朝鮮半島

新体制の安定度、つまり、崩壊の時期についてかまびすかしくテレビで報道されている。けれども、新しい情報がないので同じ議論の繰り返しでつまらない。崩壊の時期が3か月後なのか10年後かの議論はさておき、体制崩壊後のシナリオを議論した方が有益だろう。漠然と、韓国主導で統一して、アメリカと中国が安全保障上の後ろ盾になって、アメリカと日本が資金援助してとイメージしているのではないだろうか。それで、中国が納得するのだろうか。

アメリカ軍が駐留している韓国が主導して統一した場合、現在の北朝鮮の地域までアメリカ軍が行き来したり、ことによっては、駐留するかもしれない。そうすると、中国にとっては、北京の目と鼻の先まで、アメリカ軍が来ることになる。そんなことを、今後の中国が容認できるとは思えない。

一方で、アメリカ軍が朝鮮半島から引き揚げ、統一した朝鮮・韓国が、今の北朝鮮のように中国に依存した体制を作るというのは、考えにくい。政治の自由と選挙の楽しさを覚えてしまった韓国の国民が受け入れられないだろう。アメリカもなんとしても阻止しようとするだろう。

とすると、統一しないで、関係国が両手で支えるようにして、北朝鮮の独立を保たせるかもしれない。統一の経済的負担に耐えられそうもない韓国も、いやなふりをしながら受け入れる可能性もある。

とはいえ、この場合、中国の指導のもとで、政治的自由がないまま、経済は改革開放を行うことになる。安全保障上は、完全に中国の軍の指揮下にはいる。今の北朝鮮よりも、中国の属国化が進むだろう。香港のように。それにアメリカが耐えられるだろうか。そして、中国化がみるみる進んでいくのを目の当たりにして韓国が耐えられるだろうか。

いずれにしても、日本のすぐお隣で、米中露の大国がからんで、中東並みにややこしい状況が生まれる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック