遠藤誉「チャイナジャッジ」、「チャイナナイン」

「チャイナジャッジ」は、サスペンスドラマ仕立てで、文革、改革開放をくぐり抜けた薄一波・薄熙来の親子の物語、薄熙来・谷開来の夫婦の物語として語られます。不謹慎ながら「ワイルドスワン」に似た、驚きとわくわく感をもって読んじゃいました。それで、続けて「チャイナナイン」も読んだのですが、こちらは、中国の政治の貴重な分析であるものの、分析書ぶっている分わくわく感はそれほどありません。

このブログでも書いたことがありますが、中国では、今も政治は、命がけでするものです。日本のメディアが言っている中国の政治についての憶測や、今の日本の与野党の書生談義をみていると、どうも感覚が違います。この二冊の本は、そのあたりが、よくわかります。

どちらの本も、事実と筆者の推測とを明確に区別し、且つ、事実についてもできる限り情報ソースを明らかにしているので、安心して読めます。ほとんどが、新聞やネットなどの公開されている情報ソースに基づいています。

従って、ここに書かれていることは、日本人には、「ほんまかいな」とぎょっと驚くことも、多くの中国の人にとっては、基礎的な社会常識でしょう。仕事で中国と接するならば、相手が常識として知っている、ここに書いてあることぐらいは理解しておいた方がいいと思います。中国で仕事をするときの必読書として「大地の子」と「ワイルドスワン」がよくあげられますが、この二冊も加えたいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック