らくちんのつれづれ暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 21世紀、中抜き世界

<<   作成日時 : 2018/08/20 00:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

20世紀では、先進国が、@政治の民主主義、A経済の資本主義、B社会の中流階層の三つを連結して進めた。20世紀末、経済のGDPで世界の1番アメリカも、2番日本も含めG7のサミットの先進国は、ともにこの三つを進めた。逆にソ連と中国は、合わせるそぶりを全く見せなかった。
ところが、21世紀には、G7などの先進国も世界の国も、上の中核の三つを連結し続けなくなった。雑把に一言でいうと、21世紀は、この三つの重点の「中抜き世界」になるだろう。
ただし、どの国も三つすべて抜けて辞めるか、すべてやるかというのではない。三つのそれぞれの一部分を、ロシアと中国も加えたそれぞれの国が好みでばらばらに受け入れているのだろう。

@ 政治:民主主義と中道政治との減力
先進国の政治では、20世紀、極左、極右の間にいる中道政治が勢いを持った。しかし、21世紀には、国ごとに分野ごとに極左、極右が力を持ち、時には極左派と極右派が提携して中道に反対し勢力を増すこともある。中道抜きがされた「中抜き」になっている。
アメリカの20世紀ビル・クリントン大統領は「中道左派」だと言われたが、21世紀トランプ大統領は、自由貿易協定破棄、不法移民の強制送還、国際関係の孤立主義、“白人至上主義”を主張し、右傾化である。高卒以下の白人の57%と、キリスト教原理主義者のエバンジェリカルとがトランプ大統領を支持している。
フランスでは、伝統的な大政党ではないマクロン現大統領は、「左派でも右派でもない政治」を宣言した。また、ポピュリズムの党が、極右派、極左派の連携を検討している。
21世紀の世界では、非民主主義国も正義国として大手を振って活動する。最大の非民主主義国の中国は、アフリカやアジアで非民主主義的と批判されている国とも、友好的に関係をつないでサポートしている。世界中で民主主義が減少するかもしれない。

A 経済:資本主義の工業の減力
20世紀において、資本主義の産業上の真ん中は、一次産業・農業、三次産業・サービスの間にいる二次産業・製造工業だ。アメリカも日本も製造工業の大きさが国力を増した。
しかし、21世紀の今、アメリカは、国際収支において製造工業が赤字で、サービス業が黒字だ。
日本でも、貿易収支は、20世紀後半に大きい黒字だったが、21世紀で少なくなった。一方、貿易収支と所得収支などを足す経常収支は、第一次所得収支の黒字が大きく増えて、4年連続で安泰に上昇している。第一次所得収支では、配当金などの直接投資収益が大きく、最近、再投資黒字が巨額になっている。
こうして見ると、日本もアメリカに少し遅れながらついていくように、製造工業などの貿易黒字が減少しながら、海外でのサービス業や投資収益などで稼ぐようになりそうだ。
また、このブログの7月23日に書いたように(ココ)、21世紀の消費者の好みが「所有」から「利用」に変わり始めている。それに対応して、車を製造・販売しているドイツ、アメリカの車メーカーやトヨタやホンダも、最近、消費者に車を貸し出すカーシェアリングサービス事業を自らやり始めた。これは、消費者にも自動車メーカーにも有益だが、GDPに足す金額としては、販売よりもずっと小さくなる。これもまた、資本主義の工業が経済に影響する数字を小さく見せてしまう。

B 社会の中流階層の減少
20世紀では、多い中流層国民を基盤として、資本主義経済も民主主義政治も築いていった。中流層が拡大したのは、工業製造で、多くの従業員が働き、収益が良かったからだ。
21世紀では、上記Aで製造業の収益が減少し、従業員が減ると、人口内で中流層が減少する。そして、センスが良くてネットなどを上手く活かして稼ぐ富の上流層と、単純作業をする貧の下流層とが増えてしまう。
さらに、特に日本では、寿命が100歳近くに延びていく。今の制度どおりに、20〜60歳の40年間会社で働いた後、60〜100歳の同じ40年間年金で暮らすというのは、まあ、できないだろう。100歳までが寿命なら、90歳まで働いて給料を受けた後、90歳から年金で暮らさないと生きていきにくい。社会の方もそうしないと財政が回らない。
とはいえ、老年の場合、若い人と同じくらいたくさん働ける元気な場合も、活動できない悪い体調の場合も、どちらも誰にも起こる。そうなると、老年においても中流階層が減少する。この状況が、上で述べたように、@民主主義とA資本主義が減退する環境下で起こる。
いやもう、こんな様々な環境を、死ぬまで探検して楽しもうではないか!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
21世紀、中抜き世界 らくちんのつれづれ暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる