スウェーデン・マルメの下町

スウェーデンで人口が三番目に多い(といっても、たったの34万人)マルメにまたまたやってきました。今回は、移民街のほど近くの下町に宿をとり、多文化世界を楽しんでいます。

画像
アラビア語の看板もあちこちにあるし、スーパーでもヒジャブ(スカーフ)をまとっている人が普通に複数います。ケバブを買ってひとかじりしました。
画像
 

画像
土曜には、市もたちます。その広場の周りは、中華食材屋さんとアラブ料理屋さんがずらっと並びます。

画像
街かどのオープンテラスのカフェでは、ジャージを着たおっちゃんがお茶しています。平和で穏やかな多文化社会の日常ですね。

歩道をてくてく歩いていると、ごみがちらほら落ちていて、ストックホルムの人に、マルメというと、「汚い町ね」と言われたことを思い出します。でも、チリ一つ落ちていない街よりも落ち着きますよね。

画像
ああ、マルメブルワリーなんていう煉瓦つくりの建物がありました。はいってマルメビールとやらを一杯飲んでみました。

ほろ酔いご機嫌のアジア人おじさんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック