「大国の暴走「米・中・露」三帝国はなぜ世界を脅かすのか」渡部、近藤、小泉

いやあ、面白い(ココ)。旬の話題、北朝鮮とトランプ大統領も存分に語られています。この手の国際政治情報の本は、当たり前かウソくさいかのどちらかだけれども、この本は、意外であって真実の話が満載。たとえ真実でなくても、専門家の間でそんな噂が語られていると知るだけでも貴重な情報です。

いくつか、ぎょっとするほど意外であって真実かもと、感じた話を挙げておきます。
・トランプは、鳩山由紀夫に似ている。と、アメリカの知日派が言っている。
・中国人は、トランプの行動に親近感を持っている。どちらも、信じるのは、お金と血族だけ。
・露中にとって、国境はグラデーション。
・習近平は、本気で台湾進攻と併合を狙っている。
・金正恩の叔父の張成沢は、胡錦濤に金正恩暗殺のプランを持ちかけた。周永康は、習近平を失脚させるため、それを金正恩に密告した。それで、張成沢は、銃殺され、周永康は、賄賂ではなく国家機密漏洩の罪で無期懲役になった。

最後の二つの話の確からしさは不明ですが、そんな話が専門家の中で語られているということだけでも興味深い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック