テーマ:自己紹介

徒歩帰宅の記録

大手町の職場から三鷹の自宅まで4時間半歩いて帰った記録を残しておきます。 夕方、歩いて帰ろうか会社に残っていようか迷いました。阪神の震災のときに、大阪勤務だった人から、「あの地震でも夜には、電車が動いていた。」と聞いて、会社に残って電車で帰るのを狙おうと思いました。しかし、その後、大きい余震が来たので、今日中に電車が復旧しないと考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なじみの日本酒居酒屋

僕がよくいく居酒屋に、ミシュランの一つ星がついた。名だたる高級フランス料理店にならんで、居酒屋「おかげさん」とでているのは、ほほえましいのを通り越して、輝かしくてかっこいい。以前にこのブログでも紹介した店である。(ココ) そこで、書いた「おかげさん」の紹介を再掲します。 人によって好みが違うと思いますが、僕は、次のように頼ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の視点

今日の朝日新聞の朝刊の「私の視点」というカラムに、僕の提案した経済政策、成長戦略が載っている。いつも立派なポジションの方々が載っているカラムに、僕のようなただの「ブロガー」が載せていただいて、感激している。紙数に限りがあったので、以下、補足したい。 今回、提案した「人頭割減税」は、9月に書いた次のエントリーがもとになっている。ここ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

函館

15日に、函館の商店街の皆様の前で、町の活性化について、一時間半話をさせていただく機会をいただきました。会社で最近出来たボランティア休暇の制度を使って行ってきました。さて、聞いていただいた方がどう感じられたか、どきどきですね。(その準備もあって、しばらく更新できませんでした。のぞいていただいた方、すみません。) 函館は、3回目です…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツイッター

ツイッターのアカウントを作りました。IDは、rakuchin32 名前は、「らくちん」にしています。まだ、使い方がよくわからなくて、模索中です。サラリーマンなんで、勤務時間中に書き込むことはできないし、そうそう高い頻度で書けないでしょうねえ。ミクシィもアカウントは作ってみたものの、すぐ飽きてしまったので、今回、続けられるかどうか分かりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体内年齢

最近買った体重計は、体重だけでなく、体脂肪、さらに、「体内年齢」なるものまで表示される。これが、今日は、風呂上がりにはかってみると、「25歳」とでたので驚いた。タニタさん、バンザイ! 事前に、身長と生年月日は、入れておくが、後は、体重計に乗るだけだ。これで、体脂肪、骨重量などを次々と表示するのだから、すごいというか、ま、ちといい加…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「いかにもそれが経済」吉崎達彦

帯に書いてある通り、「知らない人はモグリ」の有名サイト「溜池通信」のより抜き版。少なくとも永田町関係者で、かんべいこと吉崎さんの「溜池通信」を知らない人は、見たことがありません。 本になったのを読み返して思うのですが、五年前、十年前の記事でも、今なお当てはまるのが、すごいところです。それが、大は日米関係のことでも、小は柏の定食屋の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

引っ越し

自宅を三鷹に引っ越しました。まだ何も分かりませんが、以前住んでいた井の頭線の富士見ヶ丘よりも、色んなお店があって楽しそうにみえました。落ち着いたら吉祥寺を制覇したいものです。吉祥寺、三鷹のいい店、個性的な店を教えてください。 それにしても、ものを捨てられない僕にとって、引っ越しは、本当に艱難辛苦です。前後一ヶ月は、ブルーです。ほん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌詞

音痴なのでカラオケは一曲も歌わない僕ですが、歌詞を読むのは大好きなんです。最近、聴いた女性アーティストの曲は、僕好みの詞が多いですね。西野カナ、JUJU、木村カエラ、加藤ミリヤ。楽曲は、今風なのですが、叙情的でストレートな表現は、ちょっと70年代です。 青い字は、引用。黒い字は、らくちんのコメントです。 「BEST FRIE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

論理は、現実的に

「現実は、論理的だ。」とヘーゲルが述べた。と、高校生のときに倫理・社会のサブテキストで読んだと記憶していたが、今、サーチしてみると、出てこないので、ウソかもしれない。でも最初にその言葉に接したときに、いやいや全く逆で、「論理は、現実的でなければならない。」と強く反発したのを覚えている。前原国交相の言動をみていると、高校生の時の反発を思い…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

