らくちんのつれづれ暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 米朝首脳会談:日本が困る?

<<   作成日時 : 2019/02/12 00:29   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

〇今月27日28日の米朝首脳会談で、次の合意になると、日本は、困る。

@ 北朝鮮は、米国にとどく長距離核兵器ミサイル(ICBM:大陸間弾道ミサイル)をすぐにすべて廃棄し、今後も持たない。

A 北朝鮮は、それ以外の中短距離の核兵器について、今提案しているステップと方法で、数年かけてゆっくり廃止・制限する。

B 上記条件で、米国は、北朝鮮への経済的制裁を減らし、また、韓国と北朝鮮の交流に賛成する。

〇米国のトランプ大統領は、朝鮮半島の戦争を終結に進めたと、内外国にアピールする。

・北朝鮮からアメリカに飛ぶ核兵器:ICBMを無くす約束をとり、安全を確保した。選挙公約の“アメリカン・ファースト”だ。

・さらに、アメリカに届く核兵器が実際に無くなれば、一年で、トランプ氏がかねて主張してきた在韓米軍の撤退・縮小を実行する。

〇北朝鮮の金正恩氏は、今後平和に国力を拡大すると内外に説明する。

・中国、ロシアには、「これで在韓米軍を撤退させる」とアピールする。

・さらに、「ICBMについては、今、廃棄しても、状況が変わって必要になれば、もう一度すぐに作りなおすことができる。」と話す。(この話は、中国もロシアも嫌な顔をして聞く。)

〇韓国の文大統領は、この状況に、韓国と北朝鮮は、戦争をせずに友好的に協力すると、次の意外な説明をする。

・韓国としては、近隣で陸続きの北朝鮮との戦争は、核兵器でも通常兵器でも被害は同じだ。だから、北朝鮮に対しては、中短距離核兵器の廃棄だけにこだわるよりも、戦争のない平和の進歩を優先するべきだ。だから、米国と北朝鮮の上記合意を支持する。

・北朝鮮は、そもそも、近い韓国のソウル首都を核で攻撃すると北朝鮮にも被害がでるので、万一韓国を攻撃するときでも、核兵器ではなく通常兵力の方を使う。

・従って、北朝鮮が持ち続ける中短距離の核兵器ミサイルが撃ち込まれて、大被害の可能性があるのは、世界中で日本だけだ。(これは、公式に説明しないだろう。)

・韓国は、戦争回避となった北朝鮮と今後協力すれば、経済的利益が得られる。

・在韓米軍が撤退・縮小しても、今回の米朝、韓朝の合意で北朝鮮からの戦争を回避し、かつ、米軍駐留費の支払い額を韓国が減らすと、韓国には有益だ。

・北朝鮮に対して強硬的な韓国の人には、こう説明する。金氏を刺激しないために、韓国は、北朝鮮の国民に政治的報道をしない。しかし、韓国の協力で進める工業で働く北朝鮮の国民は、海外の情報を自然に見て、北朝鮮現政権の正当性のなさを知るだろう。

・また、起こる可能性は低いが、文氏は、金氏に、にっこり話すかもしれない。
「100年前から北朝鮮と韓国の国民はともに、日本軍の征服に抵抗したよな。数週間前にも、韓国軍船は、日本海で近づいてきた自衛隊航空機に、レーダー当てて批判したよ。この件については、米国も韓国を批判していないよ。」

〇日本は、北朝鮮が米国・韓国と上記合意を得ると、北朝鮮の兵器によって被害を受ける可能性は、より高くなってしまう。さらに、その状況への、よい対応方法がない。

〇私は、テレビと新聞によるニュース以外の情報をとれない素人である。だから、上記は、全くの勘違いかもしれない。そうであれば、日本も私も幸せだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米朝首脳会談:日本が困る? らくちんのつれづれ暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる