中国の政権の正統性

選挙に基づいていない、中国の共産党政権の正統性は、一つには、経済成長、もう一つは、日本軍を追い出したという歴史によっている。と、言われることがある。僕は、巨大な人口、巨大な領土を、それでも一つの国・市場としてまとめている価値を、中国の民衆がちゃんと理解しているのだという視点を付け加えたい。

民主主義を採用せずに、いつまで共産党政権が今のやり方を続けられるのだろう。言論統制と、外国に対する奇妙な行動様式は、いつまでできるのだろう。と、問われることも多い。

確かに、世界でも類をみない、最大規模のネットの言論統制をしいても、様々な言論がもれでたり、デモや暴動がおこっている。党内の政敵が利用するという間接的意味ながら、それでも、国内世論の動向を気にしながら政権運営をしているようにみえる。そういう意味で、現政権が、なにかしらの政治的正統性が必要としているのは、間違いないだろう。言論統制と軍事的強権による独裁政権とは、いささか様子は、違うようだ。

中国の政権の正統性について、一部の中国通からときどき聞くのは、一つは、経済成長、もう一つは、日本軍を追い出したという歴史によっている。だからこそ、経済成長に、こだわり続け、通貨安政策の変更は御法度だ。また、日本との歴史・領土に関することになると、ヒステリックな行動をとりやすい。それは、彼らの政権そのものの正統性と基盤を揺るがしかねないからだ。

これに加え、僕は、中国の声なき民衆、賢明で現実的な民衆が、中国が大国であることの価値を、十分理解しているからだという気がする。

中国の人とビジネスの交渉をすると、中国の市場が大きくて成長しているという事実を、最大限交渉に使ってくる。数十年前と違い、いまどき、「日中友好の精神にのっとり」と交渉してくる中国人ビジネスパーソンは、珍しい。しかし、この巨大な成長市場からの落伍者になるのか、と交渉してくるのは、「耳たこ」の常である。

聞かされる外国人よりも、話している中国人の方が、その極めて現実的で物質的利益に直結する「大国の価値」を骨身にしみて分かっているだろう。そして、歴史上分裂の多い国であるから、それでもどうでもなんとか大国を維持している現政権を、民衆は支持しているのではないだろうか。だからこそ、分裂につながることについては、台湾、チベットにしても、尖閣列島についても、過敏に反応する。

また、賢明な声なき民衆は、民主主義を採用して、この大国の統一を維持できるという自信がもてないのではないか。海外の多くの人も、僕自身も、実は、そう思っている。実際に言論を完全に自由にして、選挙でリーダーを選んで、統一を維持したまま、政権交代がスムースに行われて、文民統制がちゃんと機能するなんて、今すぐできるようには、思えない。だからこそ、賢明で現実的な人々が、統一の維持を条件に、ある程度の非民主主義的制度を、暗黙の内に是認しているようにもみえる。

直感的に正統性の根拠と思われた、経済成長や日本軍を追い出した歴史とかは、むしろ、この統一された大国の価値という正統性の根拠を、サポートするものだろう。そうすると、統一しているという、まさにそのことが、統一を支えていることになる。循環論法になっているだけに、スパイラル的に強化される構造で、現時点での正統性の基盤は、十分強い。しかし、一度、逆にスパイラルが働きだし、崩れ出すと早いともいえよう。そのことを現政権の当事者は、十分に心得ているようにみえる。そして、賢明な民衆も。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

通りすがり
2015年09月07日 22:03
中国人のどこが「賢明な民衆」なんでしょうか。
世界最大の迷惑民族ではないでしょうか。
個としては、立派な人も確かにいるとは思いますが、マスとしては、疑問符がいくつも付くのではないですか。
独裁国家も問題ですが、そのタガがはずれたら、更に混沌としてしまうのが、中国民族。大きいだけに困った民族だと思いますが。
らくちん
2010年12月05日 21:52
中国の友人さん、コメントありがとうございます。中国と台湾の両方の人に納得いただけるなんて、それ以上の嬉しいコメントはありません。
中国の友人
2010年12月03日 11:19
中国人・台湾人にも納得できるすばらしい文章です。
らくちん
2010年11月21日 21:15
susuさん、コメントありがとうございます。みんな分かっているんですよねえ。でも、どういうわけか、メジャーメディアでは、あまり出てこないですね。
susu
2010年11月17日 17:02
心から賛成いたします。これほど見事に多くの人々が薄々感じていたことを文章にして下さるとは。感激。

この記事へのトラックバック