東京ひとり散歩

〇東京は、ひとりで散歩を楽しめる。今、在宅勤務の私は、毎日自宅から2時間7㎞散歩している。いつもの往復2時間の電車通勤より、体に良くて楽しい。私には、ランニングよりも、好奇心を満たしながら、ふらふらと歩く運動がむいている。東京都内のどこでも、同じくらい楽しめるでしょう。 〇玉川上水緑道 お気に入りの玉川上水緑道に、3日に一度くら…
コメント:0

続きを読むread more

「心地よく生きる」デンマーク

〇日・デンマークの洋上風力発電ビジネスの山田正人さんが、駐在していたデンマークの文化・社会の素晴らしさを教えてくれます。「デンマークと私」素敵‼ 〇『米国と日本は、物質主義と拝金主義で、新しいモノをたくさん所有しようとする。デンマークは、モノよりも心のあり方、「心地よく生きる」ことに価値を見出している』 〇『「個人主義」と「…
コメント:0

続きを読むread more

日本へのリーマン不景気の再来?

〇2008年のリーマンショックで、米国は、「百年の一度の危機」になるが、2012年に株価が回復した。日本は、ショックの日に、影響は軽微とみられたが、その後、経済が落ち込み、米国より長い不景気となった。 〇2021年、新コロナで、米国は、日本より大きい災害がでている。とはいえ、リーマン不景気のように、日本は、米国より大きな長期間の不…
コメント:0

続きを読むread more

730年~1874年の世界のGDP

〇日経経済図書文化賞を得た、高島正憲著「経済成長の日本史」を買ってきて、p.274の14各国の1人あたりGDPの表を、何時間もみて楽しんだ。(参考:世界経済の歴史) 〇各国の1人あたりGDP 1990年 国際ドル (上記本の一部)  年 英国 オランダ 中国  日本 1020         1,006 1090  754 …
コメント:0

続きを読むread more

「スマホ脳」アンデシュ・ハンセン著

〇「スマホ脳」(新潮新書)は、スウェーデンの精神科医の著作で、世界でも日本でも人気。 いわく… ・スマホがうつになる危険性を高めるのは、明白だ。 ・2歳児は、半数以上がインターネットを毎日使っている。 …ひょえー。 〇デジタル時代のアドバイス (終わりの文) ・仕事や勉強以外でスマホ他のスクリーンに費やしていいのは、最長…
コメント:1

続きを読むread more

21世紀の世界:米中日関係

〇歴史、世界全体を見直しても、21世紀の米中対立、及び、それに隣接する日本が、重要。今の経済力GDPで、1位米国、2位中国、3位日本。軍事力では、1位米国、2位ロシア、3位中国、4位インド、5位日本、6位韓国(GFP「2020年国別軍事力ランキング」) 〇私は、台湾に4年間、米国に2年間住んでいた。中国では、ハルピン、瀋陽、北京、…
コメント:0

続きを読むread more