森ガール

今ネットの世界で、「森ガール」への支持が広がっているようです。森ガールとは、「森にいそうな女の子」です。ゆるいかんじで、透明感とやわらかい雰囲気を持っています。暖色系のAラインの服が好きです。でもロリータではありません。タレントでは、蒼井優のイメージです。 ミクシィのコミュニティではやりだしたそうです。「森ガール」については、例え…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「オバマは世界を救えるか」吉崎達彦

プリンシパル力を磨く本!エージェント(代理人・専門家)を見抜き、使いこなす、そういう、プリンシパル(依頼人・ジェネラリスト)としての力を磨くことの大切さを教えられました。どのページをめくっても、「くすっ」と笑ったり、「へぇ」と感心する箇所がある、実に楽しくてためになる本です。読みやすいのですが、もったいなく思ってゆっくりゆっくり読みまし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

加山又造とクレー

加山又造展(国立新美術館)とクレー展(Bunkamura)に行ってきました。 以前からとても好きな加山又造とクレーが同じ時期に展覧会をしていたので、大変楽しかったです。どちらも、デザイン的要素がはいっているのが共通しているといえば共通しているような。 今回、気に入ったのは、次の作品ですね。 加山又造:春秋波濤、月と秋草、黒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢無しコンプレックス

私には、夢がない。それで、いい。 夢がもてないといって悩んでいる人が多すぎます。結局、それで、会社に来られなくなっちゃったりして。夢無しコンプレックスに悩んでいませんか。 夢を持つことは素晴らしい。でも、立派な夢を持てる人なんてほんの一握り。僕も含めてほとんどの人は、大それた夢などなく、むしろ、そんな余計なものがないので、今日も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心の杖

人は誰も、怪我をしたり歳をとったりすると、杖がいる。杖があれば、足腰の具合が悪くても、一人で出歩くことができる。同じように、人は誰も、心を支える「心の杖」がいる。 今朝、車を運転しながら聞いたラジオで、いい話を聞きました。病弱故に家に閉じこもりがちだった人が、中国の楽器が大好きになり、名人について演奏法も学んだ。その人は、その楽器…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

いまいましいもの

ズボンのお腹をしめるボタンが飛んで無くなっているとき。ささくれだって残った糸のありさまは、なんともいまいましいものである。不節制で脂ののったお腹への面当てということか。とはいえ、ボタンも糸も精一杯頑張った挙句に無くなった訳であるから、吾輩から、侘びられこそすれ非難がましくののしられる筋合いのものでもない。それを思うと、盗人猛々しい吾が心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビジネスのクリエイト

らくちんのお仕事の宣伝を二つ。一つは、今日、開業した、ネット生命保険「ライフネット」。もう一つは、介護の情報提供をする「かいごのみかた」 どちらも、立ち上げのころ、自分なりに一生懸命、でも客観的には少しだけ、お手伝いしたのですが、今は、ほとんど外野席からのサポーター的立場です。ということで、紹介させてください。 ○ ライフネ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「4-2-3-1」杉山茂樹

サッカーのシステム(布陣)の戦術だけを300ページに渡って論じたオタクな本。人生が3回あったら一度は、サッカーの日本代表の監督を目指したいと思うらくちんには、とても面白く読めました。因みに、この本の勧める4-2-3-1のシステムをとっているのは、ストイコビッチ監督率いる名古屋グランパス。今期、下馬評を覆し大躍進です。 システムに関…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「飛梅」へのメール

「飛梅」へのコメント 「飛梅」(さだまさし)と題する僕のエントリーに学生時代の同好会関係の友人からメールでコメントいただきました。僕も存じ上げている、亡くなったご主人との思い出の曲だと。芯が強く物静かで優しいご主人と、情熱的で活発な奥さんの、デコボコ振りに周囲は、ずいぶんなごませてもらったものです。 らくちん様 私が初めてこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨガ・ピラティス体験記

えー、色々といきさつがありまして、ヨガとピラティスの教室に行ってきました。ここ何年か、女性が学びたいことのベスト5に入り続けているヨガ・ピラティスだけあって、いやー、ほとんどの生徒が女性でした。シャイならくちんは、とても恥ずかしかったです。でも、たしかに、体には、いいなあと思いました。 最初は、ヨガに行きました。平日の昼間ですが、…
トラックバック:12
コメント:1

続きを読むread more

好きなキャラクター

イーヨー、ズズ、ねてるくん。 因みに、イーヨーは、くまのプーさん。ズズは、おかあさんといっしょ。ねてるくんは、とっとこハム太郎。 まったりといきたいものです。明日から3日ほど、温泉に行っています。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国会と小学校

国会がごちゃごちゃしているようである。強行採決と乱闘、ヤジと審議拒否。見ていて、面白くない。不愉快である。国会のそれぞれの行為の映像を見た後で、小学生にいえるだろうか。授業には出席しろ→審議拒否、キレルな→乱闘、授業中に勝手にしゃべるな→ヤジ、強いものが徒党を組んでいじめちゃいかん→強行採決。与野党とも教育改革をこんな国会で論じるなんて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不二家レストランに行く

今日、不二家レストランに行ってきました。すいていてよかったです。お勧めですね。 日曜の夜7時というのに、案の定すいていて、半分くらいのテーブルしか埋まっていません。入り口にある持ち帰り用ケーキを販売する棚は、全く何もなくがらんとしています。食事のメニューの中でもケーキなどの洋菓子にあたるようなものは、シールが貼ってあって注文できま…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

2006年のアクセス

2006年のこのブログの記事で、アクセスの多かったものを挙げてみた。こうした小規模の個人のブログでどういう話題にアクセスが集まるか傾向がみえて面白い。また、最近、このブログに来られた方への自己紹介も兼ねたいと思う。 1月7日時点の記事ごとのカウンターが1000以上のものを挙げてみた。(カウンターは、各記事の右上に表示されています。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

井荻トンネル

今日は、自分用の業務連絡です。 昨日、環状八号の井荻トンネル・練馬トンネルを通りました。都会のどまん中にびっくりするほど立派で長大なトンネルが今年完成しました。途中に信号もなく、あっという間に通過してしまいます。運転しながら、これは、莫大なお金と時間がかかったろうなあ。立ち退きなどの権利関係の処理は、大変だったろうなあ。と、余計な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男は歳をとると涙もろくなる

先日、昔の職場の先輩とお酒を飲んでいて、最近、涙腺がゆるくなったと話し込んだ。どうして男は、歳をとると涙もろくなるのだろう。 40歳を越したあたりから、年々涙もろくなっているのに気付く。テレビでドラマをみているときなど、ありきたりのお涙頂戴の演出と分かっているのに、テッシュペーパーが必要になる。その場に人がいると、カッコが悪いので…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日台次世代対話

昨日書いた「日台次世代対話」は、僕にとって初めてのこの種の国際会議で、ちょっとした感動的体験でした。会議の形式や出席者の仕草が、ビジネス上の打ち合わせと違っていて、すべてがもの珍しく、好奇心を満たされます。一方で、自分が発言をするときなんて、ウン億円のビジネスの交渉をするときの何倍も緊張していました。今は、生れて初めてやったスポーツの翌…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

台湾の歴史教科書

今日は、かんべいさんのお誘いで、「日台次世代対話」に会社を休んで出席しました。会議は、非常に和やかで且つ知的刺激に満ちたもので、やっぱり台湾人と日本人って相性いいよなあと、台湾駐在時代の心地よい雰囲気を改めて思い出しました。対話の感想は後に書くとして、ここでは、台湾について僕が以前に書いた幾つか資料的なものを挙げておこうと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孔子は、もてたか

学生時代の古い仲間達と飲んだ。おじさんになると、女性にもてるって聞いていたけれども、全く実感がないと男たち一同、激しく同意した。そこで、一人の女性が、ぴしゃりとお説教。(今回は、半分実話、半分フィクションです) あんたたち、悩みがありません、頭の中クリアで、さっぱりと判断してます、って顔してるからねえ。この歳になって影がないと魅力…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

核は安い兵器か

核は、ある意味で通常兵器より安い兵器だ。北朝鮮が、アメリカと世界に脅威を感じさせるほどの通常兵力を持つのは、北朝鮮の国力をはるかに超えるコストが必要である。しかし、核兵器なら、実験をしただけでアメリカと世界からそれなりの反応を得ることができた。アメリカの目を向けさせるという目的だけに照らしてみれば、核兵器は、コストの安い兵器といえる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more