有限多様の時代

〇可処分所得ならぬ「可処分時間」で、「時間経済」の膨張が加速している(日経「時間経済」は商機か受難か6月27日)。
企業は、有限多様への対応で、「時間経済」に適応できる。(「有限多様へのAIの解決」2月)

〇ネット販売でのロングテールの広がりが起こっている。街中の書店では、売れる本の8割が、本のタイトルで全体の2割程度しかなく、残り8割(ロングテール)の多様の本は売れない。しかし、アマゾンは、有限多様のロングテールの本をずらりとネットに並べ、伝統的書店を販売力量で圧倒した。

〇この時間経済の先頭を走っているのは、GAFA+M(マイクロソフト)。次の点が、有限に多い。(「AIの有限多数対応で脱工業革命」4月)
・無限多様ではない、有限多様に対応。
・有限多様のデータを活用・提供 (マップ等)
・デジタルとアナログの組み合わせ (量子コンピューターも)
・製造業とサービス業の組み合わせ
・C[消費者]にサービス、B[企業]から入金(GAFA+M 2月)

"有限多様の時代" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント