脱産業革命

〇21世紀、世界中で脱産業革命が起こっている。
消費者が、均一の大量生産物モノを所有 ⇒ 多様な個別情報サービスを利用 

〇米国のGAFAは、その脱産業革命の先頭を進んでいる。
20世紀には、TVが数百万人に同じCMを示し、工業が大量生産物を製造・販売した。しかし、21世紀では、アマゾンが、個人毎に異なる、好むものを多様に示す。Googleとfacebookは、個別の興味にあった、多様なネット情報を、個別に示す。アップルが、製造・販売しているスマホは、音声、WEB、e-mailの情報を扱うモノである。

〇自家用車も、マイカー保有よりも、複数の人が共有することが、増えている。

〇就業者数での製造業の比率は、2015年の日本で16.7%、米国で10.3%、英国9.6%。これだけ低いなら、もう産業革命終了後の時代といえる。
製造業とサービス業が衰退する中で、成長する産業

〇産業革命の4次やら5次やらの数字が増えるだけの、小さい革命とはいえなくて、「脱」の「工業革命」と、大きく呼んだ方が、正確かもしれない。

〇この脱産業革命、脱工業革命は、まさに、経済も、社会も、職業も、暮らしもかえてしまう。
 20世紀    21世紀 
 均一化  ⇒ 多様化 
 大量   ⇒ 個別
 生産物モノ⇒ 情報サービス
 所有   ⇒ 利用

〇楽しい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント