テーマ:文化

太宰治の生死のゆかりを巡る

〇太宰治のお墓に立ち寄ると、中国から旅できた母娘がいた。大学生の娘さんは、太宰治の小説が大好きで、私がご案内すると、お墓にお花を供えて手を合わせていた。太宰治が、暮らし、多くの小説を書き、自殺し、墓もある三鷹に、最近、若い人や海外の人、特に中国の人が多く来ている。「太宰治文学サロン」①でそう聞いた。(参考:太宰ゆかりの場所マップ お墓⑯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1人でおいしい食事:吉祥寺で昼・夜に

☆1人でのおいしい食事、幸せですよね。昼・夜に男・女どちらでも1人で行ける、吉祥寺近辺の飲食店を紹介します。もちろん4人で行っても楽しいところです。Hanako「やさしい、吉祥寺。」にたくさん出ています。値段は、一食800円~1300円くらい。 [参考] 1人でおいしい食事:吉祥寺のパン屋さん4月25日 〇私の好きな店 ・ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人気テレビ番組「ポツンと一軒家」

〇朝日放送の「ポツンと一軒家」(日曜19:58~)は、4月21日の視聴率17.2%、週間視聴率ランキングで2位‼ NHK朝ドラ「なつぞら」(1位)の次の大人気で、「笑点」「チコちゃんに叱られる!」「NHKニュース」「サザエさん」「プロ野球阪神x巨人戦」より高い視聴率だ。私も楽しみにしている。 〇衛星写真を頼りに、日本の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1人でおいしい食事:吉祥寺のパン屋さん

〇朝食に「家族全員で食べる」人は、19%しかいなくて、家族バラバラに食べている人は、8割いるそうです(PRTIMES記事)。いつも一人で朝食を食べている人でも、そう聞くとびっくりしますよね。 〇家庭の朝食では、時刻だけでなく、食べ物の種類も、ごはん、パン、シリアルと個人ごとにバラバラに違っています。同じ「パン」といっても、食パン、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

傘がない

かんべいさんがHP「溜池通信」Diaryの4月13日「桜を見る会」で、このブログ「らくちん」を取り上げてくれました。 ほんとうに、ありがとうございます。 同じ日の13日23時のNHK“SONGS”で、井上陽水「傘がない」を聞いて、思いました。  街を歩いているときに ♪今日の雨 傘がない ♪冷たい雨が心に浸みる ♪冷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和と梅

〇新しい元号の「令和」は、「万葉集」巻五、「梅花の宴」の序文を典拠としている。私は、高尾梅郷に行った2月の日に、「これからの日本では、この梅を愛でるように進んで行きたいとしみじみ思いました。」とこのブログに書いた。昨日、安倍首相がほとんど同じ説明をされたので嬉しかった。 〇「万葉集」の「梅花の宴」序文で、「令」と「和」の文字が入っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「奇想の系譜」の美術展と本で思う、戦争と芸術

〇「奇想の系譜」(辻惟雄著ちくま学芸文庫 ココ)の美術展(4月7日まで上野東京都美術館 ココ)で江戸の絵を見てきた。30日放映のNHKドラマ「浮世の画家」とともに、戦争と芸術の不思議なかかわりを思い浮かべた。 〇「奇想の系譜」本の最初に出てくる画家の岩佐又兵衛は、父が織田信長との闘いで死んだ後、武士をやめ画家として江戸時代に名をな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜から梅になる日本経済

今日、美しい梅林を歩いて感じた。20世紀から21世紀に、日本の経済は、桜の花から梅の花に変わっていく。 昭和の日本経済は、高度成長して2009年までの42年間GDP世界2位で、ソメイヨシノの桜が舞い散る風景のように華々しかった。 平成から次の元号になる、今後の日本は、その華やかさがなく、GDPでも世界3位、4位になる。でも、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世界に健康を広める日本

・日本は、世界一長寿になって(ココ参考)、世界中に健康を広めるのがいい。日本は、貿易黒字とGDPの拡大よりも、これから、健康に役立つサービスとモノを海外に提供する。(ココ参考)  経済大国から健康大国を目指す。まず、多彩でおいしい日本の食を世界に広める。というのはどうかしらん。 ・日本の健康の源は、海外食からとりいれた多彩な食だろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大坂選手全豪テニスで優勝

大坂なおみ選手が、全豪テニスで優勝した。素晴らしい!これで、世界ランキングも1位!昨年、全米オープンで優勝したとき、大坂選手をこのブログで「日本の魔女が素敵」(9月9日書き込み)として書きました。また、私が見ているNHKの朝ドラマ「まんぷく」は、大坂選手が所属契約をしている日清食品創業の実話です。なんだかこれも嬉しい!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明石海峡から眺める日本史の景色

今月、兵庫県の明石駅から1㎞の天文科学館・柿本神社(人丸神社)に行き、瀬戸内海、明石海峡、淡路島、神戸、大阪などを、日本史の景色として眺めて楽しんだ。(参考:明石天文科学館14F観光ナビゲーション)私は、この天文科学館から約1km内で、産まれ、人丸小学校に通い、19歳まで暮らしていた。今から歴史に振り返ってみる。 ・瀬戸内海 世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸の上水道を散歩

〇新年1月2日21時放映のNHK正月時代劇「家康、江戸を建てる」では、江戸(東京)の神田上水(神田川)建設の話がでてくる。私は、このTVドラマを知らずに、ブログに江戸の上水道の話を書いた。(参考:当ブログ12月21日「江戸の世界最高:人口と上下水道」) 〇江戸時代に、現在のJR中央線吉祥寺駅から神田駅あたりに造られた神田上水は、産…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸の世界最高:人口と上下水道

〇18世紀、江戸(今の東京)の人口は、100万人で、ロンドン、パリより多く、世界トップの大都市だった。その江戸を支えたのが、ロンドン、パリにもない、世界最高の上下水道の設備だった。吉祥寺駅近辺にある、その複数の水道跡地を、僕は、最近楽しく散歩している。 〇1721年、江戸の人口は、町人50万人+武家や寺社の50万人=100万人と想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ホモ・デウス」ユヴァル・ノア・ハラリ著

〇「ホモ・デウス」の本の副題は、「テクノロジーとサピエンスの未来」です。面白く読みました。すでに読んだ、ハラリ著者の前作「サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福」は、全世界で800万部出たベストセラーとのこと。ひょえー。 〇現代で世界の中心的思考になっていた「人間至上主義」に対して、これからは、それとは反対の思考である「データ至上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北欧国の幸福社会に学ぼう 1/2

〇日本は、北欧国の幸福社会に学ぼう。日本人がよい社会を目指すとき、日本よりGDPが大きな米国、中国の方法を取り入れようとする。また、イギリス、ドイツ、フランスなども参考にする。しかし、僕は、北欧国からもっと学ぶべきだと思い始めた。 〇幸福度ランキング 北欧国は世界で上位 3月に国連からでた「世界の幸福度ランキング」で、北欧国は、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世界一長寿国の日本

〇日本は、世界一長寿の国だ。2017年の日本の平均寿命は、女性87.26歳 男性が81.09歳。(厚生労働省、朝日新聞の情報)経済的に豊かな欧米の国よりも、日本は長寿だ。 日本の健康と幸せが世界で一番いいと、海外に広く伝えて、日本の食事、旅行、家電機器を宣伝したくなってくる。 経済力を示すGDPで言うと、日本は、米国、中国の次の世界…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

世界の明石

〇兵庫県の明石市は、世界の人にもお勧めしたい観光地だ。僕は、南米、北米、アジア、欧州に行った後、今の齢になって、ようやくそう思い始めた。もちろん、関西人だけでなく、東京などの関西以外の人にもお勧めしたい。 〇日本の時刻標準時を定める東経135度の子午線に、明石の天文科学館がある。そこの高い所から、明石海峡とその向うの淡路島、その東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西人が関西弁と思っていない関西弁

「押しピン」「あめちゃん」「ナイロン袋」「さぶいぼ」「カッターシャツ」の関西弁を、関西人は、標準語だと間違えて思っている。(小声で言うと、関西人の僕も、そう間違えて思っていた。)それぞれの関西弁の=の右先が同じ意味の標準語だ。   関西弁     標準語 押しピン   = 画びょう あめちゃん  = 飴(あめ) ナイロン袋 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

藤井四段29連勝でストップ

今日は、ほとんど一日中見ていました。残念ですが、十分素晴らしい。終局直後のAbemaTVで視聴数8.3百万とか表示されていました。同時視聴数だとするとすごいですね。延べ数でしょうかね。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

おもちゃは、大人らしく

大人は、子供がおもちゃで子供らしく遊ぶことをイメージする。でも、子供は、おもちゃによって大人らしく振舞おうとしている。ままごと、電車のおもちゃ、リカちゃん人形、みんなそうだ。三谷幸喜のエッセイを読んで改めてそう気づいた。 三谷さんがエッセイ(6月15日の朝日新聞夕刊)で、新作舞台「こどもの事情」の稽古について書いている。白髪のシニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代アートの村上春樹化

北アルプス芸術祭に行って(前回記事ご参照)、改めて現代アートは自然と相性がいいとか、「現代アートの村上春樹化」とかを思いました。今日(20日)の朝日新聞の夕刊に大きめの記事ででていましたね。 ○ 現代アート(コンテンポラリーアート)と美しい自然は、相性がいい 越後妻有(ココ)、瀬戸内、北アルプスと、どこの芸術祭も豊かで美しい自然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「茶の湯」の現代性

前回の続きです。「茶の湯」は、成立時からグローバリズムと深く関係していました。それと、器を両手でもったときの肌触りを大事にして、触覚に訴える珍しいアートです。「かわいい」という感性、グローバリズム、触覚という現代的なテーマが基礎になっているのがとてもおもしろいです。 茶の湯展を見て普通に驚くのは、国宝、重要文化財の多くが、中国、朝…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

茶の湯展

「茶の湯」展、見てきました。僕のようになーんも知らん人には、本物をみながら全体を概観できるこういう展示会は、とてもありがたいです。珍しく図録も買いました。帰りには、家の近くの食器屋さんで、一つ50円の湯飲みをしげしげみてしまいました。 名品の器を前にして、観覧者から「かわいー」という声があがっているのは、まことに面白い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西サバイバル講座

BJの連載「ビジネスのホント」で、関西サバイバル講座について掲載されました。(ココ)本ブログの読者には、おなじみのネタですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋は、ビジネスゲーム

チェスは戦争ゲーム、将棋はビジネスゲームなんですね。チェスは、駒が兵隊で、相手の駒(兵隊)を排除して王を捕まえた方が勝ち。将棋は、駒が「金」、「銀」といった宝物で、それを交換しながら最後に玉(最高の宝石)を得た方が勝ち。将棋は、戦争というより商売なんですね。 「将棋でショコラ」というチョコレートについていた将棋の解説に、上記のこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤井四段、羽生三冠に勝つ

14歳の藤井聡太四段が、羽生三冠に勝った。内容的にも完勝。終盤、羽生が追い上げたと報道されているが、棋力のない僕には、ほとんど投げ場作りにしかみえなかった。 本局は、「炎の7番勝負」という非公式戦だけど、深浦、佐藤康光、羽生といったトップ棋士をすべて破り、6勝1敗。とんでもない、勝率だ。 羽生戦の前の佐藤康光戦を見たけれども…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

否定的な理由で判断すると後で困る

漫画家の久保ミツロウが昨日の深夜番組で、「否定的な理由で判断すると、後でしっぺ返しが来る」と話していた。「人にこう思われたくないという理由で判断したことは、後で必ず、却ってより一層人にそう思われる結果を生む」と。けだし、名言かと。 4月15日深夜(16日未明)の「久保みねヒャダこじらせナイト」(フジ)の番組後半で、久保ミツロウのト…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

光の館

泊まれる現代アート「光の館」(ジェームズ・タレル作)の記事が、日経スタイルにでました。(ココ)僕は、昨年、ここに宿泊したときに管理人さんから伺った素敵なお話をこのブログにあげています。(ココ)合わせてみてやってください。また、行きたいですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家内と主人

「家内」と「主人」、言い方かえませんか。妻は、ずっと家の中にいなくても「家内」。夫は、家庭内で一番優先度低くても「主人」。今では、耳にするたびに違和を覚える言葉です。誰かいい言葉を、考えてほしいものです。関西でいう「つれ」は、そこそこいい線いっていると思いますが、どうも品がない。 夫婦が、第三者に対して、パートナーを指すとき、いい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more