ヤンテの掟(Jantelagen)

北欧版「十戒」ともいえる「ヤンテの掟」というのがあります。スウェーデン人と会ったとき、”Law of Jante”と一言いうだけで、みんな満面の笑みになって「あれは、ほんと、ほんと」、「お前よく知っているな」と言って場が和む鉄板ネタです。

1.自分をひとかどの人間と思ってはいけない。
2.自分のことを、私たちと同じくらい優秀な人間だと思ってはいけない。
3.自分のことを、私たちより賢い人間だと思ってはいけない。
4.自分のことを、私たちよりも優秀な人間だと想像し、うぬぼれに浸ってはいけない。
5.自分のほうが、私たちより物を知っていると思ってはいけない。
6.自分のほうが、私たちよりも重要な人間だと思ってはいけない。
7.自分のことを、大物になると思ってはいけない。
8.私たちのことを笑ってはいけない。
9.誰かが自分のことを気にかけてくれると思ってはいけない。
10.私たちに何かしら教えることができると思ってはいけない。

サンデモーセという作家の書いた小説にでてくるデンマークの架空の街「ヤンテ」の掟です。でも、デンマーク人よりも、スェーデン人によりよく当てはまると、スウェーデン人も主張します。

いずれにしても、北欧全般において、謙虚で、あまり目立ちだからず、争いを好まないところは、共通しているようです。

限りなく完璧に近い人々」マイケル・ブースにでてきました。この本、本当に面白いですよ。コペンハーゲン在住のイギリス人ジャーナリストが、イギリス人らしい皮肉たっぷりの文体で、幸福度の高い北欧諸国の実態を、それでも温かく描いていきます。その難しい皮肉を理解できるように日本語にした神業の翻訳です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック