「攻撃」から「癒し」への変化

〇医学において、これまで、ウイルスと戦う「攻撃型」の免疫が研究・活用されてきた。今、組織や筋肉を再生する「癒し型」の免疫が、注目されている(日経・挑戦者たち 7月1日)。経済においても、これまで、GE、GMなどの消費者への売上の攻撃型事業が賞賛された。今、FANGなどの「癒し型」の企業が注目されている。

〇FANG(フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグル)は、ネット・リアル、サービス・製造、デジタル・アナログを上手く柔軟に組み合わせている。Gなどは、消費者への売上は少ない。Aも、実は、企業向けサービスのAWSで、巨額の利益を得ている。

〇今の時代の変化には、私が上のような好奇心で見ていたものが、その業界のなかでも注目されている。(7月1日の日経の記事でみた)
・トヨタと森ビル お台場で「パレットタウン」の再開発 アリーナや商業施設
・京都市京セラ美術館 「瑠璃の浄土」 私の履歴書「杉本博司」にて 

"「攻撃」から「癒し」への変化" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント