テーマ:マンガ

「聖(セイント)☆おにいさん」と「結婚しなくていいですか」

日本のサブカルチャーここに極まれりの、マンガ二作です。中村光の「セイントおにいさん」は、ブッダとイエスが、東京・立川でアパートをシェアして下界でバカンスを過ごしているという、日本ならではの設定。日本以外だと作者の命すら危なそう。益田ミリの「結婚しなくていいですか」は、30代独身の気のいい女性が、結婚や介護についてしみじみと感じることを、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「もやしもん」と「大奥」

「もやしもん 7」(石川雅之)と「大奥 四」(よしながふみ)を、それぞれ発売日の25日、23日に買って読みました。また、「もやしもん」全面協力の「菌類の不思議展」(上野国立科学博物館)にも、行ってきました。 「もやしもん」は、菌が見えるという特殊な才能をもった農大生が主人公の話です。菌や発酵やお酒についてのやたら深い薀蓄と、シュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もやしもんのフィギュア

「フィギュア王No.128」という書籍が、もやしもん(石川雅之作のマンガ)特集をしています。「豪華もやしもんフィギュア3点セット付」とうたい文句にまけ、とうとう、らくちんは、買ってしまいました。うう、なんか危ない道に入りかかっているような。 「もやしもん」というのは、菌が見える農大生が主人公のとってもシュールなマンガです。食物を腐…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リアル・クローズ

今日放映されたこのドラマ「リアル・クローズ」の原作は、槇村さとるのマンガです。僕は、去年の7月に、このブログにアップして、ずっと読んでいました。(ココ)エヘン! テレビのドラマは10分くらいしかみていないけれども、これは、キャスティングがひどい。このマンガの主人公は、香里奈のようなモデル系では、絶対ダメで、どちらかというとスポ根系…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「二十世紀少年」浦沢直樹

やはり、読み出したらとまりません。でも、完結しているとばかり思って二十二巻の最後まで読みすすんだら、どうやら、まだ終わっていないので驚きました。 僕は、アポロの月着陸も、大阪万博も覚えているので、この漫画を読むのには、ぴったりの年代です。また、地元の小学校のとき、仲のよかった同級生と、今でも時々会います。だから、読み出したらとまり…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

マンガ「ジャイアントキリング」

サッカーマンガです。監督が主人公というのが変わっています。物理法則を超えたありえない必殺プレーがでるわけではなく、弱小チームを率いて大物食いをする監督です。守備的ミッドフィールダーを前線に3枚並べて、ボールを奪取して点をとるとか、わざとワンタッチプレーを制限するとか、確かに面白いです。 居酒屋で、監督の采配をとやかく言っている僕の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more