「心地よく生きる」デンマーク

〇日・デンマークの洋上風力発電ビジネスの山田正人さんが、駐在していたデンマークの文化・社会の素晴らしさを教えてくれます。「デンマークと私」素敵‼

〇『米国と日本は、物質主義と拝金主義で、新しいモノをたくさん所有しようとする。デンマークは、モノよりも心のあり方、「心地よく生きる」ことに価値を見出している』

〇『「個人主義」と「共生主義」が根本。個人が自立し、互いの干渉を排除し、プライバシーを極端に重視する。一つの国民、共同体としては共生を本義とし、誰一人落ちこぼれを出さないために、必死で働いてみんなで高い税金を払う社会。』

〇『福祉とは、単に障害のある人に同情したり、生きながらえさせたりすることでもなければ、何とか労働者として社会に貢献できる生産能力に育て上げることでもない。障害の有無にかかわらず、「市民」として生活できるようサポートすることなのだ。市民とは、この民主主義社会を支える責任を持った構成員で、知的障害があろうが、社会的な障害があろうが、それを支える財源は国民の税金で賄われる。確固たる共生の思想。』

〇上記を読んで思います。GDPで、世界3位の日本は、1位の米国、2位の中国を調べている。でも、1人当たりGDPで、世界25位の日本は、世界5位ノルウェー、6位アイスランド、10位デンマーク、13位スウェーデン、15位フィンランドの北欧国を、7位米国、69位中国に加えて、じっくり見習った方がいい。

この記事へのコメント