たけのこ族

原宿ファッションの高校生と僕と同年代の男性の会話。「私たち、80年代ってあこがれがあるんですよ。」「ほんとう?うれしいな。」「そのころから原宿は国際的だったんですよね。」「え?たとえば?」「たけのこ民族っていうのがいたと聞いています。」「・・・・」

「いやいや、たけのこ族のことだよね。たけのこ族は、カラフルな服を着て輪になって踊る日本の人だよ。」
「へぇ、マサイ族みたいに?」
「いやいや、日本の若者だってば。今でいうと、ももくろの路上ライブに近いかなあ」
「へえ、かわいくていいですねえ。」
「いやあ、それほどでも…」(照れてどうする)

たけのこ族のブーム最盛期は1980年。今の高校生の生まれる17年くらい前。僕が生まれる17年前というと1945年の終戦の年だ。ヘルメットのことを鉄兜といい、スピーカーのことを拡声器と呼んでいた(と聞いている)。

僕らが、年配の方に「当時、神風が吹いてB29が墜落するとみんな信じていたそうですね。」と言うのと、あんまり変わらないのかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック