太宰治の生死のゆかりを巡る

〇太宰治のお墓に立ち寄ると、中国から旅できた母娘がいた。大学生の娘さんは、太宰治の小説が大好きで、私がご案内すると、お墓にお花を供えて手を合わせていた。太宰治が、暮らし、多くの小説を書き、自殺し、墓もある三鷹に、最近、若い人や海外の人、特に中国の人が多く来ている。「太宰治文学サロン」①でそう聞いた。(参考:太宰ゆかりの場所マップ お墓⑯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定年、終身、年齢別、性別の仕事がなくなる時代

〇70歳より高齢の人も、複業・兼業の人も、学びと転職を繰り返す人も、男女も、定時勤務がない人も、事業を大きく変える人も、みんな仲良く一緒に働く時代になる。北欧ではそうなっている。英米でも、定年制が禁止だ。 〇産業革命以来、労働者が工場に定時に集まり、定年まで働くのが、製造業の基盤だった。今、製造業では、ロボットが生産ラインで作業を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イラク戦争の失敗をイランで?

〇アメリカのトランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官の強い主張に合わせ、米軍にイラン攻撃を命令していた。しかし、その攻撃の「10分前に中止命令」した。右往左往だ。戦争に勝っても成果を得なかった2003年のイラク戦争と同じことになると、トランプ大統領は思ったのかもしれない。 〇現在の大統領補佐官(国家安全保障担当)ボルトン氏は、200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政党と働き方の変革

〇日本では、冷戦の終焉とバブルの崩壊の機会に、50代以上と40代以下の人の間に、政党や働き方の認識に断層がではじめた。今日の朝日新聞・読書欄で、東大政治思想史の宇野教授は、「イデオロギーと日本政治」遠藤晶久著、「朝日ぎらい」橘玲著で、次のように説明する。 〇政党への認識          保守       革…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

会社の寿命<働く人の寿命

〇今、20歳代、30歳代の社員は、定年退職の70歳になる前に、その入社した会社が滅びる。今後の日本では、会社の寿命は、働く人の寿命より短い。 〇日本の人の寿命が80歳以上に延びており、これからは、20歳から70歳の50年=半世紀!以上働くようになる。これは、幸せだと思う。 〇一方で、会社の寿命をみると、これから経済の構造が変…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あんまり頑張らないで でもへこたれないで

今朝のNHKニュースで、昨年亡くなった樹木希林さんの言葉がでていました。 希林さんの本が売れていて、2019年上半期で1位と3位だそうです。 希林さんの次の話が、心にじっくりきました。 どうぞ、物事を面白く受け取って 愉快に生きて。 あんまり頑張らないで でもへこたれないで。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more