コンフェデレーションカップ

3戦全敗は、タヒチと同じ。ブラジルに3対0は、スペインと同じ。こうしてみると、数字の結果がちゃんと、日本の現状を表しています。強豪とそん色のない内容のサッカーができる一方で、勝負としては、強豪に全く歯がたたない格下級。このままでは、W杯で、決勝トーナメントにはいけないですね。色々な人のコメントをみた上で、遅いコメントをさせてください。

○ 個か連携か
本田、香川、長友などの選手が、コンフェデ杯の前に、「個人の強さが大事」と口ぐちに言っていました。また、後からも反省として言っていました。しかし、中田英、レオナルド(元鹿島、元インテル監督)などは、個はあそこまでできれば十分で、連携がちゃんとできていなかったのが残念とのコメントでした。

実際、ブラジルに惨敗した後、ザック監督は、どうして事前に授けた連携プレーをしないで個人プレーに走ったのかと、怒るやら、がっかりするやらで大変だったようです。ブラジル戦の後、長谷部キャプテンと相当真剣に話し合ったみたいですね。

選手の方としては、連携は当然のことであって、その連携をとるためにも個で負けては成り立たないという意味だったのでしょう。でもやはり、話しているうちにブラジル戦などは、意識が個の勝負にいってしまった感は、ぬぐえません。

コンフェデ杯が終わった時に、これからの一年は、それぞれのチームに帰って個を磨こうというのはいいです。しかし、コンフェデ杯の前に、ブラジル相手に「個で勝負する」とりきんでいるのは、日本チームを愛する外部の人から、まことに奇異にみえたに違いありません。

○ 守備の修正
あれだけ失点すると、どんなゲームでも勝てません。DFだけの責任ともいえませんが、ボランチとDF4人のメンバーは、見直さざるを得ないでしょう。単純にセンターバックの吉田・今野を、栗原・中沢に入れ替えただけでも、全部で失点が3点くらい少なかったかもしれません。そうすれば、勝ち点は、とれていたでしょう。背の高いセンターバックを入れ、今野をサイドバックかボランチか、はずすしかないでしょう。

○ セットプレーで点をとりたい
日本の得意芸だったセットプレーに怖さが全くなくなっているのが残念です。ショートコーナーばかり繰り返すのは、やめてもらいものです。また、数少ない高さで負けない選手である本田は、コーナーキックを他の選手に任せ、ゴール前にいるべきです。

7月の東アジア選手権では、豊田、柿谷などの攻撃的な選手が活躍するのをみてみたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック