ものづくりとサービスの構成

モンドリアン.png
〇20世紀初めに、モンドリアンが、線、色、リズムのコンポジション(構成)の美術を制作した。21世紀の今、経済を先導する米国のGAFA+Mの企業が、EV、スマホ、AIを制作して、ものづくりとサービスのコンポジションを構築している。これを見つめたい。

〇モンドリアンは、抽象絵画を開拓したオランダの画家。水平垂直線と原色平面の構成を展開した。今日の日経で、生誕150年記念モンドリアン展(SOMPO美術館)を2ページ紹介している。そこに載るモンドリアンの「格子のコンポジション8-暗色のチェッカー版コンポジション」(添付図)を、私は、好きだ。21世紀の経済を先導している。

この記事へのコメント