藤井四段、羽生三冠に勝つ

14歳の藤井聡太四段が、羽生三冠に勝った。内容的にも完勝。終盤、羽生が追い上げたと報道されているが、棋力のない僕には、ほとんど投げ場作りにしかみえなかった。

本局は、「炎の7番勝負」という非公式戦だけど、深浦、佐藤康光、羽生といったトップ棋士をすべて破り、6勝1敗。とんでもない、勝率だ。

羽生戦の前の佐藤康光戦を見たけれども、佐藤康光九段が、自ら創始した得意の「ダイレクト向かい飛車」で来たのに、見事に完封。佐藤九段の持ち味である「創造的な構想」に対して、真っ向から「創造的な構想」で抑え込むように対抗して勝っちゃった。(棋譜はココ

羽生戦は、一転して、速攻で相手の懐に飛び込み、肉を切らせて骨をたつ勇敢な戦法。羽生さんからの一太刀も受けないうちに羽生玉を射止めてしまった。(棋譜はココ

一度速攻して駒損しながらも相手の陣形を乱して足を止める。そこで、小休止して、自陣の陣形を整えてから、再度総攻撃にはいる。こういう、間合いのとり方も、絶品。

詰将棋が得意で、終盤の攻めに強いとの報道が多かったけれども、序中盤の構想力、独創性、守りと攻めのバランスなども、素晴らしい。これは、強い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック