最近面白かったマンガ

渋く、とても個性的で、僕個人としては面白かったなあというのを挙げてみます。「ランド」「響」「かくかくしかじか」「図書館の主」「シドニアの騎士」。来年ヒット間違いなし、というようなものではありません。

ランド」山下和美
面白いです。SFに入るのでしょうか。こういう一つの世界観というか宇宙をイメージできて、ちゃんと人に伝わるように描ける人ってすごいですね。だれか芝居にして欲しいなあ。鳥がぶんぶん客席の上を飛び回ってほしい。

響 小説家になる方法」柳元光晴
純文学の書き手、その卵、編集者って、こんな感じなのかなあと、面白く読めました。タイトルは、少し変ですね。別に小説家になるノウハウを書いているわけではありません。

かくかくしかじか」5巻完 東村アキコ
漫画家の中でもとっても絵の上手い作者の自伝的マンガ。天才肌で、才能で描いているように思っているかもしれないけれど、努力はしたんですよ。と、言っているような気がします。「実績のない人には、才能を誉め、実績のある人には、努力を誉めよ。」という峰なゆかさんの名言を思い出しました。

図書館の主」既刊11巻・続刊中 篠原ウミハル
児童文学のウンチク盛りだくさんです。ピーターパンの原作なんて知らないですよね。テーマは児童文学ですが、想定読者は大人です。

シドニアの騎士」15巻完 弐瓶 勉
いいですね。ちょっと意味の分からない個性的な作品を書いてきた作者が、僕ら凡夫のために降りてきて書いてくれた感じがします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック