大経済学者の新型コロナ対策提言

〇伊藤元重、岩井克人などの大経済学者が、新型コロナウイルス対策の提言を、昨日、東京財団でだした。(ココ

〇基本的な原則
1.感染拡大の抑止
2.短期的な経済的インパクト(所得の減少と流動性の不足)の軽減
3.長期的な産業構造変化の促進である。
そして、消費や投資を無差別に刺激する景気対策を目的としない。

〇提言 1.感染拡大を防ぐ:政府はオンライン診療を迅速に普及させよ
8つの提言のうちの「提言1」は、私が思い続けていたことだった。オンライン診療とはスマホやパソコンなどの情報通信機器を通して患者の診察を行うこと。米国、中国、欧州で、急速に進んでいるのに、日本は、遅れている。

〇日経の「「コロナで出番」のはずが消えたオンライン診療補助」記事(3月18日)によると、厚労省官僚が提案したオンライン診療の普及策に、医療団体が待ったをかけたらしい。残念。

〇提言8 企業への支援:激変緩和とともに長期的な新陳代謝の促進を
について、岩井教授は賛同しなかった。私も、批判しないが、筋違いなので賛同しない。

追加:スウェーデンで長く住んでいたHSさんからのコメント:
オンライン診療に加えてオンライン授業も進めて欲しいです。スウェーデンでは学校が閉鎖になっても授業は続行しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント