人気テレビ番組「ポツンと一軒家」

〇朝日放送の「ポツンと一軒家」(日曜19:58~)は、4月21日の視聴率17.2%、週間視聴率ランキングで2位‼ NHK朝ドラ「なつぞら」(1位)の次の大人気で、「笑点」「チコちゃんに叱られる!」「NHKニュース」「サザエさん」「プロ野球阪神x巨人戦」より高い視聴率だ。私も楽しみにしている。

〇衛星写真を頼りに、日本の田舎にポツンとある一軒家を、朝日放送のスタッフがまじめに訪問して、住む人と話をし、撮影する。NHK Eテレのような、なんとも静かで地味な番組で、どうして人気があって視聴率が高いのか不思議だなと、私は、数か月前にそう思っちゃった。

〇TVドラマで役者がするような感情的言動を、ポツンと一軒家の住み人は示さない。それが、かえって視聴者の現実的な心を揺さぶる。エンターテイメントの番組でコメディアンがするユニークな手振りや話しも住み人はしない。でも、80歳を超えるおばあさんが山と空が広がる畑で大根を土から「よっこらせ」と抜き、台所で切っているのを見ると、視聴者は不思議に感動する。

〇そういうTV番組が、都会のサラリーマンと、田舎の農業者との、違う環境にある人達に、同時にうけている。放送局の人が田舎の一軒家に訪問して、最初に「ポツンと一軒家の番組です」と話すだけで、住む人は、「ああ。テレビで見ています。どうぞ、家に入ってください。」と言っている。一軒家の人も、田舎の農業者も、都会のサラリーマンも楽しくこのTV番組を見ているのだ。寒い山にポツリと住んでいる人が多い北欧国の人に見せても、うけるかもしれない。

〇日本人の大多数のサラリーマンは、決まった時刻に追われ、大勢の人がいる電車やバスに乗って会社に行き、社員や取引先と連絡しながら共同作業をしている。このポツンと一軒家に住む人の姿を見ていると、「おれも、人のいない田舎に住んで、ああしたいなあ~」と思いだす。とはいえ、すぐに、「自分は、社会の身近な人に毎日助けてもらってなんとか生きているんだよなあ。あんなにかっこよく、1人では、生きていけないやあ。」と思う。こんな思いが視聴率をあげているのだろう。それこそ、私の1人分だけかもしれないけれど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック