人工知能(AI)のバイブル

〇AI先駆者23人との対話「人口知能のアーキテクトたち」マーティン・フォード著、松尾豊 監訳。キリスト教でパウロなどの14人の使徒の言動を示す聖書のよう。面白くて、役に立つ、約30ページ/人×23人で677ページの本。

〇2019年に、コンピューターサイエンス分野のノーベル賞「チューリング賞」を受賞した、AIのカナダ3偉人ジェフリー・ヒントン、ヤン・ルカン、ヨシュア・ベンジオそれぞれも対談にでてくる。ニューラルネットワークの理論を確立した。

〇レイ・カーツワイル、ジュディア・パール、ロドニー・ブルックス、ジョシュア・テネンバウムなど多くの人にも、私は感動した。また、2016年にプロ棋士に勝ったDeepMind社製「アルファー碁」を多くのAI研究者が賞賛する。

〇AI用語
AI用語を知ると、対談を理解しやすい。
AI
⊃機械学習:教師あり学習、教師なし学習、強化学習
⊃ニューラルネットワーク
⊃ディープラーニング(深層学習)
AI.png
上記に加え、次が出てくる。
汎用人工知能(AGI)、自然言語処理、転移学習

機械学習とは(AINOW)
AI用語集

〇AI冬の時代
AI研究の成長と停滞の経緯を数人が懐かしく話す。今は、第3次AIブームだが、そろそろ停滞の冬の時代がくると心配する。
 第一次AIブーム:1950年代から1960年代 推論・探索
 第二次AIブーム:1980年代から 知識
  1995年~  :冬の時代
 第三次AIブーム:2010年~  機械学習、特徴表現

"人工知能(AI)のバイブル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント