日本のサッカー

次の代表監督は、僕でしょ。と心を整えて準備しているのですが、日本サッカー協会からの電話がなかなか来ないので、監督就任あいさつを考えてしまいました。次の四年間のキーワードは、組織的、スピード、バリエーションですね。これまで積み上げてきたものを継続しつつ、新たに付け加えていく。継続プラス、チャレンジです。

日本のサッカーの一番の特徴は、組織的だということでしょう。どの選手も献身的で、連携を重視するのは、W杯に出られなかったころからの長所でした。そして組織的で、早い攻守の切り替えは、岡田監督の頃から今に至る日本代表の生命線です。フィールド内もそうですが、スタッフもサポーターも含めて実によく組織的に動くことができます。この長所を最大限活かします。これは、継続です。

スピードは、継続と挑戦の両方の意味があります。最近の日本のサッカーの長所として、海外からは機動性(アジリティ)が挙げられます。これは、継続して磨きます。さらに、今回のW杯で少なくなってしまった、ボールスピードの速いパス、ワンタッチパスを増やします。また、走るスピード、判断のスピードも上げていきます。これは、挑戦です。

そして、バリエーション、特に攻撃のバリエーションを増やすことに挑戦します。今の日本代表は、ショートパスを繰り返し、ボールポジションを高くして攻撃するパターンに偏り過ぎでした。ロングパス、大きなサイドチェンジも混ぜます。

かつてのお家芸だったフリーキックからの得点をもう一度復活させます。強豪相手にリードしたときなど、状況により、やや引き気味にして相手にボールを持たせてカウンターで一発狙うやり方も磨きます。ロンドンオリンピックで、日本がスペインを破ったやりかたです。

ギリシア戦のように相手がべた引きしたときは、高さでも攻撃できるようにします。すべてのコーナーキックをショートコーナーばかりにはしません。そして、相手がそこに弱点があるなら、ドリブラーもオプションとして加えます。これくらいの攻撃のバリエーションがなければ、安定的に世界で勝てません。

僕は、今回のW杯について、監督も選手もよくやったと思います。結果は期待通りではなかったかもしれませんが、それも僕たちサポーター、メディアを含めての実力だった受け止めるべきでしょう。きつい言い方になりますが、C組最下位という結果は、FIFAとその他の海外のランキング通りですので、客観的にみれば、驚くべきことではありません。しかし、だからこそ、まだまだ成長できると思うべきでしょう。頑張りましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

らくちん
2014年06月29日 10:55
すぎしたさん、コメントありがとうございます。岡田監督続投論も一部にあったと思いますが、本人が早々ともうやらないと言ったと記憶しています。前回の一次リーグ突破は、一か八かの賭けに勝っただけだというのは、岡田監督もよく分かっていたので、それ以上の成果を次に求めらえるのは、つらいと思ったのかもしれません。
すぎした
2014年06月26日 22:33
恥ずかしながら当方、まったくサッカーに興味がないのですが、前回の代表の岡田監督という人は、どして首になったのですか?
「もう一回、おなじ監督で」という声はなかったのでしょうか?

この記事へのトラックバック