間のコロナ拡大が社会に影響をだしているのが、目に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「両利きの経営」探索と深化

スタンフォード大学経営大学院のオライリー教授とタッシュマン教授著作の、「両利きの経営」(東洋経済)。入山章栄氏と富山和彦氏の解説付き。イノベーションでは、探索と深化という、一見正反対の行動を同時にするのがよく、多様化、選択、維持を実行すべきだと。日本の会社では、富士フィルムを賞賛する。私の「一貫と多様」との共通を感じる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学と企業の衛星協力

山口大学とアクセルスペースとが、人工衛星のデータ利用で連携協定を結んだ。アクセルスペースは、来年3月に、自社開発の地球観測衛星4基を打ち上げ、既存1基と合わせて5基を運用する。公民協力、大小協力、国際協力が、多様に進む時代ですよね。(日経 山口大とアクセルスペース 衛星データ利用で連携) 参考:このブログ  人工衛星4基、同時打…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Go To 失敗

〇Go To トラベル、Go Toイート、Go Toキャンペーンが、縮小される。「Go To」政策の失敗だ。想定よりも利用する人が少ない。効果が少ない。さらに、感染を拡大した。減っても増えても、批判を受けそうな政策なので、自治体だけ、政府だけで、判断せず、責任者を不明にしながら実行し、その後、停止して、縮小する。 〇リーマンショッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の起業家TOP20

〇Forbes2021年1月で、日本の起業家TOP20があげられた。このブログで数回取り上げたatama plus稲田大輔社長もTOP20に入った。(ゼブラ企業のアタマプラス社が最優秀賞) 〇多様な5会社が、トップに入っています。 ・safie  クラウド録画サービス ・エクサウィザーズ   AI×社会課題解決 ・CAMP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工衛星4基、同時打ち上げ

アクセルスペース社が、来春、60㎝四方、100kgの超小型人工衛星を4基打ち上げる。(朝日新聞27日8面「めざせ人工衛星網」)同時に複数打ち上げるのは、国内企業で初。 26日アクセルスペース会社での記者会見で、東大教授、及び、経産省、JAXA、NASAの宇宙責任者の4名がそろって登壇し、同じフロアにある4基の現物とこの衛星網の解説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「一貫」と「多様」の新事業

〇成功する新事業は、「一貫」と「多様」の異なる二足で前に歩く。一貫して一つの方法に集中して課題を解決する。それでいて、多様な人、多様なモノとサービス、多様な文化に対応している。超小型人工衛星、ネット生命保険、大観覧車がそれを成し遂げている。 〇超小型衛星のアクセルスペース社は、一貫して100㎏以下の超小型衛星に集中して開発と運営を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JALとANAの合併

合併するべきだろう。両社ともに、赤字。今の利用客数も、必要な従業者数も、半分以下になった。新型コロナによるこれらの影響から、数年間回復しない。ならば、合併し、2社合計の従業員数を半分にして、会社の活力を維持する。それが、社会、消費者、他企業の全てに役立つ。その時反対した従業員も、数年後に思い返すと、早目に転職してよかったと思うだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼブラ企業のアタマプラス社が最優秀賞

〇アタマプラス社が、日本e-Learning大賞(最優秀賞)を、受賞しました。ゼブラ企業の代表格です。稲田社長は、テレビ東京のモーサテで、「反ユニコーンのゼブラ企業」の説明をしていました。 〇ゼブラ企業は、より良い社会の形成を第一の優先順位とし、自社の短期間成長ではなく、持続可能な成長を追求している企業の総称です。ゼブラ企業は、ユ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交通社会→透明社会

〇産業革命で交通社会が始まり、新型コロナで在宅社会に変革する。産業社会を支えた、飛行機、自動車の交通が、人工衛星、ドローン、EV(電気自動車)の無人・自動移動に変革する。食事も、レストランでなく、自宅でとる。仕事の会議も、自宅でネット会議に参加する。地球の裏側の遠くでも、そこにめったに移動しないのに、手もとのように見られる。透明社会、無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラム教+SDGs+ムガル帝国バーブル

元ライフネット生命会長、今のAPU大学長、出口さんの対談・後編が、掲載されました。(ココ)ありがたい。 21世紀、世界を変えるのは、イスラム教の合理性、現代の経済とSDGs、歴史のムガル帝国バーブル。 ご参考:APU出口治明学長の対談(9月24日)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱:終身雇用・年功序列・定年退職

〇日本は、前世紀に経済成長を支えてきた就業形態:終身雇用・年功序列・定年退職から、脱皮中だ。もう、年齢と仕事は、関係ない。今の日本は、半分脱皮している途中で、昆虫での脱皮殻の変態時のようだ。重要だけれども、みっともなくて、つらい時期。北欧のような良い経済社会に変態したい。 〇終身雇用は、制度名が残っているものの、実質的になくなりつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お台場のパレットタウンteam Lab☆

〇体験型美術館チームラボ ボーダレスに、行ってきました。感動! 光と影、立体・多彩・動きに惹かれます。 〇思い出として、スマホで撮りましたが、雑にしか撮れませんでした。ぜひ、チームラボに行ってください。 〇パレットタウンが開業した1999年頃、大観覧車について、プライベートホームページもあります。すみま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

APU出口治明学長の対談

〇元ライフネット生命保険社長、今のAPU大学の出口学長の対談が、ネットで掲載されています。(ココ) 〇出口氏は、世界中を旅し、2500年前からの歴史を知り、参考にした上で、手もとにある現実の身近な仕事を判断していく。すごいですね。 ==9月26日に追加です== 〇本日の朝日新聞の読書面「売れてる本」記事に、「還暦からの底力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古い名前の「デジタル庁」を新設?

〇菅新首相が自慢げに「デジタル庁」を新設する。世界に、ちと恥ずかしい。たとえば、首相が、「蒸気機関車から電車に革新する」と自慢げに演説するのを、新幹線内でスマホとPCで作業をしている人が聞くと、「何をいまさら」と驚くだろう。国民に、???が、たくさん。それが「デジタル庁」 〇デジタルで使うことを増やそうという意図のようだ。菅首相が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本:コロナ経済危機 ゆっくりと大きく

〇新型コロナによる日本の経済危機が来る。アメリカに比べ、ゆっくりあとから、そして、より大きく。2008年リーマン・ショックでも、アメリカがすぐに大被害を受けながらも回復する一方、日本は即時の被害が限定ながら、数カ月後から経済の長期停滞に落ち込んだ。 〇アメリカの新型コロナ患者数は、5.8百万人で、世界で最も多い。米企業の大量の人員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超小型人工衛星:世界一の大学教授

〇九州工業大学の趙孟佑教授は、超小型人工衛星の世界一の学者(JAXA記事)。趙教授が実行した人工衛星は、今までに16基。うち9基が、今も、飛行中。趙教授は、私の高校の同級生。文化祭を一緒に準備したのが懐かしい。 〇運用する小型・超小型衛星の数において、九州工大は、世界の大学・学術機関では世界1位に認定されている(ココ)。 〇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定年・定時・定期の「定」なし時代に

〇産業革命が終わり、新コロナによって、製造業に依存しない「在宅革命」がおこる。産業革命で使われた、定年退職、定時勤務、通勤定期の「定」の制度は、非効率だからと廃止になる。そうなる世界の「定」なし時代に、日本も対応すべきだろう。(新コロナ在宅革命:飲食・娯楽。輸送が半減) 〇製造業への依存度がさがった ・GDPに占める製造業の割合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新コロナ在宅革命:飲食・娯楽・輸送が半減

〇新コロナの継続により、飲食店、娯楽施設、旅客輸送などの外出向け事業の、利用客数、売上、労働者数が半減する。すべての国のGDP成長率が減になる。経済全体の制度(法制含め)、店・会社、働き方、移動、食事、交遊の全てが変革される。産業革命→在宅革命! 〇対照的に、新コロナの時に成長したのは、外出せず在宅にてネットで使う、FANG(フェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アートとビジネス

〇国際的に有名な瀬戸内国際芸術祭と越後妻有芸術祭を主導するアートフロントの北川氏・前田氏の「アートとビジネス」のオンライン講演がある(SSAPインフォセッション)。アートフロントが主導する、多くの芸術祭に行っているファンとして、大喜び! 〇アートに関するご参考 ・多様性の現代アート (北川・前田両氏を紹介する記載あり) ・ポス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙と海から世界中に現れる

人工衛星を使って、「地球上のあらゆる水産養殖に効く」ウミトロン社長藤原謙氏の記事です。(ココ) JAXA出身で、今、シンガポール、南米、北欧で活躍中です。 ご参考:「人工衛星と水産養殖」7月2日)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「還暦からの底力」出口治明著

〇出口治明著「還暦からの底力」(講談社現代新書)は、楽しく、元気をつけてくれるベストセラー本(三省堂などの多書店でNo.1新書)。出口氏は、立命館アジア太平洋大学(APU)の学長です。 〇出口氏は、日生の引退後、2006年頃、投資家の谷家衛氏から、生命保険会社創設と社長の要請を受けた。そのときの出口氏と谷家氏の会話経緯が、同じ講談…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工衛星と水産養殖

〇国連UNOPSで、水産養殖データサービスのウミトロン社の藤原社長が、地球の画像の前で、講演しました。(SONYのサイトのココ) 〇また、ウミトロン社は、JAXA革新的衛星技術実証3号機の実証テーマとして選定されました。 「海は環境変化が激しく、水質変化に伴い、赤潮による魚の被害や、栄養塩の減少による海藻類の生育不良などが発生し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「攻撃」から「癒し」への変化

〇医学において、これまで、ウイルスと戦う「攻撃型」の免疫が研究・活用されてきた。今、組織や筋肉を再生する「癒し型」の免疫が、注目されている(日経・挑戦者たち 7月1日)。経済においても、これまで、GE、GMなどの消費者への売上の攻撃型事業が賞賛された。今、FANGなどの「癒し型」の企業が注目されている。 〇FANG(フェイスブック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more